ピックアップ
日本脳炎を発症するとヤバい!日本脳炎の症状とは一体!?感染経路は?
スポンサーリンク

日本脳炎ウイルスに感染した場合でも日本脳炎の発症率は100〜1000人に1人程度とされていてそれほど高くはありません(⊙_⊙')

しか〜し!!!

日本脳炎を発症した場合は非常に危険です💦

日本脳炎ウイルスの感染経路や日本脳炎を発症した場合の症状、致死率、etc...

について書いていきます〆(・∀・@)

スポンサーリンク

日本脳炎を発症した場合の症状!

日本脳炎は日本脳炎ウイルスに感染することで発症することがあります😷

日本脳炎ウイルスに感染した場合、ほとんどの人は気づかない程度で終わりますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

しかし発症した場合は、1〜2週間の潜伏期間を経て高熱、頭痛、嘔吐などの症状が現れ

更に、意識障害や痙攣(けいれん)などの脳障害が生じてしまいます(⊙_⊙')

日本脳炎を発症した場合の致死率!

日本脳炎を発症した場合の致死率は最大で40%とかなり高く、死に至らなかった場合でも半数の人は重度の後遺症が残ってしまいます😨

後遺症は運動障害や知的障害などで社会適合が難しくなるという問題が出てくるので、日本脳炎は非常に危険だと言えるでしょう(⊙_⊙')

スポンサーリンク

日本脳炎ウイルスの感染経路の鍵を握るのは豚と蚊!?

図:ワクチン.net

日本脳炎ウイルスの感染経路は日本脳炎ウイルス保有動物である豚を刺した蚊が媒介してその蚊に刺されることで感染してしまいます😷

日本脳炎ウイルスを媒介する蚊は主に『コガタアカイエカ』という蚊で

蚊が活発化する夏場は特に注意が必要になります🦟

なお人から人へ感染することはありません〆(・∀・@)

地域によって日本脳炎の感染リスクが異なる!?

図:国立感染症研究所より

この図では2006年までの調べとなっていますが九州、中国、四国地方は日本脳炎ウイルスを保有している豚が多く認められています👀

このように地域によって日本脳炎の感染リスクは異なります(⊙_⊙')

国立感染症研究所によると

『日本脳炎患者発生が多く認められた地域にお住まいの方で、日本脳炎ワクチンの接種をこれまでに1度も受けたことがない定期予防接種対象者の方(具体的には、日本脳炎ワクチンを1回も受けていない現在3~5歳のお子さま)は、夏になる前に、最初2回のワクチン接種(基礎免疫)をできれば考慮された方が良いのではと考えています。』

とのことで、感染するリスクの高い地域では特に日本脳炎の予防接種を受けた方が良さそうですよねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

スポンサーリンク

日本脳炎の名前の由来!

『日本脳炎』という名前だけ見るとあたかも日本固有の病気みたいなイメージを持ってしまいますが

日本脳炎は決して日本固有の病気ではなく他国(アジアが中心)で報告されています(⊙_⊙')

では何故、日本脳炎と呼ばれるようになったのか?

1924年(大正13年)に岡山県で443人の死者が出たんです👀

大流行した日本脳炎はその当時は『流行性脳炎』と呼ばれていました。

日本脳炎ウイルスは日本で見つかったウイルスなので英語では『Japanese encephalitis』と表記されます。

これを和訳すると『日本脳炎』になり、当時の岡山県の研究者たちがこの和訳を多用した為に

今では『日本脳炎』という名で呼ばれるようになった訳です
〆(・∀・@)

日本脳炎ワクチンの副作用!?急性散在性脳脊髄炎とは?

アステラス製薬エンセパック(Wikipedia)

日本脳炎のワクチン摂取後、まれに『急性散在性脳脊髄炎』という病気を発症することがあります💦

急性散在性脳脊髄炎とは?

急性散在性脳脊髄炎とは、脳や脊髄の白質において広範囲に障害が生じる病気です。ウイルス感染症罹患後やワクチン接種後に、自分自身の体がもつ免疫反応に異常を来すことから発症すると考えられています。

急性散在性脳脊髄炎では、発熱、頭痛、意識障害、手足を動かしにくい、目が見えにくいなどの症状を生じます。まれな疾患ではありますが、ときに亡くなることもある重篤な病気です。

日本脳炎ワクチン以外にもインフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチンの摂取で発症する可能性があると指摘されています。


しかしワクチンによって急性散在性脳脊髄炎を発症するのは1000万回に1〜3.5人程度とされています👀

これはジャンボ宝くじの1等が当たる確率とほぼ同じなので、滅多なことでは発症しないでしょう(⊙_⊙')

専門家は急性散在性脳脊髄炎発症を避ける為にワクチン接種をしないというのは避けるべきだと指摘しています💉
平成22年5月25日から新しいタイプの日本脳炎ワクチンが使用されていて、古いタイプのワクチンは現在使用されていません

日本脳炎ワクチン以外にもインフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチンの摂取で発症する可能性があると指摘されています。


しかしワクチンによって急性散在性脳脊髄炎を発症するのは1000万回に1〜3.5人程度とされています👀

これはジャンボ宝くじの1等が当たる確率とほぼ同じなので、滅多なことでは発症しないでしょう(⊙_⊙')

専門家は急性散在性脳脊髄炎発症を避ける為にワクチン接種をしないというのは避けるべきだと指摘しています💉
平成22年5月25日から新しいタイプの日本脳炎ワクチンが使用されていて、古いタイプのワクチンは現在使用されていません〆(・∀・@)

日本脳炎ワクチンを接種すると感染リスクをどのぐらい減らせるのか?

日本脳炎ワクチンを接種することで90%近く感染リスクを減らすことが可能とされています💉

しかしワクチン接種から時間が経つと効果が薄れると考えられている為、複数回接種することが推奨されています(⊙_⊙')

日本脳炎ワクチンの標準的な接種スケジュールは、第1期として、3歳で2回接種(接種間隔は1-4週間)、4歳で追加接種(2回目の約1年後)です。第1期の定期接種は生後6か月から90か月となっています。さらに第2期として9歳から13歳未満で1回接種します。

このように合計4回の予防接種することが推奨されています〆(・∀・@)

世界での『日本脳炎』発生状況!

1970-1998 アジアにおける日本脳炎の発症分布(CDC資料より)

世界では年間3〜5万人の患者発生が報告されていて、南アジアや東南アジア、オーストラリアで患者発生が報告されています👀

2011年にWHOは年間68,000人の患者が発生し、最大で20,400人が死亡したと推測しています(⊙_⊙')

ワクチン接種の有無や蚊が多い環境の違いでこれだけ偏ってしまうんですね💉🦟

日本脳炎が発症した時の致死率の高さが伺えます💦

ワクチン接種と蚊対策がしっかりできれば、発症者や死亡者の数はかなり減らせると思いますねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

新着記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事