ピックアップ
【驚愕】世界一国民の平均寿命が短い国『シエラレオネ』がヤバい!平均寿命は...
スポンサーリンク

日本人の平均寿命は84. 2歳で世界一の長寿国ですが

逆に世界一国民の平均寿命が短い国はどこなのか気になりません?w

世界一国民の平均寿命が短い国は『シェラレオネ』という国で

驚くほど国民の平均寿命が短いのです(⊙_⊙')

『シェラレオネの平均寿命は一体何歳なのか?』

『なぜ平均寿命が短いのか?』

について紹介していきます〆(・∀・@)

シエラレオネ国民の平均寿命は50歳!?

シェラレオネ国章(Wikipedia)

シエラレオネはアフリカ大陸の西、赤道直下に位置する国で

国民の平均寿命が2020年調べで50歳です💦

2012年のデータ motogramより引用https://motohashi-yuta.com/entry/2015/04/17/073154

2012年には平均寿命が45歳とさらに短かったのです(⊙_⊙')

平均寿命が25〜35歳の時期もあった)

日本の平均寿命の約半分で異様に低いですよね💦

シエラレオネは 北海道ほどの面積の国土に約450万人が住んでいますが

なぜこんなにも短命なのでしょうか?

その背景にあるのは、世界でも他に類を見ないほど劣悪な水準にある医療事情が関係してるのです...

スポンサーリンク

シエラレオネは看護師の数が少な過ぎる!

シエラレオネの共同墓地
画像:ナショナルジオグラフィックニュース
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150213/435453/

シエラレオネでは看護師の数は 人口1万人に対して2人なんです🥶

《出産時に母親が死亡する確率は世界で最も高く

さらに生まれてきた子供の5人に1人は5歳になる前に命を落とす
》と言われています(⊙_⊙')

このようにシエラレオネでは医療体制が整っておらず

これが短命の理由の1つとなっているんです(;-_-)

スポンサーリンク

教育の遅れと病気との戦い!

2015年12月にエボラ出血熱の高汚染地域となったクルーベイ地区
画像:ナショナルジオグラフィックニュース
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150213/435453/

このような医療事情問題の根本的な原因は極度の貧しさにあり

世界で最も貧しい国” といわれるシエラレオネは

人口100万人の首都フリータウンでさえインフラの設備が遅れているのです(⊙_⊙')

例えば空港はあってもそこから市街地へ移動するための道路がないというような状態。

また 上下水道の不備やごみ処理問題の遅れなども不衛生な住環境を生み出す原因となっていて

安全な水を手に入れることができるのは国民の約半数ほどだと言われています。

教育機関も不足しており、国民の間には衛生観念がなく

多くの国民が病気と共存しているような状態なのです💦


シエラレオネは、異なる文化的背景を持ったさまざまな部族がいるので、

病気の危険を理解させるのも大変な苦労を伴います。

さらに、 子供たちはマラリアや呼吸器疾患、下痢などで命を落とし

生き延びている子供でも慢性的な栄養失調に苦しんでいる”という状況。

このような劣悪な環境が、この国の寿命の短さにつながっているのです(⊙_⊙')




スポンサーリンク

シエラレオネ国民をさらなる苦しみが襲う!『エボラ出血熱』

シエラレオネのヘイスティングス・エボラ治療センターで、患者を保護するスタッフ。
画像:ナショナルジオグラフィックニュース
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150213/435453/

2014年、首都フリータウンを含むシエラレオネ西部で

エボラ出血熱患者が94人いることが分かった
のです(⊙_⊙')

その後、12月末には約2800人に膨れ上がり

この時はなんと1時間に5人のペースで増加していた
と言われているんです💦

人のほとんどが極度の低所得者で医療機関での診察を受けることができないので

もっと多くの人々がエボラに感染していた可能性もあります🦠

エボラを持ち込んだのは呪術師!?

この国にエボラ出血熱を持ち込んだのは、1人の呪術師によって持ち込まれたといわれています👀

この術術師(女性)は 自分がエボラ出血熱だと認識しながらも

自分の術で回復することができると言い張り

治療を受けようとせずに死んでいった
...

彼女の葬儀には彼女の術を信じる大勢の人々が全国から訪れ

その際に弔問者たちは遺体に触れました(⊙_⊙')

この国では死者の体に直接触れることで死者を弔うのが習慣で

この行為によりエボラ出血熱の感染を拡大させることになりました
🦠

教育が乏しいシエラレオネ国民の無知によって

エボラ出血熱は爆発的に拡がることになったのです...

教育が乏しいシエラレオネ国民の無知が引き起こした悲劇と言えるでしょう...

ダイアモンドが原因で内戦が起こった!?

ダイヤモンド鉱山の鉱夫
画像:wikiwandより
https://www.wikiwand.com/ja/シエラレオネ内戦

2002年までの10年間、シエラレオネは激しい内戦状態にありました👀

もともとはダイヤモンド鉱山の利権をめぐって政府軍と反政府軍とが戦い

それが長年にわたる戦闘状態につながり

結果的に約7万5千人もの犠牲者を出すことに...

さらに悲劇なのは、多くの年少者が内戦に巻き込まれたことで

端もゆかない子供たちが誘拐されて強制的に兵士にされたり、

人間兵器として利用された
りなどしました(⊙_⊙')

また、 反政府勢力は数多くの農村を襲い

見せしめのために”手足を切り落とす”という残虐な行為を繰り返したのです。

手足を失った農民たちは農作物の収穫ができなくなり

その結果、やむを得ず食料を反政府勢力に頼ることに。

そうなると食物の自給率が下がるため

国力が弱まり政府側は弱体化していきます💦

手足の切断という行為の背景には、そんな反政府勢力の意図があったといわれています。

この蛮行により、この国の内戦は”世界で最も残酷な戦争”となって、今なお社会の深い爪痕を残しているのです👀

(参考文献:立入禁止国家)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事