ピックアップ
UFO・宇宙人を神として崇めたカルト教団4選!
スポンサーリンク

1947年アメリカ・ワシントン州で起きたUFO遭遇事件『ケネヌ・アーノルド事件』をきっかけに各地でUFO・宇宙人の存在証明するための団体が発足しました。

が!!!

その中にはUFOや宇宙人を神として崇め、カルト化した団体もあったんです(⊙_⊙')

そこで今回はUFO・宇宙人を神として信奉したカルト教団を4つ紹介していきますよ〜!

果たしてUFO・宇宙人は本当に神なのか?

早速、見ていきましょう〆(・∀・@)

スポンサーリンク

CBA(宇宙友好協会)

松村雄亮
画像:TOCANA

CBA(宇宙友好協会)は1957年8月に航空ジャーナリストの松村雄亮によって設立された

UFO・宇宙人との交流を目的とした団体

実は当時の日本では同じような思想を持つUFO研究団体がいくつもあり、松村もCBAの発足前は

『日本空飛ぶ円盤協会』

という組織の機関紙に記事を寄稿していたんです(⊙_⊙')

当初の松村は科学的な見地からUFO・宇宙人を研究していましたが!?

CBA設立後は

松村
『宇宙人との接触に成功した』
   

と主張するようになり

『コンタクトマン』

を自称するようになったんです。

カルト化するCBAの計画!

CBAの建てた『ハヨピラ』と呼ばれる祭壇
画像:仄暗いお散歩

それ以降のCBAは急速にカルト化し、松村は『種子』と呼ばれ教祖のような存在になるんですよ(*´Д`*)

また1959年にCBA内部で60年〜62年にかけて

『地球の地軸が傾き、世界規模の大洪水が発生する』

が会員たちをUFOに搭乗した宇宙人が救出する...

という文章が作成され

『りんごを送れ、C』

という電報が送られた際には指定の場所に集合するという計画があったんです(⊙_⊙')

そしてこれが当時の産経新聞で報道されたことで

CBAのカルト性が世間に一気に知れ渡り、他のUFO団体からも異端視され距離を置かれることに...

CBAの消滅

当時のUFO雑誌に掲載された松村

その後、CBAのカルト色はさらに強まり、日本の古代遺跡は宇宙人が渡来した証拠であるとする

『古代宇宙飛行士説』

を唱えるようになります(⊙_⊙')

1964年にCBAは自分たちが異星人であると主張するアイヌの神を祀るための祭壇『ハヨピラ』

北海道平取町に建造しますが!?

松村が消息を絶ったことで、CBAは自然消滅してしまったのです_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

スペニオル・ユニヴァーサル・アライメント

教祖・アンドレード

スペニオル・ユニヴァーサル・アライメントは1980年代のブラジルでヴァレンティナ・デ・アンドレードという女性が地球外生命体から

『神は存在しない。キリストの正体は異星人で
信じる者のみを救うために宇宙船を送る』

というメッセージを受けたことで創設されたカルト教団です(⊙_⊙')

アンドレードは

アンドレード
『1981年以降に生まれた男子は 全員悪魔に取り憑かれているから粛清しなければならない』
   

という思想の持ち主で、さらに知人の夫婦たちに

アンドレード
『息子を祖父母や他人夫婦に手渡せば、 宇宙船に救済してもらえる
   

と吹聴していたそうです(*´Д`*)

少年19人に虐◯・暴◯を加え、信者が逮捕される!

アンドレード
画像:IMDb

教団の発足後からアンドレードの思想は非常に過激で、洗脳された信者たちは事件を起こしてしまいます(⊙_⊙')

1989年〜1993年の4年間に8歳〜13歳の少年19人

信者が少年に行った暴◯・虐◯
  • 性的虐◯
  • 薬○投与
  • 去勢
  • 手足切◯
 
 

といった暴◯・虐◯を信者から受け、6人が死◯し、5人が行方不明になったんです(*´Д`*)

結局、信者4人が逮捕されるまでに11年の月日を要し、教祖のアンドレードは現場にはいなかったことから無罪となっており、スペニオル・ユニヴァーサル・アライメントは2022年現在も在続しています_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

ロイヤル・オーダー・オブ・チベット

アダムスキーが公開したUFOの写真

ロイヤル・オーダー・オブ・チベットは1930年代にジョージ・アダムスキーという人物によって米・カリフォルニア州に設立された宗教団体です(⊙_⊙')

1952年にアダムスキーが信者や友人たちとモハーヴェ砂漠を訪れた際に、巨大なUFOが出現し、中から『オーソン』という美しい女性型金星人が現れて

人類が行う核実験を批判するメッセージ

をアダムスキーに伝えたと言うんです(⊙_⊙')

その翌月にアダムスキーは自身が撮影したUFOの写真を発表し、世間を騒がせたのです。

が!!!

