ピックアップ
原因不明の病気!?タンザニアで15人が吐血して死亡!
スポンサーリンク

タンザニアで15人が吐血して死亡するという

センセーショナルなニュースを

英紙DAILY STARSが報じました(2月8日)

今現在、原因不明の病気と報じられていますが

いくつか気になる点もあるんですよね👀

現在、分かっていることや疑問点

また過去にタンザニアで起きた複数のゾウの突然死


などについて書いていきます〆(・∀・@)

スポンサーリンク

15人が死亡し、50人以上が搬送された!

画像:DAILY STARS
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/mystery-disease-causes-people-throw-23463535

吐血と吐き気の症状によってタンザニアのムヤベで15人が死亡し

50人以上が病院に搬送された


チュンヤ公衆衛生局のフェリスタ・キサンドゥ博士は記者会見で語りました👀

博士は『病気は広まっておらず、病院に搬送されるのが遅れた人達は吐血して亡くなった。この病気に関しては現在まだ詳細は分かってはいませんが、当局はアウトブレイクを否定しています

とも語っています(⊙_⊙')


キサンドゥ博士は停職処分に!?



今回の原因不明の病気は『新たなウイルスによって

引き起こされたことを示唆するような発言をしたから』


という理由で記者会見後に

キサンドゥ博士は停職処分になっています(⊙_⊙')

タンザニア政府は新たなウイルスは発生しておらず

患者の多くは男性で肝臓と潰瘍の合併症によって

死亡したと発表
していますが

ココがめっちゃ怪しくないですか?w

ここからは個人的な憶測ですが

博士はこの病気の原因について重大な発見をしてしまったために

停職処分にされたのではないか!?と。

ウイルスで吐血といえばエボラをはじめとした

出血熱の症状に当てはまりますが

エボラ出血熱が原因とは発表はされてはいないので

仮にウイルスが原因なら新たなウイルスの出現の可能性も

あるのではないでしょうか🦠

スポンサーリンク

水銀が原因!?去年インドでも似たようなケースが!

現地の医療専門家は今のところ謎の病気が

広範囲に広がる可能性は低いと見ていて

さらに水銀が原因の可能性がある

現在、ムヤベ地区の水を調査中とのことです(⊙_⊙')

実は去年12月にインド(アンドラ・プラデシュ州エルール市)でも

『原因不明の病気が蔓延した』

と報じられています✅

症状は頭痛、背中の痛み、突然意識が不明、てんかん発作などの症状

多くの市民に現れたのです。

そして原因なんですが水や牛乳に鉛やニッケルの痕跡が見つかっていて

中毒を起こしたのではないか?

との説なのですが

タンザニアとインドのどちらのケースも

ハッキリとした原因は不明となっています⚠️


スポンサーリンク

過去にタンザニアで起きたゾウの突然死!

2018年12月タンザニアでゾウ8頭が原因不明の病気で死亡したのですが

症状が今回のケースと非常に似ているんですよ👀

ゾウは搬送中に出血。

結局8頭全てのゾウは重度の出血と糞便に異常が確認されています👀

また『ゾウは倒れる前にまるで酔っているかのようにフラフラしながら徘徊していた

と村人が証言しています。

このゾウに関しても色々と調べたにも関わらず原因不明。

タンザニアではこの時に初めてゾウの突然死が確認されたのですが

今回の吐血を伴う原因不明の病気と何かしらの

関係があるのかは定かではありませんが

全くの無関係とも思えないですよね(⊙_⊙')

タンザニアの大統領ジョン・マグフリ『神がコロナからタンザニアを守っている』

タンザニア大統領ジョン・マグフリ
画像:Wikipedia

タンザニアの大統領ジョン・マグフリは非常に信仰心が強く

コロナに関しても『神がコロナからタンザニアを守っている

『祈りの力でコロナの感染拡大を止めた』などの発言をしています👀

問題なのはあまりに信仰心が強すぎて科学的な事実などを

軽んじてしまうところ
なんですw

新たなウイルスが仮に現れたとしても

神の力や祈りの力だけで解決しようとするので

今回の謎の病気の原因がもしウイルスが

原因だった場合ちょっと怖いですよね🥶

しかしジョン・マグフリ大統領は非常に政治に熱意を持っていて

決して悪い大統領ではないんです🤩

例えば議会の夕食会の予算を90%以上削減し

浮いたお金で病院のベッド増設や道路工事の費用に当てたり

コレラの感染拡大防止の為の清掃活動を実施

自らもゴミ拾いなどをするなど

大統領として国を良くしようと情熱を燃やしています🔥

ジョン・マグフリ大統領の祈りで今回の”原因不明の病気”が

蔓延しないかどうかは神のみぞ知る。

新着記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事