ピックアップ
食中毒を引き起こす細菌とウイルス特集!
スポンサーリンク

人間は必ず食事をしなければなりません👀

しかし、食べ物から細菌やウイルスが体内に侵入してしまい、

腹痛や最悪命を落とすようなケースも...😱

今回は食中毒を引き起こす原因となる細菌やウイルスについて書いていきます💡

食中毒は立派な感染症の1つで、

いつどこで感染するか分からないという怖さがありますよね👀

特にこれから暑くなるので、

食べ物の管理にも気をつけなければなりませんね💦


スポンサーリンク

細菌性食中毒とウイルス性食中毒!

食中毒には細菌性食中毒とウイルス性食中毒があります👀

細菌性食中毒の場合は食材内で細菌が繁殖しまい食材が汚染されてしまいます。

その汚染食材を食べることで嘔吐、

下痢など急性胃腸炎を引き起こしてしまう
んです💦

食材が古ければ古いほど、細菌性食中毒のリスクは高まります。

逆にウイルス性食中毒は、食材が新鮮であればあるほど感染リスクが高まり、

食材が古くなるにつれウイルスも死滅していくという性質を持っています


なので生ガキなどの食中毒はウイルス性の食中毒ということになります🤢

細菌性食中毒編!

スポンサーリンク

カンピロバクター

カンピロバクター(愛知県衛星研究所)

カンピロバクターは、ニワトリ、ウシ、豚などの腸内に生息しています👀

細菌性食中毒の中ではこのカンピロバクターが原因で胃腸炎を起こす割合が非常に高いんです👀

気をつけるべき食材は鶏肉や鶏、豚のレバーです!

またこれらを調理する為に使用したまな板や包丁にカンピロバクターが付着していて、

他の食材を汚染する原因になります🤢

カンピロバクター胃腸炎になると、

ギランバレー症候群(神経疾患)を合併する場合があるので

衛生面や食材の加熱するなどの対策をしっかりとすべきですね👀

スポンサーリンク

サルモネラ菌

サルモネラ菌(ウィキペディア)

サルモネラ菌は、下水や河川などや家畜などの腸管内に生息していて、

サルモネラ菌によって汚染された、

食品を人間が食べることで、食中毒を引き起こしてしまいます🤢

一昔前の日本ではこのサルモネラ菌による食中毒が多発していたのですが、

現在では食品衛星環境が改善されてかなり少なくなってきているようです。

しかし海外では現在も食中毒の原因として多くの報告があります

その為、海外旅行などで生の食品を食べるのは結構なリスクがあるので

気をつけましょう👀

腸炎ビブリオ

腸炎ビブリオ(Wikipedia)

腸炎ビブリオは発育する為に塩分を必要としており、主に海水に生息しています👀

そして魚介類などに付着する為に、それを食べた人間が食中毒を引き起こすことになります🤢

サルモネラ菌同様に、

昔の日本では食中毒の原因に度々なっていたのですが

腸炎ビブリオに関しても食品衛星環境が改善されてかなり少なくなってきているようです。



ヘリコバクターピロリ

ヘリコバクターピロリ(Wikipedia)

ピロリ菌は結構有名ですよね🤩

このヘリコバクターピロリは人間の胃の中で生息が出来るんです👀(胃酸を物ともせずにw)

ピロリ菌が体内に生息していると、慢性胃炎や消化性潰瘍の原因になります。

マーシャルという微生物研究家は自らピロリ菌を飲み込んで、

胃潰瘍になることを証明した
そうですw

そしてピロリ菌は胃がんの原因になることも分かっており、 ピロリ菌の除去を行うことで胃がんのリスクを減らせると考えられています💡

ウイルス性食中毒編!

ノロウイルス

ノロウイルス(Wikipedia)

ノロウイルスに感染するとウイルス性胃腸炎を引き起こしてしまいます。

ノロウイルスに感染した人の糞便や嘔吐物が下水または乾燥したものから経口感染します

経口感染とは汚染された水などからの感染経路のことで、

この汚染された水が河川や海などに流れることにより、

二枚貝やカキなどに蓄積されそれを食すことで感染してしまいます。

普通にこのサイクルがめっちゃ汚いですよねw

アデノウイルス

アデノウイルス(Wikipedia)

アデノとは扁桃腺やリンパ節を意味で、

アデノウイルスが扁桃腺やリンパ節で増殖することから命名されています

風邪症候群」を起こす主要病原ウイルスの一つで約1週間の潜伏期間を経て発症します。

子供が感染した場合は、脱水症状を起こすことがあります。

感染経路は便、飛沫、直接接触など。


アストロウイルス

アストロウイルス(Wikipedia)

アストロウイルスは電子顕微鏡で見ると星のような形をしていて、

ギリシャ語で星の意味の(astron)から命名されました⭐️

アストロウイルスは乳幼児の下痢の原因となるウイルスです。

体力の衰えた大人や老人などにも感染する場合があり、

少量のウイルスでも感染するので集団感染の恐れもあります。

感染経路は、経口感染や魚介類などからが中心となります🤢

潜伏期間は2〜3日で、発症してから約1週間ほどで回復します🤩

サポウイルス

サポウイルス(東京都福祉保健局)

アストロウイルス同様に乳幼児の下痢症の原因になるウイルスです。

サポウイルスが最初に発見されたのが札幌ということで、サポウイルスに命名されました🤧

そしてサポウイルスも星型の形をしています⭐️

人以外の動物には感染しません👀

サポウイルスの感染者の糞便経口感染が多い為に、

糞便の処理や手洗いなどで感染を防ぐことが大事になってきますね👀


ポリオウイルス

ポリオウイルス(wikipedia)

ポリオウイルスは小児麻痺の起因となるウイルスですが、感染しても発症しないことが多いんです👀

症状は発熱、頭痛、咽頭痛のような症状で、2〜3日で快復します💡

しかし重症化した場合、麻痺の症状が出現してしまいます。

日本ではポリオワクチンが施行されているので、野生のポリオウイルスによる麻痺は

ほぼ無いと言われています。

最後に

細菌性食中毒とウイルス性食中毒について書きましたが、

細菌性の方は傷んでいたり、古くなっている食材なのである程度回避しやすいと思うんですが

ウイルス性食中毒は新鮮な魚介類を食べることで感染するので

完全に防ぐのは難しいですよね💦

生ガキや刺身などは新鮮な状態で加熱しないで食べるから美味しいですからねw

僕も生ガキとか刺身が好きなんですが、

勉強していく内にだんだん食べるのが怖くなってきましたw

また経口感染での感染も気をつけなけばなりませんね👀

ノロウイルスの感染者が道端で嘔吐して嘔吐物が乾燥したとしても

そこから感染してしまいます。

なので衛星管理や手洗いなどの対策はコロナウイルス同様

大事です💦

食材の管理や調理方法も気をつけましょう😅

それでは、また〆(・∀・@)

スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事