ピックアップ
【未解決事件】板橋資産家夫婦放火殺人事件!日中混成の窃盗グループが犯人!?
スポンサーリンク

板橋資産家夫婦放火殺◯事件とは...

2009年5月25日午前0時30分頃に東京都板橋区弥生町にある屋敷から出火し

『焼け跡から不動産賃貸業を営む瀬田英一さん(当時74歳)と妻・千枝子さん(同69歳)の他◯体が発見される』

という事件で現在も未解決のままとなっています(⊙_⊙')

またこの事件の犯人は

『日中混成の窃盗グループではないか?』

と囁かれていますがが逮捕には至っていません。

それではで続きをどうぞ↓

瀬田英一さん(右)妻・千枝子さん(左)

警察は瀬田さん宅の中で燃え残った灯油のポリタンクが見つかったため

出火原因を放火と断定

します。

また夫婦は鈍器のようで頭を殴◯れており、さらに腹や胸を数ヶ所刺さ◯て、防御創はほとんど見られませんでした(⊙_⊙')

このような状況から犯人は2人を殺◯した後に家に火を放ったと推察されたのです。

24日の夜、英一さんは在宅していましたが、千枝子さんは23時頃まで板橋区内のパチンコ店にいたのが確認されています。

そのため先に英一さんが襲われ、千枝子さんは帰宅後に殺◯されたと見られています。

また出火の2時間前には近所の人が悲鳴を聞いていますが、これは英一さんのものだったと考えられます(*´Д`*)

スポンサーリンク

夫婦は地元で有名な資産家だった!

事件の舞台になった瀬田さん宅
画像:YouTube

瀬田宅の敷地面積は1千500平方メートル以上と、夫婦は地元で有名な資産家で賃貸住宅や駐車場を多数保有し、賃料収入を得ていました(⊙_⊙')

英一さんは毎夜のように街へと繰り出しては行きつけの飲食店で客全員に酒を奢り、上着のポケットには常に数十万円の現金を入れ、支払いは全てキャッシュ。

さらにお釣りは受け取らず、月の飲み代は300万円と本人が話していたそうです(*´Д`*)

また千枝子さんもパチンコが趣味で、常連客(パチンコ店の)を連れて食事に出かけることも多かったんです。

このようなセレブな生活をしていた2人ですが、近所付き合いはほとんどなく、来客があっても滅多に招き入れることはしませんでした。

電話をかけても応答しないことも度々あったので、ファックスや手紙で用件を伝えていた知人もいたそうです。

スポンサーリンク

セキュリティー対策万全の邸宅に犯人はどうやって侵入したのか?

瀬田さん宅
画像:SA助の事件簿

夫婦は『邸宅を約2mのコンクリート塀と金網フェンスで囲い、さらに出入り口に赤外線センサーを張り巡らせていた』

という具合で完全武装していたためセキュリティー対策は万全だったんです(⊙_⊙')

が!!!

捜査本部によると事件発生直前の24日夜〜25日未明にかけてセンサーが反応した形跡はなかったというんです。

しかし、裏門近くの金網フェンスの上から、足をかけた際に付着したとみられる泥が検出されており、フェンスに立てかけられていたよしず(すだれの一種)の一部が折れていました。

これは犯人が足をかけた際に折れたとみられ、ココが侵入経路になったと考えられています。

スポンサーリンク

夫婦は自宅に大金を置いていた!?

事件現場
画像:警視庁

邸宅のセキュリティ意識は高かった2人ですが!?

資産は銀行などの金融機関に預けずに自宅に保管していたんですよ(⊙_⊙')

また2人と親しかった知人によると

『千枝子さんは札束でつまずいて足をくじいたことがある』

という逸話も残っており、また『自宅に大金を保管していることを他所で話すこともあった』ことから

犯人は恐らくこのような事情を知っていた人物でしょう。

実際にタンスの引き出しが開き、多数の不動産の権利書や指輪が入っていたキャビネットの鍵が壊され空になっていましたが!?

不思議なことに布団の下にあった500万円ずつ束にした現金は2束残されていたのです(*´Д`*)

犯人は日中混成の犯罪グループ説!

事件後の瀬田さん宅

夫婦は多くの不動産を所有していたため、土地売買を巡るトラブルが多く、その中には暴◯団関係者も含まれていたそうです(⊙_⊙')

そのため、英一さんは普段から護身のためにナ○フや木刀を持ち歩き警戒していました。

警視庁は金目当ての強盗、金銭トラブルの両面で捜査し、情報提供を求めるチラシを配るも犯人の有力な手がかりはつかめなかった...

そしてこの事件から3年後に出版された『板橋資産家殺◯事件の真相』の中で、情報屋を名乗る人物が

情報屋
『犯人は日中混成の犯罪グループ』
   

と発言しておりさらに

情報屋
『現金を自宅に持っている金持ちの情報を入手し、窃盗団に実行させるのが俺のビジネスだ』
   

情報屋
『板橋の邸宅を襲った連中ともかつて仕事したことがある』
   

と語っているんです(*´Д`*)

さらにさらにこの情報屋は

情報屋
『犯行の前に、そのグループから一緒にやろうと持ちかけられたが聞き流した。』
   

情報屋
『事件後、メンバーの1人が『10億円あった。それ以上は持ちきれずに置いてきた』と電話をかけてきた』
   

この情報屋を名乗る人物は実際に警察から事情聴取を受けているようですが、犯人逮捕の発表はされていません...

(事件をより深く知りたい方は↓の本を読んでみてください)

 
新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事