ピックアップ
コロナ闘病記!彼女の3ヶ月間の闘病生活について書きます!
スポンサーリンク

元々この『コロナッシングラボ』というサイトを作ったきっかけは

彼女がコロナウイルスに感染した可能性があり、

それがきっかけで作りました👀

先月の末頃、彼女は仕事に復帰することが出来ました🤘

この3ヶ月間、幾度となく最悪の自体が頭をよぎりましたが

無事回復してくれて良かったなと思っています🤩

今回は過去に書いたことと重複する部分もありますが

3ヶ月間の闘病生活について書いていきます。

今日も東京で100人以上の新規感染者が確認されており、

コロナは依然として猛威を奮っています。

コロナウイルスに感染すると、地獄のような生活が待っています。

この記事を見た人がコロナウイルスに対して改めて危機感を持つキッカケになればと

思います😷

スポンサーリンク

3ヶ月前に突如異変が?!

三ヶ月前のある日、体調が悪くて会社を早退したと突如彼女からの電話がありました👀

その時は特に気にしてませんでしたが、次の日もまた次の日も早退することになり

その時『もしかしてコロナ?』と思いましたね🤢

そしてそれから出勤が出来ないぐらい体調が悪くなり長期休暇を取ることになりました。

闘病生活の始まりです。

初期症状!


  • 37度弱の熱

  • 結膜炎

  • 関節痛


  • 下痢

  • 全身倦怠感




これらが初期の主な症状です👀

この後から咳なども出るようになりました。

そして僕も彼女もこれはコロナウイルスに感染した可能性が

高いと感じた症状が現れました😨

スポンサーリンク

味覚障害の症状があらわれた!

会社を休んでから1週間後ぐらいに味覚障害の症状があらわれたのです🤢

醤油などの濃い味も分からないような状態になってしまいましたね💦

この味覚障害は、コロナ以外でも発症しますが

タイミングやその他の症状から見て、これは恐らくコロナだろうと

二人とも確信しました。


味覚障害はそれから2週間ぐらいで改善はしましたが

発熱や倦怠感の症状は依然として続きましたね👅

スポンサーリンク

病院、保健所、対策センターに連絡すると...

当然、これだけ体調不良が続くので病院に行くという選択をしたんです。

最初、症状を伝えた上で、受診したいということを電話で伝えると

昼休みに時間を指定されました👀

他の患者さんが居ない時間帯です。

医師は、自宅療養で様子を見るようにとだけでしたねw

これは現時点でもそうですが『コロナウイルス』の特効薬がないので

基本医師は『自宅療養して下さい』としか言えないんです😨

しかし会社側からは『コロナなのか?』『コロナではないのか?』

ちゃんと診てもらえということを言われるんです💦

なので病院に再度電話すると、『ウチでは診れない』というようなニュアンスで

門前払いされました😤


なので今度は保健所に連絡すると『病院に行け』と言われる。

更に、福岡のコロナ対策相談センターに連絡するも

『病院』か『保健所』に連絡して下さい。

このように『たらい回し』にされて、

しばらく打つ手なしの状態が続くんです
💦

なお、僕も福岡のコロナ対策相談センターに連絡して

オペレーターの方と色々話ました👀

その内容を別記事にて、詳しく書いてますので

記事の最後に貼っておきます!

ぜひ、ご覧ください🤩

僕が行ったサポートとは

コロナ感染者の多くが、自宅療養を余儀なくされますが

これが本当に難しいんです💦

コロナ感染者は全身倦怠感や少し動くだけで息切れをする為に

自分一人で買い出しに行くのが困難になります。


何より、コロナ感染の疑いがある人間が外を歩くと

他人に感染させてしまう可能性もあります💦

その為、食事の買い出しや洗濯などは、僕がやっていました👀

なので、僕自身も感染するリスクはかなりありましたねw

(他人だったら、絶対にやりたくないですw)

僕も覚悟の上でやっていましたが、

できるだけ感染リスクを減らす為に、マスク、サングラスを着用して

用事を済ましたら直ぐに部屋を立ち去る。

そして家に帰ったら、うがいや手洗いを十分に行う。

というような方法でサポートしていました👀

そして僕が一番重視していたサポートが電話なんです。

この電話を毎日する理由は事項で書いていきます✍️

コロナ感染者はコロナ鬱になる!

自宅療養が続くと、『コロナ鬱』の問題が出てきます。

コロナ感染者は1日の内のほとんどを布団の上で過ごす事になり、

これが長く続くと心が弱ってくるのです。


僕は、このコロナ鬱を何とか回避させる方法として

毎日、電話をしました📲

これは、非常に効果があったと思っています。

他愛のない話で『笑う』ということがコロナ鬱を防ぐ為の

唯一の特効薬なんです
🤘

これが、天涯孤独の状態でコロナに感染してしまうと

非常に危険です💦

もし家族や友人、恋人がコロナに感染してしまった場合は

電話やメール、LINEなどで勇気付けてあげて欲しいです。

気力がなくなると、コロナとはとても戦えないので😨

ようやく彼女を診てくれる病院が見つかる!

