ピックアップ
【恐怖の館殺人事件】フレデリック&ローズ・ウエストは悪魔の夫婦だった!
21LIVE
無料でライブ配信が楽しめる上で30分以上の配信で☆毎日最大1,000円が貰える!? さらに!!! 公式ライバーになることで、一般ライバーよりも注目され、 ランク毎のボーナスやメディア出演依頼も!!!
最新家電のサブスクサービス『PLUSY』

ブラビア(BRAVIA)/アクオス(AQUOS)/レグザ(REGZA)などの好きなメーカが選べる(ΦωΦ)フフフ・・

最新スマートテレビを月額980円(税込)からのスマート価格で新品サブスクできちゃうサービス! 32~75V型まで豊富な品揃えでレンタル期間中は、動産総合保険の付帯で安心補填!

 
 
スポンサーリンク

イギリス史上最も陰惨な事件の1つに数えられる『恐怖の館』殺人事件の全貌が解明されるきっかけになったのは1991年8月のこと。

イングランド西部のグロスターでフレデリック・ウエスト(フレッド・ウエスト)という男が自分の娘であるアン・マリーの首にナイ○を突きつけてビデオ撮影しているところを近所に住む子供が目撃し、警察に通報。


これによって警察はアン・マリーを含む5人の子供たちを保護するとともに、フレッド・ウエストと妻のローズを虐◯容疑で起訴しようとしたが...

スポンサーリンク

娘アン・マリーは証言を拒否!?

フレッド&ローズ
画像:殺人博物館より

しかし、娘のアン・マリーは虐○の事実があるのにも関わらずなぜか!?

証言を拒否して、これによってウエスト夫婦の容疑は取り下げられてしまうんです(⊙_⊙')

アンが両親に対する恐怖心から証言を拒んだと見た警察は、身の安全は保証するから正直に話すように説得。

するとアンは

『話したら妹のヘザーのように庭に埋められる』

と答え、この言葉をきっかけに警察はウエスト夫婦をマークするようになります。

スポンサーリンク

ウエスト夫婦が住む館の庭から...

フレッド&ローズ
画像:ニャンニャンハウス

それから2年半が過ぎた1994年2月23日、警察は捜査令状を取り、ウエスト夫婦が住むクロムウェル・ストリート25番地にある館の裏庭の敷石を外し掘り起こすと...

アンの証言通り、ヘザーと思われる頭蓋骨のほか、女性の遺○が2体発見された。

さらに家の中の地下室からも女性の遺○が5体、1階のバスルームのコンクリートの下からもう1体

計9体もの遺○が夫妻の家から見つかったのでした(⊙_⊙')

スポンサーリンク

フレッド&ローズは夫婦ともに異常性○者だった!?

幼い頃のフレッド・ウエスト(後列左

フレッドとローズは1971年に結婚したのですが、当初から2人は性に対して倒錯した嗜好を共有しています。

1972年には2人で『男女交際仲介誌』に広告を出して

  • 手錠
  • ラバースーツ
  • 仮面

を使ったプレイに興味がある者を募って家に招いています。

特にローズは黒人好きで

ローズ
『黒人だと燃えるの』

と公言していました👀

フレッドは自宅を改造して3室の貸間を作って、週5ポンドで貸すようにしたのですが、これだけ安いのにはもちろん理由がありました(⊙_⊙')

下宿人は夜になるとローズとベッドを共にしなければならず、その様子をフレッドは壁に開いた穴から覗き見ては興奮して自◯に及ぶというものでしたw

また1972年当時、ウエスト家でベビーシッターとして働いていて危うく殺○れかけたキャロライン・レイン(当時17歳)も、2人に口をテープで塞がれ、手を縛られた状態で代わる代わるにレ○プされたと証言しています。

フレッド&ローズは親切で優しそうに見えた!?

犠牲者たち(一部
画像:トレンド!Trend!

