ピックアップ
欧米でサル痘ウイルスの感染者が相次いで確認される!
スポンサーリンク

ここ最近、欧米でサル痘ウイルスの感染者が相次いで確認されています(⊙_⊙')

今月18日、アメリカのCDC(疾病対策センター)は『マサチューセッツ州』でサル痘ウイルスが確認されたことを発表。

どうやらこの人はカナダの渡航歴があったようで、モントリオールでは17人が『サル痘』に感染している疑いがあるとのことです。

またロイター通信は、ここ数週間、

  • イギリス
  • ポルトガル
  • スペイン

などでサル痘の患者が報告されていると報じ、WHOは今後、注意深く状況を監視するとしています(*´Д`*)

この記事では現在わかっていること、サル痘ウイルスの歴史や特徴、過去に起きたサル痘の拡大、陰謀論などを紹介していきたいと思います_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

今後、数ヶ月で感染拡大が加速する可能性が!?

ハンス・クルーゲ事務局長
画像:日本経済新聞

WHO欧州地域事務局のハンス・クルーゲ事務局長が今月20日に

今後、数ヶ月間で感染拡大が加速する恐れがある

と警告しています。

さらに、クルーゲ氏は

ハンス・クルーゲ
『大勢の人が集まるフェスティバルやパーティーが開催され、 感染が加速することを懸念している』

と述べており、今回の感染拡大を『異例』としています。

というのも、これまでサル痘が確認されていたのはアフリカ中部・西部のみだったからです。

感染拡大の原因は?

サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真
画像:国立感染症研究所HP

クルーゲ事務局長によると、早期発見者の大半が

同性と性○渉を持っていた男性

であったとし、このことから、しばらく前からヒト→ヒトへの感染が起きていた可能性があると指摘しています(*´Д`*)

またWHOは確認されたサル痘ウイルスの感染者の多くが同性愛者、バイセクシャル、あるいは男性と性○係を持った男性だったことについて調査をしているようです。

スポンサーリンク

バイデン大統領『サル痘は誰もが心配して当然』

バイデン大統領

サル痘の感染拡大についてバイデン大統領は

バイデン大統領
『誰もが心配して当然なことだ』

と述べたとブルームバーグが報じています。

また22日、韓国で大統領専用機に搭乗前に記者団に対し、アドバイザーらと”こうした状況”について話したと説明。

バイデン大統領
『われわれに何ができるか、もしあるとすれば、 どういったワクチンが入手可能か見極めようと懸命に取り組んでいるところだ』

バイデン大統領
『感染が拡大するのであれば、影響が生じるであろうし、 そういう点で気がかりだ』

と話したそうです。

スポンサーリンク

サル痘ウイルスの症状と致死率について

サル痘に感染した4歳女児
画像:Wikipedia

サル痘とはポックスウイルス科オルトポックスウイルス属に属するサル痘ウイルスによる急性発疹性疾患のことで、日本では感染症法で4類感染症に指定されており、自然宿主はアフリカに生息するげっ歯類が疑われていますが、現時点では不明とされています(⊙_⊙')

サル痘ウイルスの潜伏期間は1週間〜3週間で、主な症状は

  • 発疹
  • 発熱
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 倦怠感
  • リンパ節腫張

ですが、そのほとんどは発症後2週間〜4週間で回復し、致死率は1〜10%となっています。

天然痘に比べると、致死率はそう高くありませんが、コロナと比べると高いので油断できないウイルスであることは間違いないでしょう(*´Д`*)

サル痘の過去から現在までの流行について

サル天然痘で見られる皮疹
画像:国立感染症研究所HP

サル痘は1970年にザイール(現在のコンゴ民主共和国)で初めて報告され、それ以降は主にアフリカ中央部から西部を中心に発生しています。

2022年4月24日時点で、アフリカ大陸では

  • 中央アフリカ共和国
  • コンゴ民主共和国
  • ナイジェリア

で持続的に発生しており、コンゴでは2022年1月以降、1152例の患者と55人の死○例が報告されています(*´Д`*)

2003年にアメリカでサル痘が流行した!?

2003年4月アメリカ・テキサス州でペット用としてガーナから輸入されたアフリカオニネズミがサル痘ウイルスに感染しており、さらに一緒に輸入されたプレーリードッグに感染し、プレーリードッグ→ヒトに感染したという事例があります(⊙_⊙')

この時は死○者はおらず、またヒト→ヒトへの感染報告もありませんでした。

後に、テキサス州に輸入されたアフリカヤマネ17匹が2003年5月に日本に輸入されたことが判明

アフリカヤマネ全頭が死○、もしくはサル痘ウイルス検査陰性が確認されたため、国内の発生には至らなかったのですが、かなり危なかったですね(*´Д`*)

日本にサル痘が入ってくる可能性は!?

サル痘は『コロナのように爆発的に感染者が急増することはない』と見られており、またロンドン大学の専門家は『パニックになる必要はない』と話してます。

また感染症に詳しい、加藤哲郎医師は『感染した動物が国内に持ち込まれ、感染者が入国してヒトからヒトへ感染することも考えられる

と指摘しています(⊙_⊙')

政府は6月から水際対策を大幅緩和するようですが、これによって『サル痘ウイルスが日本国内に持ち込まれる可能性はあるんじゃね?』

と思うのは僕だけではないはずです(*´Д`*)

そして『コロナのようにサル痘は感染拡大しないから大丈夫!』と専門家は言ってますが、果たしてそうでしょうか...

