ピックアップ
【実話】ほんのり怖い生霊の話!首を絞められる夢を見続ける原因は...
スポンサーリンク

今回は短めの記事ですが、ほんのり怖い生霊の話を紹介したいと思います(ΦωΦ)フフフ・・

これは子供の頃に母から聞かされた話で、母の友達にAさんという女性がいたのですが、Aさんはとにかく昼寝が好きな方で『昼過ぎから夕方まで寝る

というのがライフワーク化していたんですw

が!!!

そんなAさんにはある悩みがあったんです...

それは

『毎回、首を絞められる夢を見る』

というもの。

しかも、無茶苦茶苦しいんですって。

それでもAさんは昼寝を辞めることなく、毎日、毎日、昼寝をして、その度に首を絞められる夢を見続ける...

そして、ついにAさんは首を絞められる夢を見る原因を知ることになります。

その日も、Aさんは苦しさで目を覚ましたわけですが、何かに見られている気がしたので、部屋を見渡すと...

障子がほんの少〜しだけ開いており、その隙間から

姑さんがジーッと覗いていたそうです...

実はAさんと姑は反りが合わず、日常的に喧嘩を繰り返していたのです。

そのため、『寝ているAさんの首を絞めてやりたい』と強く思ったのでしょうか、姑の強い憎しみの念が生霊となり、Aさんの首を絞めていたため、首を絞められる夢を見ていた...

とでも言うのであろうか?

というお話なんですが、これ子供の頃に聞いた時はそこまで怖いと思わなかったんですが、大人になってその状況を想像したら、結構、怖いんですよw

だって、生霊とか関係なく、単純にババァが障子の隙間から自分を見ているのを想像してみてくださいよw

ほんのりどころか超怖いからw

これで、メインの話は終わりなんですけど、流石に短すぎるんで、もう1話、ほんのり怖い話をしましょう(ΦωΦ)フフフ・・

スポンサーリンク

家の車庫でヘビを轢いた隣人の話

僕が幼稚園の頃に住んでいた家の隣人にTさんというおばさんが住んでいたんです。

その日、Tさんは買い物に行くために車庫から車を発信した時に

『パーン!!!』

という何かが破裂したような音がしたため、すぐに停車して、車を降りるとなんと!?

ヘビを轢いていたんです。

Tさんは大の蛇嫌いで、大パニックになりながらもなんとか蛇の死骸を処理し、買い物に行ったわけです。

そしてその夜、Tさんは朝から蛇を轢き、パニックになったせいでもうクタクタで眠気MAX。

『さぁ、寝よう』

と、布団の中に入ろうとした瞬間『ギャー!!!!!!!!!』

Aさんは、この時、本当に心臓が止まるかと思ったと、後にウチの母に話たそうですが、布団の中には

とぐろを巻いたヘビ

がいたんです。

その後、Tさんは旦那さんに頼んで、ヘビを処理して貰ったそうですが、これだけでは終わらないんですよw

翌朝、Tさんは朝食を作るために台所へ行き、米を炊くために炊飯器を開けると...

炊飯器の中にヘビがいたそうですw

ちなみにですが、僕はTさんの隣に住んでいましたが、家の中はもちろん、庭などでもヘビを見かけることはほとんどなかったので、ヘビが多い場所ではなかったハズです。

それからAさんはヘビを轢いた車庫で『ごめんなさい』と謝り、それからは家の中にヘビが入ってくることはなかったそうです。

お・わ・り

記事のボリュームと恐怖度が物足りなかった方は、この記事をチェックすべし(ΦωΦ)フフフ・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事