ピックアップ
【リジー・ボーデン事件】19世紀末にアメリカで起きた未解決猟奇殺人!
スポンサーリンク

これは1892年8月4日の朝、米マサチューセッツ州フォールリバーで資産家のアンドリュー・ジャクソン・ボーデン(当時70歳)と妻のアビー・ボーデン(当時64歳)が自宅で惨◯されるという事件。

2人とも斧で頭部を10数回殴◯れており、アンドリューは頭蓋骨が粉々に砕◯れ、さらに左の眼球が真○二つに割れるほどの状態だったんです(⊙_⊙')

しかし、これだけ凄惨な事件にもかかわらず現在も未解決のまま...

果たして事件当日、何が起きたのか?

さっそく事件の概要を見ていくとしましょう...

スポンサーリンク

当日、事件現場にいた2人の人物

リジー・ボーデン

事件当日、ボーデン邸にいたのは次女のリジー・ボーデン(当時32歳)とメイドの”マギー”ことブリジット・サリバン(当時25歳)のみでした(⊙_⊙')


アビーが午前9時頃、そしてアンドリューは午前11時頃に殺◯されており、この2時間の間に外部の人間が家屋に居続ける線は薄いため

犯人はリジーとブリジットに絞られた

のです(*´Д`*)

アビーはアンドリューの後妻で1866年に再婚します。

が!!!

当時からリジーと9歳上の姉・エマとは犬猿の仲で姉妹はアビーが父親の財産目当てで結婚したと嫌悪し、邸宅内を姉妹と夫妻の領域を完全に分けて、食事も一緒にとることもしなかった。

また財産の配分で争いが絶えず、アンドリューはアビーに多くの財産を相続させる旨を記した遺言書を生前に作成しますが、姉妹は父親の意向に猛反対していた...



スポンサーリンク

リジー・ボーデンは殺人罪で逮捕されるが...

事件の舞台となったボーデン邸

事件当日、アンドリューは広大な農場をアビーに継がせることを決め、名義をアビーに変更する予定でした(⊙_⊙')

が...

約束の時間になってもアビーは手続き変更現場に来ない。

不審に思ったアンドリューが自宅に戻るとリジーが

リジー・ボーデン
『アビーはとっくに出かけたわ』
   

と言いますが、この時すでにアビーは家の中で殺◯れていたことは言うまでもないでしょう。

リジーは事件の数日前に地元の薬屋で青酸物を購入しようとするも店員に断られていたり、事件直前にボーデン家で食中毒のような症状が発生した際に彼女だけ何の異常もなかったことが判明。

ほどなくリジーは殺◯罪で逮捕されます。

リジーは1893年6月から裁判にかけられ、世間の誰もが彼女の有罪を確信していましたが...

4週間の審理を経て陪審員は全員一致で

無罪判決を下す。

これは

  • 返り血を大量に浴◯たはずの服が一切発見されていない
  • 警察がボーデン邸の地下室から押収した斧が事件に使用された斧と断定できなかった

ことが理由でした_:(´ཀ`」 ∠):

スポンサーリンク

リジー・ボーデンの同性愛者説

アンドリュー・ボーデンの死◯

『リジーとメイドのブリジットは同性愛の関係だった』

という噂がありますが!?

ブリジットは事件後、モンタナ州で働いていた時に出会った男性と結婚して、1948年に82歳で亡くなっており、生前、同性愛者と噂されたことはありません(⊙_')

そしてリジーも事件前まではそんな噂とは無縁でしたが、1904年に女優のナンス・オニールと親密な関係を囁かれたことがあったため事件後に『ブリジットと同性愛の関係にあったのでは?』と噂されるようになったのです_φ( ̄ー ̄ )

裁判後のリジー・ボーデン

アビー・ボーデンの死◯

裁判後、リジーは父親の莫大な財産を継ぎ、姉・エマと邸宅で暮らしますが、周囲から村八分に遭い、さらに事件から5年後の1897年には万引きで逮捕されています(⊙_⊙')

しかしリジーは周囲の反応を全く気にすることなく、ボストンやニューヨークへの旅行や観劇に明け暮れたのです。

(この時期に女優ナンス・オニールと知り合う)


それから月日は流れ、1927年6月1日にリジーは66歳でこの世を去り、その9日後には姉・エマも亡くなっています。

リジー・ボーデン事件の犯人は...

アンドリュー(左)とアビー(右)の頭◯骨

ボーデン夫妻を殺◯した犯人は現在も明らかになっていませんが、同性愛説以外にも世間では様々な憶測が流れています(⊙_⊙')

例えば、事件直後に地元の新聞が報じた

『アンドリューとリジーの近親◯姦説』

で、これは幼い頃にアンドリューに陵◯されたリジーが過去の出来事を思い出し、怒りで惨◯したというものです(*´Д`*)

この他にも成功しているアンドリューに嫉妬した町の住人が犯人説や事件当日、旅行で不在だった姉・エマがこっそり帰って来て犯行に及んだ説などもあります。



が!!!

最有力なのはやはり

リジー・ボーデン

で、財産目当てで単独で犯行に及んだ線が濃厚でしょう。

リジーが無罪になったのは証拠が見つからなかった以外にも『彼女が地元の名士の娘だったことで陪審員が慄く、様々な裏工作がされたのでは?』とも噂されていますが事件同様に真相は闇の中...

 
モッピー(紹介コード:ktMtA187)
アプリインストール・ゲームアプリで無料で簡単にポイントが貯まる!楽しくポイ活するならモッピー
新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事