ピックアップ
日本犯罪史上最悪の未解決事件『世田谷一家殺害事件』
スポンサーリンク

21世紀を迎える直前の2000年12月30日〜翌日31日未明にかけて、日本犯罪史上に残る凶悪事件『世田谷一家殺○事件』が起きました(⊙_⊙')

この事件から20年以上経つ現在でも、犯人の手がかりはいくつか見つかっているものの、捕まっておらず、未解決のままとなっています。

この記事では世田谷一家殺○事件の概要や犯人の特徴、手がかり、犯行時の不可思議な行動などを紹介していきます(*´Д`*)

(この事件の警視庁による正式名称は『上祖師谷3丁目一家4人強盗殺○事件』ですが、この記事では世田谷一家殺○事件として紹介します)

スポンサーリンク

現場検証から判明した犯人の異常性!

現場の見取り図
画像:東京新聞 TOKYO Web

30日午後11時〜未明にかけて東京都世田谷区上祖師谷3丁目の宮沢みきおさん宅で何者かが

  • 宮沢みきおさん(当時44歳)
  • 妻・泰子さん(当時41歳)
  • 長女・にいなさん(当時8歳)
  • 長男・礼ちゃん(当時6歳)

を惨○し、翌朝10時40分過ぎに隣に住んでいた泰子さんの母親が発見し、事件が発覚したわけです(⊙_⊙')

そして現場検証が行われた際に、犯人が異常な行動を取っていたことが判明しているんです...

というのも犯人は一家を殺○後、数時間、現場に居座っており、パソコンを操作したり、冷蔵庫にあったアイスクリームを食べていたんですよ(*´Д`*)

(アイスクリームはスプーンを使わずに、丸かじりして食べた形跡がある)

また何かを探していたかのように部屋を荒らしていましたが、現金は手付かずのまま残っていたのです。


この事件は

  • 強盗説
  • 怨恨説
  • 隣国の殺○屋説
  • 隣接する公園で遊んでいたところを注意されたスケーター説

などが、犯人としてこれまで浮上していましたが、いずれも犯人にはつながらず、現在も動機や犯人像すらも分かっていないという状況です。

スポンサーリンク

殺害現場となった宮沢さん宅は今も現存する!

右側が宮沢みきおさん宅で、左側は親族宅

画像:読売新聞オンライン

現在でも、犯行現場となった宮沢さん宅は現存していますが、事件から20年以上経過しているため、かなり老朽化が進んでいるようです(⊙_⊙')

また、現場の保存と不審な人物の動きを監視するため、24時間体制で警察官が常駐しているのですが、常駐している警察官の中には

『誰も居ないハズなのに、夜になると家から物音がする...』

という声もあるため、色々な意味で現場は不気味と言えますね(*´Д`*)

以前は近隣にも民家がありましたが、公園の拡張に伴う区画整理の影響で、現在は宮沢さん宅だけがこの場所に取り残されています。

スポンサーリンク

事件当日の宮沢さん一家の行動

宮沢さん一家


画像:THE SANKEI NEWS

2000年12月30日のお昼頃、宮沢さんは地元のケーキ屋を訪れているんですが、この時、犯人が宮沢さんを監視していた可能性があるとされています(⊙_⊙')

そして夕方、宮沢さん一家は自宅で正月用のしめ飾りを設置した後に、買い物へと出かけ

  • 成城学園前の商店街
  • 千歳鳥山駅(ちとせからすやまえき)の写真店
  • 薬局

に寄っており、19時には家族揃って自宅で鍋を食べています。

そしてこれが最後の晩餐になったのです...

食後、宮沢さんは一人で外出していますが『どこに何しに行ったのか?』は分かっておらず、その後、帰宅してリビングでアニメ鑑賞をしていたようです(*´Д`*)

(奥さんと子供たちはこの時すでに寝室にいた)

犯人は長男にだけ慈悲があった!?

被害者宅のすぐ脇は、仙川の側道が続く

画像:Wikipedia

犯人は2階の浴室の窓or玄関から侵入したとされていますが、宮沢さんが客として招き入れた可能性も指摘されています(⊙_⊙')

犯人は家に侵入したどこかのタイミングで手袋を外し、バッグから刃渡り24cmの柳刃包丁を取り出すと、バッグを床に捨て、ジャケットと帽子も脱ぎ捨て、子供部屋に向かう...

そしてこの後、一家は惨○されることになるのですが、1つ疑問な点があり、それは

  • 宮沢さん

  • 長女

3人は無慈悲に殺○れているのですが、なぜか眠っていた長男・礼ちゃんだけはそのまま首を絞○て殺○ていることから、3人に比べて慈悲が感じられるんです(*´Д`*)

犯人は切れ味の良い新品の柳刃包丁で宮沢さんの喉を斬りつけ、さらに複数箇所を切られて殺◯れているんです。

宮沢さんを殺○した犯人は、そのままハシゴを登り、妻と長女に斬りかかりますが、柳刃包丁はすでに切れ味を失っていたため、この時は絶命させることができないまま、キッチンに戻ります。

パニック状態に陥った妻・泰子さんは長女を連れてロフトを降り、ティッシュで長女の止血を試みるも、宮沢さん宅の文化包丁を持った犯人と鉢合わせになり、泰子さんも喉を切られて惨◯され、その後、長女も容赦無く殺○されたのです。

この事から、礼ちゃんにだけは慈悲があったかのように思えるです。

そして犯人は、なぜ、礼ちゃんにだけ慈悲を持って殺○したのか?