闘病生活が一ヶ月経ったぐらいに、ようやく彼女を診てくれる病院が見つかりました🤩

病院名などは伏せますが、僕はこの病院の先生に感謝しています。

この時期にコロナの疑いがある人間を診てくれる病院は皆無に等しかったのですが

この病院は快く診察してくれました💡

初めての受診の時に、血液検査を行いました。

血液検査の結果、特に異常は見つかりませんでしたが

症状からみるに、医師はコロナの疑いを持っていました。

それを見極める為に抗生物質を出したんだと思います💊

抗生物質を飲み続けましたが、やはり症状は良くならなかったんです💦

この間も会社から 『PCR検査』を受けろというプレッシャーがかけられていました。

この時期にPCR検査を受けるのは本当に無理ゲーだったんです👀

しかし僕は、福岡市のコロナ対策相談センターのオペレーターの方に

PCR検査を受ける為の方法を教えて貰っていたので

その方法でPCR検査に漕ぎ着けるように彼女に言いました👀

この方法についても別記事にて書いてます!

PCR検査を受けれたが....

2度目の診察で医師から保健所に電話をして貰い、

何とかPCR検査が受けれたのです。

PCR検査が受けれたのは闘病生活が始まって約40日後です💦

PCR検査の結果は陰性でした。

コロナウイルスは感染した1週目が最も活発化しており、

彼女のように40日も経過していると検出が非常に難しいのです。

(SARSの場合、人間の鼻腔の温度がウイルスにとって最も適した温度となっていて

PCR検査でこの鼻腔周辺を検査するのはこれが理由です。)

これにより、コロナである証明が出来ずに会社に出社しなければならなく

なりました。

しかしその時点では到底仕事ができるような状態ではなく

毎日、上司に体温や症状を報告するという条件で

更に休暇を貰うことが出来たのです。

総合病院で診て貰う!

PCR検査後、もう一度病院に行きました🏥(保健所に電話してくれた病院)

検査結果は陰性でしたが、症状は依然としてあるので💦

しかしそこの病院の医師もお手上げ状態で、

福岡市の総合病院の紹介状を書いて貰いました👀

そして総合病院に行くといきなり個室で待つように指示されますw

まぁ、これは仕方ないですよねw

そして検査の結果やはり、原因が分からなかったのです😷

しかし医師は『恐らくコロナウイルス』だと言いました。 他のウイルスなら抗生物質が効くはずで、 ウイルス関連ではない他の病気なら検査で異常が見つかるはずだという理由です。 そして総合病院の医師が彼女のような症状を訴えて受診する患者が 大勢いると話ていました💦

このことから陽性が出ない陰性のコロナ感染者が報道されてないだけで

かなりの人数がいるということになります!

この話を聞いて、僕は緊急事態宣言解除後もマスクの着用、うがい・手洗いを徹底して

やるようにしています。

コロナはまだ終わってはいないですからね🥶

コロナの後遺症!

最近になってコロナウイルスは後遺症が残ることが分っています💦

新型コロナウイルスの感染者をめぐっては、陰性になって退院したあとも、数か月にわたって発熱やけん怠感が続いたり、呼吸機能や運動能力の低下で日常生活に支障が出たりする人が多くいることが国内外で明らかになっています。

コロナ感染者の内どのぐらいの割合で後遺症が残るのかはまだ詳しくは分かってませんが

後遺症が残るのは確かなようです。

彼女も今は職場復帰していますが、完璧に治ったという訳ではありません👀

微熱はずっと続いています。

このようにコロナに感染することで、症状が永久に続くというリスクがあります。

ウイルスでは後遺症が出るタイプのウイルスがいくつかありますが

コロナウイルスも後遺症が残るタイプのウイルスである可能性が非常に高いので

感染することが如何に恐ろしいかが分かると思います。

三ヶ月ぶりに以前の生活に戻った🤩

最近はようやく一緒に食事をしたり、映画や動画を観たりできるようになりました🤘

もう2度とこのように過ごす事がないかもしれないと思っていましたが

何とか、以前の生活を取り戻しつつあります💡

そしてコロナ感染によって、健康の有り難さを僕と彼女は実感しています。

そしてこれからの時代の生き方や働き方などについても

話す事が多くなりましたね!

この記事内で書いているような事が、

これから誰にでも起こる可能性があります。

東京を中心にまた感染拡大しているように

油断していると、すぐにコロナは蔓延してしまいます。

これ以上、新規感染者が増え続けると

再度『緊急事態宣言』が発令される可能性もあります。

マスクの着用・うがい・手洗いなどの感染リスクを少しでも減らす為の

自己防衛に努めましょう🤩

それではまた!

新着記事
スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事