ピックアップ
コロナウイルスは『空気感染』する可能性がある?!感染力が6倍の『変種コロナ』も登場か?!
スポンサーリンク

コロナウイルスに『空気感染』する可能性があるというニュースが飛び込んできました😷

WHO(世界保険機関)は『コロナウイルスの空気感染の可能性は除外できない』

としており、もし本当に『空気感染』するのであれば今までの感染予防だけではなく

新たな感染予防をする必要が出てきますね💦

そして更に感染力が6倍強い『変種コロナ』が登場した可能性があります😨

『空気感染』と『変種コロナ』に関してはどちらとも確定している訳ではありませんが

少なくともアメリカ、ブラジル、インドでは感染者が恐ろしいスピードで増え続けています。


日本も決して他人事ではないので、注目すべきですね👀

今回は『空気感染』と『変種コロナ』のニュースを引用しつつ

『空気感染とは何なのか?』『どのように感染予防すれば良いのか?』

などを中心に書いていきます〆(・∀・@)

コロナウイルスが空気感染する可能性!『空気感染』とは何か?

新型コロナウイルスの感染経路について6日、世界32か国の239人の科学者らが声明を発表し、せきやくしゃみで飛び散る「飛沫」による感染だけでなく、さらに細かい粒になって遠くまで到達して感染する可能性を指摘しました。

声明ではこの感染経路を「空気感染」と呼び、WHOや各国の保健当局などに対して換気の悪い場所や、人が密集した場所での感染リスクが高いとして、これまでの対策を見直すよう求めています。

これについてWHOの感染予防の技術責任者、アレグランジ氏は7日、「混み合った場所や閉ざされた場所、換気が十分にできていない場所では、そうした『空気感染』の可能性は除外できない」と述べました。

そのうえで、新型コロナウイルス対応の技術責任者のバンケルコフ氏は、ウイルスの感染のしかたについて今後数日中にWHOとしての現在の見解を公開すると述べました。

WHOは今後数日中に現在の見解を公開するとしています👀

何か新たな情報が出た場合は追って記事にしますね✍️

それでは『飛沫感染』と『空気感染』では何が違うのでしょうか?

ここが重要なので確認してみましょう👀

『飛沫感染』とは?

飛沫はヒトが咳やくしゃみをした時に口から飛び出す水滴のことです🤧

この飛沫からの感染経路のことを『飛沫感染』と言います👀

飛沫が飛ぶ距離ですが、最大で2mまでしか飛ばないのです。

最近『ソーシャルディスタンス』という言葉をよく耳にすると思いますが感染防止の為に

『人と人との距離を保つ』ということです。

ソーシャルディスタンスは飛沫感染を防ぐ為に行われているんですが

もしコロナが『空気感染』する場合はこの2mという距離では防げなくなるんです💦

飛沫感染する代表的なモノは『インフルエンザ』『百日咳』『おたふくかぜ』など。

それでは次は空気感染についてみていきましょう👀

『空気感染』とは?

飛沫が空気中で飛行すると『蒸発』してしまいます☀️

飛沫が蒸発すると『飛沫核』と呼ばれる微粒子となり、

長時間空気中を浮遊する事が可能になるんです。


空気中に浮遊する飛沫核に病原体が付着すると

病原体も長期間空気中を浮遊出来てしまう
んです😨

しかも空気流に乗る事で、かなり遠くまで浮遊できます!

病原体付きの飛沫核を吸い込む事で感染することを

空気感染』と言います
😷

なので飛沫感染より遥かに感染リスクが高まりますね💦

この空気感染の意味が分かると非常に恐ろしいですよね?😨

もはやマスクを外す事ができなくなります💦

コロナが空気感染すると確実に決まった訳ではありませんが

万が一の為にマスク着用を徹底すべきだと思います!

スポンサーリンク

感染力が6倍?!『変異コロナ』の可能性はあるのか?!

全世界の新型コロナウイルス感染者が1000万人を超えた中、一日の新規感染者が20万人を超えるほど感染速度が速まっていることから、新型コロナウイルス流行の第2波に対する恐怖が現実のものになりつつある。感染力が最大で6倍高い「変種コロナウイルス」が登場したとの分析もある。世界保健機関(WHO)によると、4日(現地時間)に全世界の新型コロナウイルス感染者は21万2326人増加したという。これは先月28日の19万566人という記録を更新したものだ。6月の1カ月間で発生した感染者は595万6224人で、今年に入って6月までに発生した感染者の55%を占めている。

コロナウイルスの変異はかなり前から発見されていました👀

ウイルスの周りには『スパイク』と言われる突起した部分があるのですが

このスパイクの数が増えたコロナウイルスが見つかっています🦠

そしてコロナウイルスには幾つかの『型』が既に存在しています。

この型について確認していきましょう👀

コロナウイルスの型(タイプ)

  • 武漢で発生した当初・・・『S型』

  • アジア圏で流行したコロナ・・・『V型』

  • 米国・欧州で流行した・・・『G型』



主にこのように区分されています👀

そして注目すべきはアメリカや欧州で流行している『G型』です。

この『G型』は更に変異し『GR型』『GH型』というタイプが存在します🦠

今回感染力が6倍と言われている変異コロナは『GH型』のこと

この6倍というのは武漢で発生した『S型』と比べて6倍の感染濃度があるんです👀

なので『感染力も6倍なのではないか?』と言われているんです😷

現時点では感染力が6倍かはハッキリしませんが、S型に比べて感染スピードが

速いのは間違いないようです!

