ピックアップ
致死率最大40%!全身出血する クリミア・コンゴ出血熱がヤバい!?
スポンサーリンク

クリミア・コンゴ出血熱は名前を見ただけでヤバそうですよね?w

実際にこの病気はヤバイんです😨

致死率は最大で40%と非常に高くて恐怖を感じますが

クリミア・コンゴ出血熱の最も恐ろしいのは

重症化した時の症状
なんです(⊙_⊙')

今回はクリミア・コンゴ出血熱の恐ろしい症状や起因となる

ウイルス、歴史、感染経路、etc...

などを中心に書いていきます〆(・∀・@)



クリミア・コンゴ出血熱をひき起こすクリミア・コンゴ出血熱ウイルス!

クリミア・コンゴ出血熱は

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスが起因となって発症します👀

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスはブニヤウイルス科ナイロウイルス属に分類されるウイルス

日本には存在しないとされるウイルスです👀

図:厚生労働省検疫所FORTHより

クリミア・コンゴウイルスはヒツジ、ヤギ、ウシなどの家畜に

寄生するダニによって媒介されます
(⊙_⊙')

クリミア・コンゴウイルスを保有している

ダニに咬まれることで感染してしまうんです😨

また、感染した動物や患者の血液や体液に

直接触れることでも感染してしまいます
👀

スポンサーリンク

クリミア・コンゴ出血熱が重症化すると全身出血する!

出血症状を起こしているクリミア・コンゴ出血熱患者(Wikipedia)

こちらの写真は重症化して全身出血している患者ですが

非常に酷い(むごい)ですよね(⊙_⊙')

これは重症化した場合で、発症した全ての人が

このように重症化する訳ではありませんが

メッチャ怖いですよね😨


クリミア・コンゴ出血熱の症状

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスに感染すると

2〜10日の潜伏期間を経て発症します👀

主な症状は発熱を伴う頭痛、筋肉痛、関節痛などで 重症化の場合は出血症状が現れます🥶

ワクチンってあるの?

残念ながらワクチンや予防薬などは存在しません🥶

クリミア・コンゴ出血熱の名前の由来とは!?

クリミア・コンゴ出血熱は1944年〜1945年にかけてクリミア地方のソ連兵士の間

で出血熱を伴う急性熱性疾患が発生
したのです👀

それから約10年後の1956年にコンゴで分離されたウイルスが

クリミア地方で確認されたウイルスと同じである事が

判明
した為『クリミア・コンゴ出血熱ウイルス』と名付けられました〆(・∀・@)

スポンサーリンク

海外に渡航する場合はダニに注意する!

厚生労働省 検疫所ホームページより

厚生労働省はこのように注意喚起しています(⊙_⊙')

日本ではクリミア・コンゴ出血熱ウイルスに感染することは

ありませんが、渡航中は注意が必要
です👀

渡航中に気をつけること!

  • 草むらに入る場合は長袖、長ズボンを着用し、素足での サンダル履き等は避ける

  • 家畜などにむやみに触れない



具体的にはこのようにして、感染予防するように書かれています👀

ブニヤウイルス科はマダニなどから感染する事が多いので

クリミア・コンゴ出血熱以外のウイルス感染を防ぐ意味でも_

効果的な対策
だと思いますね〆(・∀・@)

スポンサーリンク

マダニは日本にも生息している!?マダニから発症する病気とは?

先日、中国で『新型ブニヤウイルス』が発生のニュースが

ありましたが、感染の原因はこのマダニが濃厚でしょうね👀

そしてマダニは日本でも全国に分布しているので

本当に油断できないんですよ💦

まずはマダニに咬まれる事で発症する可能性のある主な病気を

見てみましょう👀


マダニに咬まれて発症する病気!

  • 日本紅斑熱

  • ライム病

  • ダニ媒介脳炎

  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)



中国の『新型ブニヤウイルス 』は重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

を引き起こすウイルスで10年前に見つかリました👀

なので最近、新たに発見されたという訳ではないんです(⊙_⊙')

このようにマダニに咬まれる事で様々な

病気を発症する可能性があります〆(・∀・@)

2016年にスペインでクリミア・コンゴ出血熱により死者が出た!?

スペインのダニ(AFP BB NEWS)

スペインの保健当局は、致死性のウイルス感染症、クリミア・コンゴ出血熱(CCHF)で男性1人が死亡し、治療に当たっていた看護師が感染したことを受け、約200人に対するスクリーニング検査を開始した。当局者らが1日、明らかにした。

死亡した男性は田園地帯を歩いていた際にダニにかまれ、

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスに感染
してしまいました
(⊙_⊙')

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスを保有しているダニに

偶々咬まれてしまった結果、最悪の事態となってしまいましたね😱

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事