ピックアップ
【激ヤバ】日本で凶悪事件を起こした5人の女死刑囚&事件の概要を紹介!
スポンサーリンク

凶悪事件を起こし死刑判決を受けた死刑囚といえば、多くの人が男性をイメージすることでしょう(⊙_⊙')

確かに比率としては男性の方が多いのですが、中には凶悪犯罪を起こし死刑囚となった女性も存在します。

そこでこの記事では


SHIN
『日本で凶悪事件を起こして確定死刑囚となった5人の女死刑囚&事件の概要を紹介( ´=ิ◞︎౪◟︎=ิ`)』
   

していきます。

それでは男性とはまた違う、女性の恐ろしさを一緒に見ていくとしましょう...

スポンサーリンク

【宮崎智子】富山・長野連続女性誘拐殺人事件

宮崎智子
画像:マトリョーシカ

1980年2月23日19時15分頃、富山県八尾町の高校3年生だった長岡陽子さん(当時18歳)が帰宅途中に富山駅付近で失踪。

陽子さんは24日朝と25日の昼に母親に

長岡陽子さん
『女の人にアルバイトしないかと誘われて、会社の事務所に泊めてもらった』
   

と電話をかけていましたが、その後消息を断ち、3月6日、岐阜県古川町(現在の飛騨市古川町)の山中で絞○死○となって発見されます。


寺沢由美子さん

また陽子さんが発見される前日の3月5日の18時30分頃、長野市の長野信用金庫職員、寺沢由美子さん(当時20歳)が陽子さんと同じように帰宅途中に行方不明となっていました。

そして翌6日〜7日にかけて、由美子さんの自宅に女の声で身代金3千万を要求する電話が7回かかってきますが、結局、金の受け渡し場所に指定された群馬県高崎駅前の喫茶店に犯人が現れることはなかったのです(⊙_⊙')

宮崎智子ともう一人の容疑者『北野宏』

北野宏

  • 長野
  • 富山
  • 岐阜

の3県警による捜査本部は陽子さんが出入りしていた贈答品販売会社『北陸企画』を経営する宮崎智子(当時34歳)と、彼女の愛人で共同経営者だった北野宏(当時28歳)の2人を被疑者として追及。

宮崎と北野が赤いフェアレディZで富山駅付近と陽子さんの死○発見現場の経路上にあるドライブインに来店したことや、由美子さんが消息を経ってから、頻繁に長野市を訪れた他、3月7日に2人が身代金の受け渡し場所に出没していたことも判明。

さらに身代金の要求した電話の人物と宮崎の声紋が一致したことで、捜査本部は2人を誘拐犯と断定し、3月27日に公開捜査に踏み切り、3日後の3月30日に宮崎智子と北野宏は逮捕されました(⊙_⊙')

北野は警察に連行される際、報道陣に対して



北野宏
『私は関係ありません』
   

と訴えましたが、その後、宮崎が被害者2人の殺○を自供。

そして4月2日、長野県小県郡青木村の山中で由美子さんの絞○死○が発見される...

宮崎智子に死刑判決が下る!しかし北野は...

長岡陽子さん

警察庁は両事件を広域111号事件に指定し、宮崎と北野は

  • 身代金目的誘拐
  • 身代金要求
  • 殺○
  • 死○遺棄

の罪で共謀共同正犯として起訴されます。

当初、検察は宮崎が誘拐、北野が殺○実行犯で、死○遺棄は両被告が果たしたという見立てをしていました。




が!!!

捜査段階から事件との関係を否定していた北野は公判でも無罪を主張し、初公判から4年半後の1985年3月に検察は宮崎被告を

  • 身代金目的誘拐
  • 身代金要求
  • 殺○
  • 死○遺棄

の実行犯とする異例の冒頭陳述変更を行い、その結果、宮崎智子には死刑判決が下りますが、北野宏は無罪となったんです!

(裁判官は両事件とも宮崎被告による単独犯行と認定)

この決定を不服とした検察・弁護側ともに控訴しますが、高裁の判決は控訴棄却。

宮崎被告は上告したものの、検察側が上告しなかったため、1992年3月に北野宏の無罪が正式に確定。

その後、最高裁が宮崎被告の上告を棄却し、死刑が確定。

収監された宮崎智子は現在も再審開始を求めていますが、2020年12月に富山地裁が第5次再審請求を棄却しています_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

【石川恵子】宮崎2女性殺人事件

石川恵子

1996年8月29日、宮崎市に住んでいた石川恵子(当時39歳)はゴルフ仲間の日野静子さん(当時55歳)を

石川恵子
『あなたの勤務先の社長が急病で入院した』
   

と騙して自分の車に乗せ、睡眠薬を混ぜたコーヒーを飲ませて眠らせた後に同県西都市の畑近くで車を停め、車内で首をロープで締○て殺○。

その後、日野さんのバッグを奪い、遺○をビニールシートで包んで畑に埋めた...

