ピックアップ
世界各地で目撃されるフライング・ヒューマノイドの正体は!?
スポンサーリンク

2000年頃から『フライング・ヒューマノイド』と呼ばれるヒト型のシルエットをした飛行物体がメキシコを中心に目撃されるようになり、また近年ではメキシコだけでなく世界各地で度々、目撃されるようになっています(*´Д`*)

特に2021年はフライング・ヒューマノイドの目撃報告が絶えず、その中にはヒト型だけでなく『ほうき』や『ヘビ』のような形をしたものも含まれているんです(ΦωΦ)フフフ・・

スポンサーリンク

ロサンゼルスに出現した『ジェットパックマン』

ジェットパックマン

画像はロサンゼルス上空に出現した『ジェットパックマン』と呼ばれる飛行物体で、ジェットパックマンの出現でFBIが捜査に乗り出す事態になりました(⊙_⊙')

捜査の結果、この飛行物体は『風船の可能性が高い』という結論に至っていますw


が!!!

これまで確認された全てのフライング・ヒューマノイドが誤認とは限らないのです(ΦωΦ)フフフ・・

スポンサーリンク

イギリスに出現したフライング・ヒューマノイド

イギリスの上空に出現したフライング・ヒューマノイド
拡大したもの

イギリス・スコットランド西部のグラスゴー上空でもフライング・ヒューマノイドが出現。

この画像はカップルが自宅アパートから双眼鏡越しに撮影したものなのですが、 KKK(クー・クラックス・クラン)の三角頭巾のような突起と、手足のようなものが生えているのが確認できると思いますw

この飛行物体の体長は2m以上と推測されており、また風船のように風に流れて浮遊するのではなく

一定のスピードで空中をまるで滑るように移動していた

そうです(*´Д`*)

動画内でカップルが『ドローンにしては大きい。気象観測用の気球!?』という会話をしているのです。

が!!!

この動画が撮影された時期、約120ヶ国の首脳が集まり『国連気候変動枠組条約』の国際会議が開催されていたため、グラスゴー全域に厳戒態勢が敷かれて、上空はドローン・気球を含む全ての航空機に空域制限がかけられていたんです(⊙_⊙')

だとすると、この飛行物体は何だったのでしょう?

UFO研究家の中には米軍が開発した『兵器』だとする意見もあるようです_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

フライング・ヒューマノイドに警察官が襲われた!?

メキシコに出現したフライング・ヒューマノイド

2004年にはメキシコでフライング・ヒューマノイドが飛び回っているという通報が相次ぎ、さらにはパトロールをしていた警察官が襲われるという事件が起きているんです(*´Д`*)

フライング・ヒューマノイドに
襲われた警察官

警察官がヘッドライトを照射したところ、フライング・ヒューマノイドがパトカーのボンネットに飛び降り掴みかかろうとしたそうです_:(´ཀ`」 ∠):

この事件によって近隣の住民は『何がきっかけでフライング・ヒューマノイドが降りてくるかわからない』と恐怖したのです...

ほうき型フライング・ヒューマノイド

フライング・ヒューマノイドの中にはロサンゼルスのように誤認のケースもあるものの、全てが誤認とは限らないでしょう。

また今後もフライング・ヒューマノイドは世界各地で目撃されると思いますが、その正体が判明する日が来るのを楽しみにしておきましょう(ΦωΦ)フフフ・・

関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事