ピックアップ
【ゲイリー・ハイドニック】衝撃的すぎる事件の実態!監禁した黒人女性に与えたのは...
スポンサーリンク

今回紹介する『ゲイリー・ハイドニック』は人間とは思えない程の悪行の限りを尽くした男で、その事件現場は、まさに地獄絵図と化していたのです(*´Д`*)

それではゲイリー・ハイドニックの衝撃的過ぎる事件の実態を見ていくとしましょう...



スポンサーリンク

ベテラン刑事でさえも現場を見て嘔吐した!

ゲイリー・ハイドニック

それは1987年3月の深夜のこと...

売◯婦のポ◯引きをしていたヴィンセントが自宅で眠っていると、突如として扉を叩く音がして目覚める。

ドアを開けると、そこには以前、一緒に仕事をしていた売○婦・ジョセフィーナが立っており、彼女はガリガリに痩せ細った姿で

『地下室...監禁...殺◯れた...殺◯れた...食べられた...もっと殺◯れる...』

と言った。

ヴィンセントは最初は意味がよく分からなかったが、ジョセフィーナが

『4カ月鎖につながれ、強○・拷問され、死◯だ女性の肉を食○させられた』

と訴えると、すぐに警察に通報。

警察は最初は懐疑的だったものの、彼女の姿を見て、すぐに捜査令状を取ってジョセフィーナの証言する”ある家の地下室”へと踏み込んだ。

地下室を調べる捜査官

捜査官が事件現場に踏み込むと、ジョセフィーナが語った通り、3人の黒人女性が監禁されていた。

そして、冷蔵庫には人間の肋骨や腕が入◯られており、さらに庭にいた犬が人間の大腿骨を咥◯ていた...

多くの殺◯現場を見てきたベテランの刑事でさえ、この光景を目の当たりにして嘔吐した。

というのが事件の概要なのですが、マジキチ過ぎますね_:(´ཀ`」 ∠):

しかし、さらなるセンセーショナルな事実が発覚します↓

スポンサーリンク

監禁女性に◯肉入りのドッグフードを混ぜて与えていた!?

逮捕され連行されるゲイリー・ハイドニック

この猟奇的な事件で逮捕されたのは『ゲイリー・ハイドニック』という男で、彼は1970年代に

『教会を開き、子供を作れ』

という神の啓示を受けたことで宗教法人を設立し、そこで複数の女性信者との間に子供をもうけますが、女性信者が赤ん坊と共に逃げ去るなどで、彼の元に子供が残ることはなかったのです(⊙_⊙')

ハイドニックの家の下水管を調べる鑑識

ハイドニックの最初の犯行は1986年で、売◯婦のジョゼフィーヌを誘拐し、それから立て続けに黒人女性を誘拐しては、地下室に監禁

女性たちは毎日のように暴◯を加えられ、反抗的な態度を取った女性は拷問され殺◯れた。

さらに!!!

ハイドニックは◯体を解剖し、他の監禁されている女性に与えるドッグフードに○肉を混ぜて食べさせていたのです_:(´ཀ`」 ∠):

スポンサーリンク

ハイドニックはホラー映画を模倣した!?

ハイドニックの家からは数多くのビデオテープが押収され、彼が大のホラー映画マニアであることが判明します(⊙_⊙')

まずハイドニックの『子供を作って大家族を作る』という発想は『悪魔のはらわた』を参考にしたと言われており、女性を誘拐して拷問をするのは『悪魔のしたたり』で、遺◯を解剖し、ドッグフードに混ぜて食べさせるのは『フライパン殺◯』からと考えられています。

悪魔のしたたり/ブラッドサッキング・フリークス
映画史上前代未聞の問題作!!!
見世物小屋の支配人・サルドゥと小人の付き人は、自分たちの舞台を酷評した批評家とバレリーナを誘拐。ザルドゥは裏で人身売買を行っており、奴隷に対する拷問を見せ付けていく。目をくり抜○、四肢を切◯し、頭をド◯ルで穴を空けてストローで吸い…。

ゲイリー・ハイドニックは死刑に!

ハイドニックは派手な柄シャツを着て出廷していた

ハイドニックはジョゼフィーナを完全に支配していると思っていましたが、彼女は隙を見て逃げ出し、そして事件は明るみになりました。

そして逮捕から1年後の1988年6月に事件の公判が行われ、同年中に2件の殺◯と18件の訴因について有罪となり、死刑判決を受け、1999年に死刑が執行されました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事