ピックアップ
風邪やインフルエンザを発症させるウイルスを紹介!
スポンサーリンク

今回は風邪やインフルエンザをひき起こすウイルスについて書いていきます🤩

特に風邪は何のウイルスに感染する事で風邪をひくのかを知らない方も多いと思います👀

風邪の原因となるウイルスは複数存在しています。

少し前なら、風邪をひいてもそこまで気にならなかったのですが

今はコロナウイルスが存在しており、

体調不良になった時風邪なのか?コロナなのか?

と疑心暗鬼になると思います。


なので風邪・インフルエンザの起因となるウイルスに関しても

よく知る必要があると思います👀

それでは、風邪・インフルエンザの起因となるウイルスを見ていきましょう💡

スポンサーリンク

インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルス(Wikipedia)

感染経路飛沫感染
ワクチン成分ワクチン
潜伏期間1〜5日
大きさ直径90〜120nm

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされます🤢

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類に分けられます。

人間が感染するインフルエンザは

主にA型とB型のどちらかのインフルエンザウイルスに感染する事で

発症してしまいます😷

C型インフルエンザは主に4歳児以下の小児が感染することが多く、

症状は鼻水などの症状が中心となります。


C型インフルエンザは小児期にほとんどの人が感染し、

1度感染すると免疫がほぼ一生続くので2度罹る(かかる)事はほとんどありません。

小児期にC型インフルエンザに感染しなかった場合は、

大人になってから感染する場合があり、

症状は同じく鼻水中心になります。

 

スポンサーリンク

A型とB型インフルエンザの違いとは?

A型インフルエンザとB型インフルエンザではどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴を簡単にまとめてみました👀

A型インフルエンザの症状

  • 38度を超える高熱が出る


  • 頭痛

  • くしゃみ

  • 悪寒

  • 関節痛

  • 筋肉痛



B型インフルエンザの特徴

  • 発熱(A型のような高熱は出ない)

  • 関節痛

  • 頭痛

  • 筋肉痛



A型インフルエンザの方が症状としては辛いですね💦

(僕は数年前にA型インフルエンザになって『41.3℃』の人生最高記録の高熱が出て

マジで死ぬかと思いましたw)

B型の方は症状としてはマイルドな感じですね👀

A型インフルエンザとB型インフルエンザに同時に感染する場合もあり、

同時に感染すると症状はより重いものになり、

重症化してしまう場合もあるので注意が必要ですね💦

スポンサーリンク

パラインフルエンザウイルス

パラインフルエンザウイルス(wikipedia)

感染経路飛沫感染
ワクチン
潜伏期間2〜6日
大きさ直径120〜500

パラインフルエンザウイルスは主に急性呼吸器系の感染症を引き起こしてしまうウイルスです🦠

名前は『インフルエンザ』となっていますが、

インフルエンザとは全く違うウイルスなんですw

成人が感染した場合は、

軽症で終わることがほとんどでそれほど心配しなくて良いのですが...

小児が感染した場合は、鼻炎、気管支炎、肺炎などに至るので

侮れないウイルスです🤢

パラインフルエンザウイルスは年間を通して感染する可能性があるので

うがいや手洗いなどのケアが必要になってきますね
😷


ヒトライノウイルス

ヒトライノウイルス(感染症.com)

感染経路飛沫感染接触感染
ワクチン
潜伏期間1〜3日
大きさ直径150〜250nm

ヒトライノウイルスは風邪の原因となる代表的なウイルスです🦠

成人で年に約2〜4回、小児6〜10回ほど感染していると言われてます👀

接触感染の場合ですが、鼻水などがついた手で人に接触することで感染させてしまいます。

(色々な意味で手をちゃんと洗いましょうねw)

そしてワクチンはナッシングです😷

ヒトライノウイルスは100種類以上の血清型が存在しています。

血清型とは、ウイルスや細胞の型のことで

このように多数のパターンの型を持っているので、

ピンポイントでワクチンや特効薬が作れない
ようです👀

RSウイルス

RSウイルス(Wikipedia)

感染経路飛沫感染接触感染
ワクチン
潜伏期間4〜6日
大きさ直径150〜250

RSウイルスは人間、チンパンジー、牛などを宿主(しゅくしゅ)とし

感染症法で5類感染症に指定されているウイルスです👀

日本では11月〜1月頃に流行することが多く、

乳幼児の肺炎の50%、細気管支炎の50〜90%を RSウイルスが占めていると言われます🤧

3歳ぐらいまでにほぼ全ての小児が感染して抗体を獲得していていますが、

このRSウイルスに感染して死亡するケースも(小児が)あるので

早めに病院で診て貰い、適切な処置をする必要がありますね😷

高齢者も発病から死に至る場合があるので、同じく早めに処置してもらうべきです🤕

SARS コロナウイルス

SARS コロナウイルス(wikipedia)

感染経路飛沫感染
ワクチン
潜伏期間3日
大きさ直径120〜160nm

2002年11月から2003年7月にかけて、中国の南部を中心に猛威を奮ったSARS

SARSは現在流行しているcovid-19(コロナウイルス)同様にコロナウイルス科に属するウイルスですね

人体の鼻腔部分の温度33℃がSARSにとって最も活動的になる温度で増殖をする。

コロナウイルスのPCR検査で鼻から検出する方法はこの特性があるからなのかな?と思います
👀

SARSに感染すると、鼻水、鼻づまり、咽頭痛、軽い発熱などの風邪症状が出ます😷

呼吸器系の疾患で、『新型肺炎』という名前で呼称が用いられましたね👀

SARSも感染力が非常に強く、世界で8000人以上が感染し、1000人近くが死亡しました。

この数字を見ると、covid-19は更に人類にとっての脅威となっていることが分かりますね💦

ムンプスウイルス

ムンプスウイルス(Wikipedia)

感染経路飛沫感染
ワクチン弱毒性ワクチン
潜伏期間2〜3週間
大きさ直径150〜250nm

ムンプウイルスは、小児に多くみられる流行性耳下線炎の原因となるウイルスです🦻

簡単にいうと『おたふく風邪』ですね👀

そして合併症でムンプス性の難聴というモノがあり、

難聴が後遺症と残る場合もあるので、結構怖いですね
👂

僕は子供の頃、片方だけのおたふく風邪になったことがあります🤢

大体は両頬に症状が出るのですが、

僕のように片頬だけのケースもあるようです
😷


最後に

一般的に風邪やインフルエンザといわれるモノも起因となる

様々なウイルスやウイルスのタイプが存在していましたね👀

そしてこれらのウイルスのいくかはワクチンや特効薬が存在しないので

毎年感染してしまいますね😷

風邪の場合、感染したからと言って死に至るケースは稀ですが

コロナウイルスに関しては、命に関わります。


そして世界各国の企業や研究チームが急ピッチでコロナウイルスの

ワクチン開発を進めていますが

少なくとも有効なワクチンが開発されて、

一般の人達が接種できるまでにまだまだ時間がかかると思います。

それまでに感染してしまうと、病院などでも治療する術がありません。

実際に僕の彼女も現在も症状は続いています。

なので、緊急事態宣言解除=コロナが消滅した

と考えずに出来る限りの感染予防対策をして

感染リスクを減らすことが重要だと思います👀

スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事