ピックアップ
岡山県と北九州で結核の集団感染が発生!『結核』とは一体どのような病気なのか!?
スポンサーリンク

今月10日に岡山県、そして14日に北九州で『結核の集団感染発生』が

発表されたというニュースがありました。

岡山での結核の集団感染のニュース

 岡山市によりますと4月、咳などの症状で市内の医療機関を受診した60代の女性が結核と診断されました。女性は現在、入院していますが、症状は落ち着いています。

 岡山市では女性の家族や勤務先の同僚ら接触者8人の検査を行い、5人の感染を確認しました。5人のうち3人は発病していますが咳などに結核菌はみられず、他人に感染させる恐れはないということです。他の2人は感染のみで発病していません。

北九州市での結核集団感染のニュース!

昨年12月、市内の80代男性が肺結核で死亡。市は男性と接触した32人の血液検査を実施した。その結果、男性の家族3人(80代女性と50代女性2人)が発病し、男性が通っていた高齢者施設の利用者(70代男性)と、職員2人(70代男性と40代女性)の計3人の感染が判明した。

僕は比較的、北九州に近い場所に住んでいるのでとても他人事ではないですね💦

今回は『結核』とはどのような病気なのか?感染経路や治療方法などを中心に書いていきます✍️

スポンサーリンク

かつては『不治の病』として恐れられていた結核!

昭和20年頃までは結核は『日本人の死亡原因の1位』でした😨

死亡率が高く、感染力が強い為に『不治の病』として人々に恐れられていました😱

過去に津山事件(八つ墓村のモデルになった事件)

について記事を書いたことがあるのですが、

事件を起こした犯人、都井睦雄も肺結核を患っていました👀

この肺結核により差別や徴兵検査に不合格するなど不遇な状況に置かれてしまいます。

(津山事件の記事は最後に貼っておきますのでぜひ読んでみて下さい✨)

このように当時の日本(特に小さな村や集落)では差別の対象になるケースも多かったのです😭

スポンサーリンク

結核は結核菌による感染症!『白いペスト』の異名も!?

画像:結核予防会結核研究所

結核は『結核菌が原因』となる感染症です😷


結核は主に肺が侵されてしまい、

ゆっくりと肺組織を蝕んでいく恐ろしい病気なんです😱

結核菌はやがて全身に広がってしまい、

結核患者の体色は蒼白となり痩せて最後は死に至る...

このことから結核は『白いペスト』とも呼ばれていました(⊙_⊙')

結核菌の歴史!初めて発見されたのはいつ

サナトリウム結核療養所)の女性患者:Wikipedia

結核菌は1882年にドイツの細菌学者ロベルト・コッホによって発見されました🦠

結核菌は細胞壁に多量の脂質を含んでいて従来の染色方法では染色ができなかったのです👀

そして結核菌は増殖速度が非常に遅い為に培養しにくいというのが重なり

発見が困難だったのです💦

この功績によりロベルト・コッホは1905年にノーベル・医学賞を受賞しています🤩

結核菌を発見したロベルト・コッホ(Wikipedia)

スポンサーリンク

結核の感染経路とは

図:結核予防会

結核は空気感染(飛沫核感染)で感染します👀

空気感染とは?

飛沫が空気中で飛行すると『蒸発』してしまいます☀️

飛沫が蒸発すると『飛沫核』と呼ばれる微粒子となり、

長時間空気中を浮遊する事が可能になるんです。

空気中に浮遊する飛沫核に病原体が付着すると

病原体も長期間空気中を浮遊出来てしまいます。

病原体付きの飛沫核を吸い込む事で感染することを

『空気感染』と言います😷


そしてこの結核菌が『肺の奥に侵入する』と感染してしまうのです👀

結核菌は紫外線に弱く、紫外線によって死滅してしまいます。

空気感染する場合は極めて近い距離で会話などをすると感染するリスクが高まるでしょう💦

なお食器などを介して結核が感染することはないそうです👌

結核の予防の為のワクチン

『BCG』は有名なワクチンで名前を聞いたことがある方も多いと思います👀

BCGは牛に感染するウシ型結核菌を弱めて作ったワクチンなんです🐮

BCGは1921年にフランスの研究者アルベール・カルメットと

カミーユ・ゲランによって開発
され、

この二人の名前を冠した菌のBacille Calmette-Guerin(カルメットとゲランの菌)の頭文字

を取って『BCG』という名前が付けられました
🤩

BCGの予防効果はどのくらいあるの?

乳幼児期にBCGを接種することにより、

結核の発症を52~74%程度

重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると言われています💉

そして1度BCGを接種すると約10年〜15年ほど効果が続くと考えられています👀

日本における結核患者数と死亡者数について!

日本では毎年約18,000人が結核に感染しており、毎年約1900人が亡くなっています

なので結核は決して過去の病気ではなく現在でも感染する可能性が高い感染症なんです💦

図:政府広報オンライン

70代以上の新規感染者のうち70代が6割を占めていますね👀

これは加齢による免疫力低下が原因で高齢者の発症率が高くなっていると

考えられています😷

免疫力を高めることで結核の発症を防ぐことができる!?

結核菌に感染した場合でも必ず結核を発症する訳ではありません👀

発症を防ぐ為に非常に重要なのが『免疫力』です💪

免疫力が高いと結核の発症を防ぐことができます

これは免疫力が高ければ結核菌の増殖を抑えることができるからです🤩

逆に免疫力が低いと結核菌が増殖しやすくなり、結核になる可能性が高まります😨

免疫力を高める為に必要なこと!

図:政府広報オンライン

免疫力を高めるには『規則正しい生活』『栄養バランスの摂れた食事』『睡眠』『運動』が必要不可欠です👀

喫煙なども良くないのですが僕自身は不規則な生活でヘビースモーカーなので

気をつけようと思いますw

抗生物質やワクチンが開発される以前は人類は感染症に対して免疫力のみで

抵抗していました👀

つまり免疫力は感染症を防ぐ最もリスクの少ない予防方法と言えるので

免疫力を高めることは重要ですね!(自分に言い聞かせてますw)

最後に

昭和20年頃の肺結核は今で言う『末期癌』と同じぐらい医者から告知されるとショックな病気でした。

その為当時は濁す為に『肺病』や『肺尖カタル』という病名でやんわり言うことが多かったんです👀

この辺りの内容は『津山事件』の記事に詳しく書いていますが、

結核は現代でも続いている病気です😷

岡山県や北九州市での集団感染のように結核に感染してしまう可能性は

十分あると思います。

コロナウイルスが蔓延する中、更に結核まで流行するようなことがあれば

まさに『弱り目に祟り目』状態になってしまいます💦

なのでマスクを着用して感染予防をして、免疫力を上げる努力をしていくことが

今できるウイルスや細菌から身を守る唯一の方法なので

徹底しましょう🤩

と言いながらタバコを吸っていますw

それではまた😅

新着記事
スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事