犯行の翌日、石川は日野さんになりすまして、鍵屋を呼び、部屋のドアを開けると、ゴルフバッグや貴金属を盗み、それと同時に日野さんの勤務先に彼女を装って電話し社長に

石川恵子
『県外で無事に生活している』
   

と言って、事件発覚を遅らせるための工作を施したのです(⊙_⊙')

2人目の被害者

石川恵子
画像:マトリョーシカ

石川の犯行の動機は金銭目的で、彼女は父親が経営する工務店や親類のモーテルの経理を担当していましたが、経営が悪化し資金繰りに窮したことで犯行に及んだのです。

1件目の事件で思うように成果をあげられなかった石川は1997年6月13日に、同じくゴルフ仲間で宮崎市在住の薬剤師、古相洋子(当時63歳)に

石川恵子
『お金を貸して欲しい』
   

と頼みます、が....

これを断られたうえ、当時、石川が妻子ある男性と不倫関係にあることを咎められたため、日野さんの時と同様に睡眠薬を飲ませてから両手で首を締めて絞○。

この犯行でも石川は偽装工作を施しており、男性の犯行に見せかけるために奪った鍵で古相さんの部屋に侵入してタ○コの吸い殻や使用済みコ○ドームを部屋に置いています。

(また、部屋からキャッシュカードの暗証番号のメモを見つけた石川はJR宮崎駅構内のATMから合計200万円を引き出している)

防犯カメラの映像が逮捕のつながる!

防犯カメラが捉えた石川の映像

古相さんの親族から捜索願いを受けていた宮崎県警は、防犯カメラに金を引き出す女性の姿が映っていたことから、似顔絵と映像を公開。

その映像を見た人から寄せられた情報によって、11月10日に石川を窃盗容疑で逮捕し、12月1日に

  • 殺○
  • 死体遺棄

容疑で再逮捕。

さらに石川は古相さんの事件も自白し、供述した通りの場所から古相さんの白骨○体が発見されたため、1998年1月9日、強盗殺人と死体遺棄容疑で再逮捕しています(⊙_⊙')

石川恵子の裁判と現在

石川恵子が獄中で書いた写経
画像:マトリョーシカ

裁判では石川被告の精神状態が争点となり、弁護側は

弁護側
『石川被告は殺○時、精神分裂症で心神耗弱状態にあり、責任能力は限定される』
   

と主張しましたが、宮崎地裁は

宮崎地裁
『殺○に使用する道具を準備し、発覚を防ぐためにアリバイ工作をするなど、目的達成のため狡猾に行動しており、精神分裂症とは認められない』
   

として死刑を宣告。

高裁、最高裁も一審判決を支持し、石川被告は戦後9人目の確定女性死刑囚となっています。

2023年5月現在も、刑の執行はされておらず、また『むずむず脚症候群』という病気を発症して闘病中とのことです_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

【林真須澄】和歌山毒物カレー事件

林真澄美(1998年撮影)
画像:日刊ゲンダイDIGITAL

SHIN
『この事件の犯人は別にいるという説もあるので気になる人は調べてみてちょうだい(ΦωΦ)フフフ・・』
   

これは1998年7月25日、和歌山県園部地区の夏祭りで出されたカレーライスを食べた未成年30人を含む合計67人が腹痛や吐き気を訴えて病院へ搬送され、このうち4人が死亡するという非常に有名な事件ですね(⊙_⊙')

和歌山県警は当初、集団食中毒を疑いましたが、被害者の吐瀉物(としゃぶつ)や容器に残っていたカレーからヒ素が検出されたことから、何者かが毒物を混入した無差別殺○と断定。

事件から3ヶ月後の10月4日、夏祭りに参加していた元保険外交員で主婦の林真澄美(当時37歳)と夫の林健治を別の詐欺事件及び同未遂容疑で逮捕し、同年末の12月9日に、林真澄美容疑者をカレー鍋にヒ素を混入した殺○未遂の容疑で再逮捕したのです。

警察が林真澄に目をつけた理由


林真澄美と林健治
画像:Asageiplus

警察が林真澄美を事件の犯人と断定した理由は

主な理由
  • カレーに混入されたものと特徴を同じくする亜ヒ素が彼女の自宅で発見された
  • 頭髪から(林真澄美の)検出された高濃度のヒ素の付着状況から亜ヒ素を取り扱っていたことが推認できる
  • 夏祭り当日、林真澄美だけがカレー鍋にヒ素を入れる機会を有していた
  • その際にカレー鍋の蓋を開けるなどの不審な挙動が目撃されている
 
