ピックアップ
【未解決事件】メキシコで43人の学生が集団失踪した!?
スポンサーリンク

この事件が発生したのは2014年9月のこと...

メキシコ南部ゲレロ州イグアラ市で、アヨツィナパ教員養成大学の

学生43人が拉致され、行方不明になる事件

が起きたんです(*´Д`*)

当時、メキシコ検察当局は

検察
『市長らが学生を麻薬密輸グループに引き渡し、 学生は殺害され死○は燃やされて灰も川に捨てられた』
   

と発表しました。

が!!!

後に多くの矛盾が判明し、さらに事件は未だに解決されていない...

スポンサーリンク

43人が失踪した事件の概要!

失踪した学生43人

アヨツィナパ教員養成大学は貧しい農村部出身の若者を積極的に入学させる方針を採っており、また多くの左翼活動家を輩出してきた学校でした(⊙_⊙')

2014年9月26日、同校の学生たちは抗議デモに向かうためバス5台でイグアラ市を目指しましたが、同日21時30分頃に事件が起きてしまいます。

バスの列が中心街を出ようとした時に

突然警察が発砲し、その場で学生3人が死

さらに!!!

43人の学生が拉致され行方不明

になるんです(*´Д`*)

(この時、偶然近くを通りかかったタクシーや別のバスで移動していたサッカー選手ら3人が銃◯を受けて死◯)

スポンサーリンク

事件の首謀者としてイグアラ市長夫妻が逮捕される!

イグアラ市市長ホセ・ルイス・アバルカ(右)と
妻・マリア(左)

当初検察は

検察
『アヨツィナパ教員養成大学が以前からイグアラ市市長と対立しており、学生らが市長夫人が主催する事前イベントを妨害に来たため、市長が警察に命令して襲撃させた
   

と発表し、さらに!!!

検察
『拉致された学生43人は麻○組織『ゲレロス・ウニドス』に引き渡され、カルテルが学生たちを殺◯、隣町コクラ市の露天のゴミ集積所でガソリンや古タイヤで遺◯を焼き、遺灰を川に捨てた』
   

ことを公にし

首謀者の市長夫妻を逃走者のメキシコ州の隠れ家で逮捕

するんです(⊙_⊙')

(この他に警察官36人、ゲレロス・ウニドスのメンバーなど計72人が逮捕)

が!!!

市長夫妻は容疑を否認。

というのも実際、学生らがイグアラ市に到着した時、すでに市長夫妻のイベントは終了しており、夫妻は中央広場の脇のタコス屋で夕食中だったからです(*´Д`*)

抗議デモの様子

同年12月7日、オーストリア・インスブルック大学によってDNA鑑定が行われ、遺灰の中から行方不明の学生1人と合致するものが発見されるんです。

が!!!

同時に分析を委託されていたアルゼンチンの法医人類学のチームが

アルゼンチンのチーム
『メキシコ検察に川から出たものとして灰の袋を渡されただけで、その出所は明確ではない』
   

と発表したことで謎が深まるんです...

スポンサーリンク

事件の真相は麻◯密売トラブルだった!?

ゲレロス・ウニドスのボス・エル・ベンハモン
(連邦警察との銃◯戦中に自◯した)

多くの国民は『イグアラ市長夫妻が首謀者でカルテルが学生を殺◯した』

という検察の見解に懐疑的でした(⊙_⊙')

そこで米州人権委員会が第三者委員会を立ち上げ、事件の解明に乗り出します。

翌年2015年9月に調査結果が公表されましたが、その内容は

メキシコ検察の発表を全面的に否定するものでした(*´Д`*)

調査報告書には

学生の遺◯がゴミ集積所で焼かれたとされる当日は雨

日常的に麻○カルテルが長距離バスを使い密かにアメリカにヘ◯インを運んでいた

そのルートはシカゴとイグアラ市を結ぶものだった

と指摘。

さらに事件当日、学生が調達した5台のバスのうち1台にバス会社了承のもと

麻◯が積み込まれて

おり、学生がそれを知らずにバスに乗り込んだことで

カルテルとカルテルと結託した警察

が、バスがイグアラ市から出ることを阻止するために襲撃。

したがって、今回の事件は当初考えられたようなアヨツィナパ教員養成大学の学生たちに対する政治的弾圧ではなく

『麻◯密輸トラブルと関連がある』

と結論付けたのです。

しかし、この調査結果にも大きな謎が1つあります。

それは学生たちがゴミ集積所で燃やされいないとされたら

彼らの遺◯はどこへ消えたのか?

このような疑問が残ることから、現在もメキシコ国民は第三者委員会の再調査を期待しているのです_φ( ̄ー ̄ )

60デイズ・イン:ナルコス ~麻薬カルテル潜入60日~
管理人のオススメ!

麻◯組織に一般人が潜入する前代未聞の捜査に挑む6人に60日間密着。 1度の失敗や些細なミスでも命の危険のある緊張感あふれるおとり捜査の様子を映し出す!!

 
 

 
新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事