発見された遺○の中にはウエスト家に下宿していた女性リンダ・コブ(当時19歳)、ジュニアーナ・モット(当時18歳)の他に、ヒッチハイクでアイルランドに向かう途中、不運にもウエスト夫妻の車に乗って犠牲となったテレーゼ・ジーゲンターラー(当時21歳)がいました。

初対面の人間に対してウエスト夫婦は非常に親切に振る舞い、良い印象を与えて安心させてから言葉巧みに自宅に招き入れると次第に本性を現しては犯行に及んでいたのです(⊙_⊙')

また被害者の一人シャーリー・アン・ロビンソン(当時18歳)も最初はウエスト家の下宿人でしたが、後に2人の倒錯した性の奴○にされ、フレッドに求婚。

これによってフレッドの子供を身ごもってしまい、そのことがローズの逆鱗に触れて殺○れてしまいました。

シャーリーの遺○は発見された時、頭部は粘着テープでぐるぐる巻きにされており、呼吸のために細いチューブだけがテープの隙間から鼻に突っ込まれていた...

フレッドとローズは幼少期に共に近親○姦を経験していた!?

フレッド・ウエスト

フレッド&ローズは幼少期にともに近親相○を経験しています。

フレッドは農場労働者の6人兄弟の長男として生まれましたが、父ウォルターは娘に対して

俺がお前たちを作ったのだから、俺はお前たちを触る権利がある』

と虐○し、フレッドの母もフレッドを誘惑するというイカれた両親でしたが、フレッドも19歳の時に13歳の妹を妊○させています(マジキチ)

一方、ローズも幼少期の家庭環境が酷く、父親のビルは精神分裂症で子供たちをいつもムチで叩◯ていましたが、近親相○を許していたローズにだけは手を上げなかったのです。

幼少期にこのような経験をしたことがフレッドとローズは陰惨な事件を引き起こす大きな原因となっていると考えられています。

フレッドの自○を喜ぶローズ

警察に逮捕・連行されるフレッド・ウェスト

1994年2月25日に逮捕されたフレッドとローズの公判は1995年の秋から開始される予定でしたが、フレッドは1995年1月1日にバーミングガムの拘置所で引き裂いたシーツを使って首を吊◯て自○してしまいます(⊙_⊙')

この知らせを聞いたローズは悲しむどころか

ローズ
『とても嬉しい』

と喜び、自分も殺○れた女性たちと同様に被害者であると述べたのです。

ローズ・ウエストの化けの皮が剥がれる!

60歳頃のローズ・ウエスト
画像:ハナママゴンの日記帳

ローズの弁護団は殺○は夫のフレッドが主犯であり、ローズは無関係と主張

娘のアン・マリー・ウエストの証言によりローズの化けの皮が剥がされます(⊙_⊙')

なぜならアンは9歳の時に父フレッドに犯○れ以来、何度もレ○プされており、その際にローズも手を押さえつけるなどの手助けをし、ローズからもオーラルセ○クスを強要されたと証言したからです。

ローズの弁護団はローズの罪を軽くするため『全ての罪をフレッドに強要されてやった』と証言させ、ローズ自身も陪審員の前で涙を流し、クロムウェル・ストリート25番地の家では家庭内別居状態だったと虚偽の証言をした。


しかし、この事件を受け持ったマンデル裁判長は陪審員に向かって『全ての偏見を排除し、2人の人間が共同で人を殺○した場合は、どちらが実際に手を下したことが重要ではなく、2人とも有罪なのだ

と冷静に述べたのです。

ローズに言い渡された判決は?

1995年11月21日、11人の陪審員は徹夜で討議して出廷すると、養子のチャーメイン、娘のヘザー、夫の子供を宿していたシャーリー・アン・ロビンソンの殺○について有罪とした。

翌日、クロムウェルの家から発見された7人の女性の殺○にも関与したとしてマンデル裁判長はローズに

終身刑10回

の判決を言い渡しました。

新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事