 

などです(⊙_⊙')

また林容疑者がカレー毒物混入事件発生の1年5ヶ月前の1997年2月〜1998年3月まで合計4回にわたって保険金目的でターゲットの食べ物にヒ素を混入し、保険金を得ていることも犯人と断定した大きな理由となっています。

裁判、そして現在も無罪を主張し続ける林真澄美

林真澄美

逮捕当時から死刑判決が下る一審判決まで林容疑者は黙秘を貫いていましたが、控訴審で初めて口を開き

林真澄美
『カレー鍋の見張り中、ずっと次女と一緒だった』
   

と供述し、さらに

林真澄美
『当日、黒いTシャツを着ていたという目撃者の証言は誤り、それに無差別殺○を働く経済的利益、動機が全くない』
   

と主張しますが、高裁は判決公判で

高裁
『被告は自分に都合よく事実の前後関係を意図的に操作したり、事実そのものを捏造したとしか考えられない。』
   
高裁
『被告がカレー事件の犯人であることに疑いはない』
   

と控訴を棄却。

最高裁も

最高裁
『動機が解明されていないことは、被告が犯人との認定を左右しない』
   

と述べたうえで

最高裁
『殺○された4人は何ら落ち度がないのに楽しいはずの夏祭りの最中で突如前途を絶たれ、無念さは察するに余りある。』
   
最高裁
『後遺症に苦しんでいる者もおり結果は誠に重大。被告のために酌むべき事情を最大限考慮しても死刑を是認せざるをえない』
   

と上告を棄却し、死刑が確定します(⊙_⊙')

林死刑囚と弁護側は無罪を訴え裁判のやり直しを求めますが、第一次再審請求は2017年3月、和歌山地裁が棄却。

林死刑囚は即時抗告しますが、大阪高裁が2020年3月に棄却。

その後、最高裁に行った特別抗告は2021年6月に林死刑囚側が取り下げており、現在は第二次再審請求受理の段階にあります_φ( ̄ー ̄ )


【筧 千佐子】関西青酸連続死事件

筧 千佐子
画像:CNN .co.jp

福岡県の名門高校を卒業して、大手銀行に就職した筧 千佐子は1969年に結婚した夫と大阪府貝塚市で暮らし、プリント工場を営んでいましたが次第に経営が傾き、さらに1994年に夫が急死。

その後、親戚・知人から借金を重ねるも、最終的には数千万円の負債を抱え、会社は2003年に倒産。

以後、金銭搾取目的で千佐子は結婚相談所に通い始めます(⊙_⊙')

結婚相談所で知り合った男性たちに青酸を飲ませるケース①

筧 千佐子
画像:京都新聞

最初の犯行は2005年夏。

結婚相談所で知り合った神戸市の男性から投資名目で4千万円を受け取り、返済約束日の2007年12月18日に男性に青酸を飲○せます。

その結果、1年半後の2009年5月5日に男性は悪性リンパ腫によって79歳で亡くなり、警察は事件性はないと判断し検死は行わなかったんです。

ケース②

筧 千佐子
画像:zakzak by 夕刊フジ

2010年秋、結婚相談所で知り合った大阪府貝塚市の男性と内縁関係となったうえで、千佐子は

『死亡の際には全財産を遺贈する』

という公正証書を作成し、2012年3月9日、貝塚市の喫茶店で男性(当時71歳)に青酸を飲○せると、その直後に男性は泉佐野市の路上でバイクの運転中に精算中毒で倒れて死亡。


(千佐子は1700万円以上の遺産を得る)

ケース③&④

筧 千佐子
画像:デイリー新潮

2013年9月20日、結婚相談所で知り合った兵庫県伊丹市の男性(当時75歳)と内縁関係になったに同市のレストランでやはり青酸を飲○せて殺○し、1500万円以上の遺産を得ています。

さらに同年12月28日に、結婚相談所で知り合い結婚した京都府日向市の男性を自宅で青酸を飲○せ殺○します、が...

ココで千佐子の悪運も尽きてしまいます(⊙_⊙')


千佐子は男性名義の数千万円の預金を引き出そうとしましたが、京都市内の信用金庫は、男性の死について捜査が進められていることを理由に支払いを拒否。

これをきっかけに一連の犯行が明るみになり、京都府警は2014年11月19日に筧千佐子を逮捕(当時67歳)。

取り調べで千佐子は他の4件の殺○を自供しますが、京都地検は3件の殺○と1件の殺○未遂罪で京都地裁に起訴しました。

裁判長『極刑を選択せざるをえない』

公判では認知症を抱える筧被告の

  • 責任能力・訴訟能力
  • 被告人の供述以外の直接証拠の乏しさ

などが主な争点となり、検察側は

検察側
『被告による遺産を狙った犯行であることは明らか』
   

と主張し、

弁護側
『事件直前のことも事件のことも記憶はなく、事件当時も物事の善悪を判断し、判断に従って自分をコントロールできない状態であった』
   

と反論。

筧容疑者本人は最終意見陳述で

筧千佐子
『全て弁護士に任せており、私から言うことはありません』
   

と述べました(⊙_⊙')

