ピックアップ
世界のヤバい都市伝説30連発!ワールドクラスの都市伝説を堪能せよ!
スポンサーリンク

今回の記事はなんと!?

記念すべき100記事目となります🤩

100記事を記念して『世界の都市伝説30選』という内容でお届けしますよ〜ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

有名な都市伝説〜マニアックな都市伝説まで大ボリュームでお送りします!

都市伝説が好きな人には堪らない内容になるでしょうw

それでは『世界のヤバイ都市伝説30選!』をお楽しみください〆(・∀・@)

(参考文献:世界の都市伝説大百科)



スポンサーリンク

少女の霊が取り憑いた呪われた人形『アナベル人形』

画像:世界の都市伝説大百科

アメリカに広く伝わる人形の都市伝説。

1970年代、ドナという女の子が母親から赤い紙の人形をもらった。

しかしその人形は置き場所が勝手に変わったり、謎のメッセージが書かれた紙が家のあちこちで見つかったりするなど異様なことが起きた。

そこで霊媒師に相談すると理由は不明だが、『7歳で亡くなったアナベルと言う少女の霊が取り憑いている』と言う。

その後もドナは悪夢を見たり、爪や刃物など鋭いものでひっかかれたりするような現象が起きた。

現在アナベル人形はアメリカの博物館に預けられて展示されているのですが、ガラスケースには『触るな!』と書かれた張り紙が貼ってある。

その理由はガラスケースを叩いた男性が事故で亡くなるなど、アナベルの呪いは今も消えてないからです。

アナベル人形の調査レポート
アナベルが取り憑いたのはアメリカで100年以上も愛され続けている『ラガディ・アン』という女の子の人形で
赤い毛糸の髪と三角の鼻が特徴、可愛らしい見た目をしている。

スポンサーリンク

ウサギの着ぐるみを着た怪人『バニー・マン』

画像:世界の都市伝説大百科



うさぎの着ぐるみをまとった怪人でハロウィンの時期になると手に斧を持ったバニーマンが子供たちを襲いにやってくるというアメリカのバージニア州を中心に噂されている都市伝説。

1900年代の伝説によると、この地域でウサギが大量に殺されて木に吊るされるという事件が起きた...

この事件をきっかけに、バニー・マンの伝説が生まれたと言う説がある。

本格的にバニーマンの噂が広まったのは1970年代でハロウィンの夜に橋の下のトンネル内で子供たちが殺され、橋に吊るされるという凄惨な事件が起きた。

この橋は、いつしか『バニー・マン・ブリッジ』と呼ばれるようになり、その場所で『バニー・マン』と3回唱えるとバニーマンが本当にやってくるという噂もある。

バニー・マンの調査レポート
バニーマンによる被害を出さないため、ハロウィンの時期になるとバニー・マン・ブリッジ周辺を、警察がパトロールしてるという。
バニーマンの伝説は、2016年にホラー映画にもなった。

スポンサーリンク

手足が異様に細長い怪人『スレンダーマン』

画像:世界の都市伝説大百科

スレンダーマンはかなり有名な都市伝説ですよね👀

スレンダーマンはインターネットを中心に広まった都市伝説で

異様に手足が細長く超ガリガリなので『スレンダーマン』と呼ばれるように。


いつも無表情で、黒いスーツを着ている不気味な怪人で突然現れ、子供たちを見つけるとしつこく追いかけ回して、どこかへ連れ去ってしまうと言われている。

2009年頃、インターネット上にスレンダーマンが写った1枚の写真がアップされたことで、世界中で知られるように。

その後、写真は作り物だという説が出て噂は落ち着いたように思われましたが、スレンダーマンを見たと言う子供たちは後を絶たないそうデス。

スレンダーマンの調査レポート
インターネットに初めて写真が投稿されたのは2009年。その後、スレンダーマンを見たと言う情報が次々と投稿された。
有名になったことで、2018年にはスレンダーマンが出てくる映画も作られた。

緑色の怪人『グリーンレディ』

画像:世界の都市伝説大百科

グリーンレディーと呼ばれる、全身緑色の女の怪人にまつわる都市伝説。

ハワイ・オアフ島の植物園に現れるグリーンレディーは子供が1人で歩いていると、どこからともなく現れては子供を連れ去っていくという。

植物園を歩いていて、植物が腐ったようなにおいが漂ってきたら、グリーンレディーがすぐそばにいるといわれているのですがグリーンレディには悲しい伝説があります👀

昔、この植物園に遊びに来た母親が子供といたが、目を離した隙に子供がいなくなってしまう。

子供を失った悲しみを抱えたまま母親は亡くなってしまい

やがてその地を彷徨うようになった彼女は『グリーンレディ』と呼ばれるようになった。


今でも植物園の中を彷徨い、自分の子供を探し続けると言われている。

グリーンレディの調査レポート
ハワイでは『OBAKE(おばけ)』いう言葉があるほど日本の幽霊・妖怪文化が広まっている。
同じ緑色の肌と言う共通点から、グリーンレディーと日本のカッパが結びつき、
グリーンレディーはカッパに近い妖怪だという人もいる。

真っ黒な目の少年『ブラックアイドキッズ』

画像:世界の都市伝説大百科

アメリカで目撃されている奇妙な子供たちの都市伝説。

目撃者によれば、玄関をノックする音が聞こえてのぞき穴から見てみると、玄関の前に子供たちが立っていた。

彼らは『家に入れてくれ』と言ってきたが、断るとドアをさらに強く叩き始めたという。

彼らの顔をよく見てみると、白目がなく、真っ黒な目をしていた...

似たような話がアメリカでたくさん報告されており、駐車場で車を止めていると、突然見知らぬ子供たちが窓ガラスを叩いてきて、『車に乗せてくれ』と言ってきた.

やはりこの時も少年たちの目は真っ黒だった。

ブラックアイドキッズは攻撃してくる事は無いそうですが、不気味な見た目から目撃者を恐れさせているようです。

ブラックアイドキッズの調査レポート
アメリカでは真っ黒な女の子供たちは、邪悪な存在である悪魔の化身だと思われている。
そのため、彼らを中に入れてしまうと悪魔に洗脳されてしまうと信じられている。

新着記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事