ピックアップ
人間の頭蓋骨で作られた悪魔的な楽器『リラ』(メトロポリタン美術館)
スポンサーリンク

世の中には様々な楽器が存在し特に民族楽器などは非常に個性的な見た目をしているのが特徴です🤩

しか〜し!

今回紹介する楽器は個性的過ぎるかもしれませんw


この楽器は人間の頭蓋骨で作られている楽器で名前はリラ(ライア、ライアー、リュラとも呼ばれる)

一体どんな見た目なのか?

早速見てみましょう〆(・∀・@)

スポンサーリンク

悪魔的だが芸術性を感じる楽器『リラ』

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/501834

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/501834

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/501834

この見た目ヤバいですよねw

こちらのリラはメトロポリタン美術館にて展示されているのですが

メトロポリタン美術館のサイトにリラの説明が載っていたので紹介ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

この珍しい楽器は19世紀末に購入されたもので、1906年に目録が作成された際には、当初は南米から来たものと考えられていたが、最終的には中央アフリカのものと再認識された。 1906年にカタログ化された際には、当初は南アメリカのものと考えられていたが、最終的には中央アフリカのものと再分類された。 象徴的または秘密の儀式用に作られたのではないかという説もあるが、おそらく19世紀にヨーロッパ人との貿易と利益のために、賢い先住民の起業家が作ったセンセーショナルなアイテムではないだろうか。

そしてリラの大きさですが大きさは縦 36.5センチメートル、横 14センチメートル、幅 13センチメートルとなっているようです〆(・∀・@)

スポンサーリンク

リラを発明した神!『ヘルメース』

ヘルメース:Wikipedia

ギリシャ神話では『リラ』を発明したのはヘルメースという若き神とされています👀

ヘルメースは大亀の甲羅を動物の皮革とアンテロープ(牛科の動物)の角で覆った。

この楽器の実際の起源としては、南欧、西アジア、北アフリカの各地が挙げられているようです〆(・∀・@)

スポンサーリンク

メトロポリタン美術館にあるその他の展示物を紹介!

ここからはメトロポリタン美術館にある個性的な展示物をいくつかピックアップしていきたいと思います🤩

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/312453

宇宙人のようなフィギュアなんですが個人的にはめっちゃ刺さりますねw

このセンスはマジで良いと思うw

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/501157


こちらもリラです!

人間の頭蓋骨バージョンに比べるとアンテロープの角がかなり長くなっていますね〆(・∀・@)

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/310417

こちらフェイスマスクだそうですが、キン肉マンに出てくるラーメンマンにしか見えないw

そして一見、角のように見えるのは髪の毛で伝統的な髪型をフェイスマスクで表現しているのが評価されているみたいですよ〆(・∀・@)



metmuseumhttps://www.metmuseum.org/art/collection/search/310790

ラーメンマンに続いてアシュラマン似の置物ですがw

アフリカ西部のローンゴ海岸のお土産で象牙で作られているようです👀

メトロポリタン美術館によると外国の海商人に雇われていた労働者を表しているとのことです(⊙_⊙')

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/320053

神秘的な力を宿す為に考案された彫り物でコンゴの彫刻家や儀式の専門家が共同で制作されたものです👀

この彫り物をみた瞬間、恐らく拷問されている人を表現しているのかと思ったのですがw

逆でコミュニティ内での中心人物をモデルとしているようです😅

metmuseum:https://www.metmuseum.org/art/collection/search/326623

古代の近東社会では動物の頭を持つ酒器が重宝されていました👀

このようなエキゾチックな酒器は高級品としてギリシャ世界に浸透していったようです〆(・∀・@)

この他にも数多くの展示物がメトロポリタン美術館のサイトから観れるので興味のある方はぜひチェックしてみて下さい🤩

新着記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事