これには下記のような説があるのです...

礼ちゃんと犯人には”ある共通点”があった!?

宮沢さん宅周辺(2010年10月撮影)

画像:Wikipedia

一説によると、礼ちゃんには障害があったそうです(⊙_⊙')

しかし、宮沢さん夫妻は、そのことをひた隠しにして、周囲に、そのことを語らなかったため、あまり知られていませんが、言葉が遅いなどの問題があったため、夫婦はケアに奔走していたと言われています。

また世田谷一家殺○事件における、犯人外国人の殺○屋説では、その殺○屋も同じような障害を持っていたという説があります。

つまり犯人は自分と同じような障害を持っている、礼ちゃんにシンパシーを感じ、それで慈悲的な殺○方法を選んだのではないか!?

と考えることができます。

が!!!

個人的にはこの説は違うんじゃないかと思っています(*´Д`*)

なぜなら、宮沢さん夫妻は礼ちゃんに障害があることをひた隠しにしていたため、もし、礼ちゃんに障害があることを事前に知っていたとするならば、それは殺○屋ではなく、非常に親交の深かった人物のハズです。

また犯行時、礼ちゃんは寝ていたことから、言葉の遅れがあることをその場で察知することはできないでしょう。

ということから、もし本当に礼ちゃんに障害があり、そして犯人が礼ちゃんの障害を知っていたと仮定した場合、犯人は顔見知りの可能性が非常に高いのではないかと個人的には思っています。

と言いたいところですが!!!

これも確率的には低いんですよ(*´Д`*)

というのも、警視庁はこれまでに28万人以上の捜査員を投入し、犯人のものと照合した指紋は累計5000万件、さらにはDNAも約130万件に上ることから、当然、宮沢さんの友人、知人、なども含まれています。

そのため、宮沢さんと親交があった人間が犯人である確率は低いということになるでしょう。

またノンフィクション作家の朝倉喬司氏は犯人像について生前、

『日本の古典的な一家殺○事件と異なり、被害者と犯人との間で、濃密な人間関係があったとは思えない。異常な殺◯ぶりや、現場の乱雑さを見ると、犯人は何らかの恐怖で、パニックに陥った末に、場あたり的に『近くでやれそうな人間をやってしまおう』という程度の計画性・覚悟しかなく、凶行に及んだという線が強い』
朝倉喬司氏

と話していましたが、朝倉氏の言うように顔見知りの犯行ではない可能性が高いでしょう(*´Д`*)

礼ちゃんに障害があるか・ないかは置いといて、なぜ彼だけ殺○方に慈悲があったのか?

また犯行後、宮沢さん宅で何かを必死に探した形跡がある事から、犯人にとって重要な何かがあったことは間違いありませんが、一体、何を探していたのでしょう?

というような謎が数多くある事から、この事件は20年以上も未解決のままなのでしょう...

(ただし、犯人が外国人である可能性が高いことはDNAで判明しています)

世田谷一家殺害事件の犯人について分かっていること!

謎だらけの事件ですが、いくつか犯人の手がかりとなるものも存在するので、最後に紹介しておきましょう(*´Д`*)

犯人の特徴
 
  • 犯人は犯行時に手を負傷しており、そのときに現場に残された血液から血液型はA型であることが判明
 
  • 血液型から犯人の性別は男性であることが判明
 
  • 血液から薬○反応は検出されておらず、また犯人はタ○コを吸わない人物
 
  • 被害者の傷跡などから犯人は右利きの可能性が高い
 
  • 犯人の指紋は渦状紋。
 
  • 服装などから推定される犯人の身長は170cm前後
 
  • ヒップバッグのベルトの長さから胴回りは70〜75cmのやせ型と推定されている
 
  • 犯行時の行動などから、性格は大胆で図太いながらトレーナーを畳むなど几帳面な部分も持ち合わせている
   

DNA

現場に残されていた血液のDNA解析によって、父系はアジア系民族、母系には欧州系民族が含まれることが判明しており、『日本人には少ない型』という専門家もいる事から犯人は外国人(在日を含む)である可能性があります(⊙_⊙')

このことから、特別捜査本部では犯人が『アジア系含む日本国外の人』または『混血の日本人』である可能性も視野に入れて捜査しています。

その一方で、人種に関するプロファイリングが捜査に適用されるのには前例がなく、ずっとさかのぼった祖先が混血だった可能性も否定できないため、『犯人が純粋な日本人である可能性も否定せずに、国内でも幅広く捜査する』という方針で捜査を行なっていることもつけ加えておきます_φ( ̄ー ̄ )

新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事