日本に比べて、アメリカや欧州の死者数が多いのはコロナウイルスのタイプが違う事が

関係していると思います👀

日本で『GH型』が流行する事になれば、

アメリカや欧州のような死者数になる可能性は十分あるでしょう💦


日本の第二波は『猛毒化したコロナウイルスになる』と警鐘を鳴らしている

専門家もいるのでこれは『変異コロナ』が日本で蔓延する可能性があるという

事でしょうね😨

変異するとワクチンが効かなくなる?!

コロナウイルスが変異するということは非常に恐ろしいことなんです😨

もちろん感染力や致死率が上がることも恐いんですが

『ワクチン』が効かないということが起きる可能性が出てきます💦

例えば『S型』のワクチンが完成したとしましょう💉

『S型』のワクチンは他のタイプのコロナウイルスには効かないという可能性があります。

これは風邪と同じで毎年、微妙にウイルスのタイプが異なるので

風邪はなくならないんです。

風邪の場合は『死に至る』ことはほとんどありませんが

コロナウイルスの場合は『死に至る』可能性があります💦

そしてワクチン開発には相当な時間が必要で

本来なら数年はかかるでしょう。


数年の間に『コロナウイルスが変異』すればそのワクチンは効かないということに

なるのでこれが1番恐いのです
😱

そして『変異コロナ』の種類が増えれば増えるほど

ワクチン開発が追いつかなくなり、

絶望的な状況になる可能性が非常に高いと思います😱




スポンサーリンク

『空気感染』のリスクを減らす!空気洗浄機を紹介!

コロナウイルスの影響で今年は『空気清浄機』の売り上げが著しく伸びているそうです🤩

これまではコロナウイルスは『空気感染』はしないとされていましたが

コロナが『空気感染』するのであれば新たな対策や感染リスクを減らさなければいけません💦

彼女がコロナの疑いで自宅療養していた時は僕が様々なサポートをしていましたが

僕は感染していません👀

完全武装(マスク、サングラス)でうがい・手洗いを徹底したのも大きいと思いますが

何より『別々の家に住んでいる』という事が感染リスクを減らしたと思います。

もし家族で1つの家やマンション、アパートに住んでいる場合、

家族の誰かが感染した場合は自宅で看病する必要があります。

これは非常に感染リスクが高くなります。


家族が感染しないのが一番ですが、万が一感染した場合は入院も簡単には出来ないので

自宅療養を強いられることになります。

このことから見ても『空気清浄機』や『感染リスクを減らすアイテム』は

これから益々必要とされるようになる
でしょう👀

そしてマスクやトイレットペーパーが一時期、品薄になったように

『空気清浄機』や『感染リスクを減らすアイテム』が品薄になる可能性

があります💦

なので手に入る内に、購入しておいた方が良いでしょうね😅

超人気空気清浄機!パナソニック/ジアイーノ F-MV2100

パナソニックのジアイーノはアマゾンレビューでも

非常に高評価で更に多くのユーチューバーが動画で紹介しています🤩

医療の現場や介護施設などで使われる本格的な空気清浄機を

性能はそのままで家庭用で使えるという優れものです✨

YouTubeにパナソニック公式のジアイーノ F-MV2100の商品紹介の動画が

あったので貼っておきます!


ジアイーノはウイルス対策はもちろんのこと脱臭効果が非常に優れている空気清浄機で

生活空間を快適にしてくれること間違いなしですね✨

biken/レンタル空気清浄機

ジアイーノは非常に性能が良くて最高峰の空気清浄機ですがお値段はやや高めですよね💦

予算的に厳しいという方は『レンタル空気清浄機のサービスを利用』するという手があります🤩

bikenという会社が行っているサービスで非常にリーズナブルな価格で

空気清浄機がレンタルできます!

一ヶ月約2000円ほどからレンタルできるので、非常にお得ですね😭

画像:bikenホームページより引用

画像:bikenホームページより引用

スポンサーリンク

最後に

コロナウイルスの空気感染の可能性と変異コロナについて書きましたが

これはマジで恐いですよね💦

変異コロナのGH型のようなコロナウイルスが更に変異をする可能性もあると思います😨

これからのコロナ時代で最も重要なのは『健康な体』です。

コロナに感染すると軽症であっても全身倦怠感や動くだけで熱が上がるというような

症状に見舞われます。

こうなってしまっては『在宅ワーク』や『新たな知識やスキルを身につける為の勉強』なども

できなくなります💦

コロナ時代を生き抜くには健康体が何よりも大事になってきます!

なので感染リスクを減らす為の対策はしっかりと行い

コロナ時代でも戦えるようにすべきだと思いますね🤩


コロナ関連で新たなニュースや進展があり次第すぐに

記事にしますのでブクマもよろしくデス🤘

それではまた〆(・∀・@)

スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事