後の調査でその写真は

模型を使用したトリック

であることが判明します_:(´ཀ`」 ∠):

アダムスキーの嘘が次々とバレる!

アダムスキー(右)と
遭遇したと主張する金星人『オーソン』のイラスト

アダムスキーの嘘はUFO写真だけではありませんでしたw

彼が発表したオーソンのイラストのモデルは

ロイヤル・オーダー・オブ・チベットの講演に参加した女性

だったり、UFOに搭乗した時にアダムスキーが体験したとされる

アダムスキー
『太陽は冷たい星』
   

アダムスキー
『月の裏側に文明があり動物が走り回っていた』
   

という主張も

以前に自身が書いたSF小説の内容に酷似していた

ことがバレてしまいます(*´Д`*)

このように嘘が相次いでバレたことで、アダムスキーは教団内での求心力を失ってしまったのです_φ( ̄ー ̄ )

ヘブンズ・ゲート

アップルホワイト(左)とネルトス(右)

ヘブンズ・ゲートは1970年代に元音楽教師のマーシャル・アップルホワイト看護師のボニー・ネルトスが中心となってアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴに立ち上げたUFO信仰団体です(⊙_⊙')

アップルホワイトはヘブンズ・ゲート創設前に妻子がありながら、教え子との同性愛スキャンダルによって教職を追われていますw

その後、彼はノイローゼ気味になり、治療時にネルトスと知り合いますが、お互いスピリチュアル思想を持っていたことから意気投合したわけです(⊙_⊙')

ヘブンズ・ゲートの教義

アップルホワイト
画像:Google Arts&Cuiture

2人は家族を捨て、全米横断の旅を開始し

アップルホワイト&ネルトス
『私たちは地球に派遣された特別な存在である』
   

という使命感に目覚めたことでヘブンズ・ゲートを創設しますが、この教団の教義はキリスト教とニューエイジ思想(20世紀後半に現れた自己意識運動)をミックスしたもので

アップルホワイト&ネルトス
『聖母マリアが処女懐胎したという聖書の記述は誤りで UFOによって地球外に連れ出されてキリストを妊娠した』
   

アップルホワイト&ネルトス
『肉体は魂が運転する車に過ぎない。 修行を積めば魂は天国へ行ける』
   

という思想を信者に吹き込んでいました(⊙_⊙')

この当時、アメリカでSF作品が大人気だったこともあり

ヘブンズ・ゲートが集会を開催するたびに500人以上が集まるようになります。

しかし教祖・アップルホワイトは教団の活動を大々的に公開されることを嫌い信者たちには家族・友人と関係を断つことを要求し、この規則が守れたものだけ天国に導くことを約束したんです。


アップルホワイトと信者7人が去勢手術を受ける!?

アップルホワイト
画像:世界のカルト教祖

アップルホワイトは特に熱心な信者のことを『クラスの者』と呼び、独自の名前を与えて、厳しい修行を課します(⊙_⊙')

修行の目的は

『人間性を捨て去ること』

化粧や性◯為は禁止されていました。

さらに性欲を捨て去るためにアップルホワイト&信者7人が

去勢手術を受けて

おり、また人間の肉体は乗り物に過ぎない”

という考えから『マスター・クレンザー』と呼ばれていた

  • レモネード
  • メイプルロップ
  • 唐辛子

などを混ぜ合わせた液体を肛◯から注入して体内を洗浄していたようですw

アップルホワイトと信者38人が集団自◯を決行!

アップルホワイト

1985年にネルトス死去すた際に、アップルホワイトは

アップルホワイト
『後日、ネルトスが信者たちを迎えに来る』
   

と説きます。

が!!!

何年経ってもネルトスは迎えに来ることはなかったため、信者たちは次々に脱退していきます(*´Д`*)

その後のヘブンズ・ゲートはサイト開設や宣伝活動で資金を調達していましたが、96年にヘール・ホップ彗星が地球に接近したことを合図として、翌年3月に

アップルホワイトと信者38人が集団自◯を決行

し、彼らは最後にビデオメッセージを残しており、全員晴れやかな表情を浮かべていましたが、脱会した元信者の中には悲劇を止められなかったことを悔いるものもいたそうです_φ( ̄ー ̄ )

月の土地
サプライズプレゼントにピッタリ!

月のオーナーは現在世界中で約120万人以上! 自分用に買うのはもちろん、心のこもった夢のある贈り物としてプレゼント用にも喜ばれること間違いなし(ΦωΦ)フフフ・・

 
 

 

新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事