ビルゲイツの恐ろしい予言...

ビル・ゲイツ

以前、このサイトで『ビル・ゲイツの予言『次のパンデミックはコロナとは違う病原体』天然痘の可能性も!?』という記事を書いたのですが、その記事の中から特に重要な部分をピックアップして紹介したいと思います(⊙_⊙')

今年2月18日に行われたミュウヘン安全保証会議に出席したビル・ゲイツは

ビル・ゲイツ
『Covid-19による重症化リスクは激減したが、 新たなパンデミックが起こるのはほぼ確実だろう』

ビル・ゲイツ
『新たなパンデミックはCovid-19とは 別の(別系統の)病原体から発生する可能性が高い

と語ったんですよ(*´Д`*)

そしてこの新たなパンデミックを起こす病原体は

天然痘

ではないかと囁かれています。

天然痘は1980年5月8日にWHOが『地球上からの天然痘根絶宣言』を出していますが、

  • ロシアの国立ウイルス学・バイオテクノロジー研究センター
  • アメリカの CDC (失病対策予防センター)

に厳重に保管されているため、現在も天然痘は地球上に存在しています。

『でもパンデミックを起こすなんてあり得ないでしょう?』

多くの人がそう思うでしょう。

しかし、もし天然痘が人工的に作れるとしたら可能性は大ありなんです...

遺伝子片から合成可能!?

馬痘ウイルス
画像:CDC Public Health Image Library

2018年にカナダ・アルバータ大学のウイルス学者・ヴィッド・エバンス氏の研究チームが『PLOS ONE』という学術雑誌に

『遺伝子片から馬痘ウイルスを科学的に合成可能』

という恐ろしい内容の論文を発表したんですが、馬痘ウイルスは天然痘やサル痘ウイルスと同じポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するDNAウイルスです。

つまり馬痘ウイルスが作れるのなら天然痘やサル痘ウイルスも人工的に作り出すことが可能ということになります_:(´ཀ`」 ∠):

そして、感染力や致死率を高いウイルスとして作り出したとしたら、これらのウイルスがパンデミックを起こす可能性も否定しきれないと思います。


あまり詳しくは書けませんが、『コロナウイルスは自然に発生してたまたま世界中に感染拡大したのか?』

『今のロ○アとウ○ラ○ナの戦いはこの時期たまたま起きているのか?』

そして『この時期に、たまたまサル痘の感染拡大が起きているのか?』

ということです。

以前までは都市伝説・陰謀論と言われていたことが、目に見える形で実際に起きています。

つまり、偶然が入る余地などなく、今起きていることは◯◯的に起きているということで、この辺についてはネット上で詳しく書けなくなっているんですよね💦

この手の話が好きな人なら都市伝説や陰謀論を取り扱うYouTuberやブログサイトをチェックしていると思いますが、最近、多くの都市伝説系YouTuberたちが、核心に触れるような動画を出さなくなったと感じませんか?

それには理由があります。

YouTube、そして多くのブロガーはGoogleに依存しています。

つまりGoogleのルールの中で動画を出したり、記事を書かなければならず、最近のロ○○関連のことは触れてはならないと警○が来ているため、YouTuberやブロガーはそのような話題を取り扱えなくなっているんです。

そのため、ネットでかつてのような自由な表現はできなくなっているわけです。


本当にあまり書けませんが、誰かにとって都合の悪いコンテンツや記事は排除されるため、ネットにある情報が全て正しいと思わない方が良いということです。

(特に最近の情勢やこれから起きることについて)

というわけで、欧州で相次いで感染が確認されているサル痘について、現在までにわかっていることを中心にまとめてみました(*´Д`*)

そして最後に!!!

サル痘ウイルスは本当に偶然に発生したのか...』

それではまた_φ( ̄ー ̄ )

5月28日追記↓

スペインでのサル痘ウイルス感染疑い例が171例に!

カロリーナ・ダリアス保健相

5月25日、スペインで新たに59人がサル痘ウイルスに感染したことをカロリーナ・ダリアス保健相が明らかにしました(⊙_⊙')

59人はPCR検査で陽性と判断され、このうちの20人はゲノム解析で感染が確認され、スペインでのサル痘ウイルス感染疑い例は累計171例となりました。

ダリアス氏は、欧州連合(EU)欧州委員会の欧州保健緊急事態準備・対応局(HERA)を通じて天然痘ワクチン「インバネックス(Imvanex)」と天然痘治療薬「テコビリマット(Tecovirimat)」を入手し、感染拡大の封じ込めを目指すと語った。

6月6日追記↓

サル痘、世界で700人以上の感染が確認される!

CDCアトランタ本部

CDCは今月3日、世界で700人以上がサル痘に感染していると発表し、このうち21人はアメリカで確認されており、国内で感染が広がっているとみられています(⊙_⊙')

しかし、感染者はいずれも回復・快方に向かっていて、死者は出ていないようです。

またカナダでも同日、これまでに77人の感染が確認。

大半はケベック州で確認されており、同州ではワクチン接種が進められています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事