全38回の審理を経て、裁判所が出した結論は

死刑

裁判長は

裁判長
『事件では計画的に行動しており、当時は認知症ではなく完全責任能力があった』
   

と弁護側の主張を退けたうえで

裁判長
『被害者らが信頼していたことを利用し、青酸化合物をカプセルに入れて健康食品などと偽って服用させた。』
   
裁判長
『金銭欲のために人命を軽視した非常に悪質な犯行で結果は重大。極刑を選択せざるをえない』
   

と判決理由を述べました。

その後、控訴、上告が棄却され死刑が確定し、筧死刑囚は現在も大阪拘置所に収監されています_φ( ̄ー ̄ )

【木嶋佳苗】首都圏連続不審死事件

木嶋佳苗

木嶋佳苗は2008年5月から自身を大学生やヘルパーと偽って自己紹介してネットの婚活サイトを利用し、20人以上の独身男性と結婚を約束したうえで『学費』『生活費』などの口実で多額の金を受け取っていました(⊙_⊙')

SHIN
『この見た目でなぜそんなにモテるんだろうw』
   

後の木嶋の証言によると

木嶋佳苗
『19歳で初めて愛人契約を男性と結び、性の奥義を極めたと思うに至り、男性から報酬を受け取るのは正当で当然と思うようになった。金銭を騙し取る罪悪感もなかった』
   

とのことですが

SHIN
『これを聞いて木嶋をしばきたくなったのはワイだけではないハズ(ΦωΦ)フフフ・・』  
   

木嶋が犯したとされる事件

木嶋佳苗
画像:DIAMOND onlone

2007年8月
千葉県松戸市の自営業の男性(当時70歳)が自宅の風呂場で不審な死を遂げる。(木嶋に貢いだ金額は7400万円)
 
2009年1月30日〜31日
東京都青梅市の会社員男性(当時53歳)が一酸化炭素中毒で死亡。死亡直前に男性の口座から木嶋の口座に1700万円が振り込まれていた。
 
2009年5月15日
千葉県野田市の男性(当時80歳)の自宅が火事になり、男性は一酸化炭素中毒で死亡。和室には練炭数個が置かれていた。男性はの父親は著名な画家で、木嶋は絵を盗んで高額で売り捌いていた。
 
2009年8月6日
東京都千代田区の会社員の男性(当時41歳)が埼玉県富士見市の駐車場にとめたレンタカー内で一酸化炭素中毒死。木嶋は『男性に結婚する気がある』と偽り、約470万円を受け取っていた。
 

木嶋はこの他にも2008年9月〜2009年9月にかけて7人の男性から約1100万円を受け取っており、また時期は不明ですが木嶋の周辺で2人の男性が不審死を遂げています(_')

埼玉県警はこの事件のうち8件を捜査中に、木嶋に不自然な金が流れていることを突き止め、2009年9月30日に逮捕(当時34歳)し、2007年の事件を除く

  • 殺○(3件)
  • 詐欺・詐欺未遂(6件)
  • 窃盗(1件)

計10件で起訴します。

木嶋佳苗の死刑が確定する

木嶋佳苗

公判で木嶋は詐欺について

木嶋佳苗
『支援してもらったのは間違いない。ただ結婚を真剣に考えていた』
   

と主張し、殺○についても

木嶋佳苗
『殺○てない』
   

と断言し、起訴事実を全面したのです。

(実際に物的証拠は無いに等しかった)

しかし、判決公判で裁判長は

裁判長
『3件の殺○事件で現場に残された練炭と、被告が事前に用意した練炭が同じメーカーのものであることは『偶然とは考えにくい』
   

と指摘し

裁判長
『いずれも被告の犯行と推認できる』
   

と認定。

動機についても

裁判長
『結婚する意思はなく、受け取った金の返済を迫られることを恐れた。贅沢で虚飾に満ちた生活を維持するために受け取った金の返済を免れるための犯行。』
   
裁判長
『6ヶ月間で3人の尊い命を奪った結果は深刻で甚大。あまりにも身勝手で私欲的な動機であり、酌量の余地など皆無』
   

として木嶋被告に

死刑を言い渡し

ました。

その後、木嶋被告は控訴審、上告審でも無罪を訴え続けるも、主張は退けられ死刑が確定し、現在も東京拘置所に収監されています_φ( ̄ー ̄ )

   
新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事