ピックアップ
拷問が好きだった権力者20人を一挙紹介!
スポンサーリンク

今回は『拷問好きだった権力者20人』をピックアップして紹介していきますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

権力を握った人間はいつしか暴走が止まらなくなり残虐な拷問を楽しむように...

人間の心に潜む悪の部分をとくとご覧あれ!

(参考文献:世界の拷問・処刑事典)

スポンサーリンク

性愛に溺れた狂気の皇帝 カリグラ

母と兄の遺灰を先祖の墓に安置するカリグラ(Wikipedia)

カリグラは病に倒れ生死の境を彷徨うことになる。

全快するが、この時より狂人カリグラの恐怖政治が始まる...

カリグラを象ったセステルティウス銅貨。裏面には3人の妹たちが彫られている。(Wikipedia)

自分や愛馬を神と崇めさせたり、他の男たちの妻と寝たことを自慢し、

姉ドルシラや妹たちを次々と欲望のはけ口にしていった。

さらにカリグラは妹たちに宮殿で売○もさせている。

また友人が来ると、妻のカエソニアを裸にして歩かせ喜んでいた。

カリグラが特に好んだのが、死刑や拷問に立ち会うことで 闘技場で罪人をライオンや熊と戦わせたり、野獣の餌に死刑囚を与えたりしたのです。

近親○姦、毒○、誘拐、生きたままの火炙りなど、やりたい放題のカリグラでしたが

1番信頼していた近衛兵によって29歳の時に暗殺されて生涯を終えます
(⊙_⊙')

スポンサーリンク

近親○と母親殺し!暴君 ネロ

母を謀殺した後の皇帝ネロの絵(Wikipedia)

ローマ帝国第5代皇帝のネロは暴君の代名詞となるほど、悪の限りを尽くした。

母親のアグリッピナは皇帝クラディウスの後妻になるが、ネロを皇位につける為に皇帝を毒。

ネロは皇位についた当初は名君と呼ばれていたが、母親の干渉を疎ましく思うようになる。

身の危険を感じたアグリッピナは自分の息子であるネロを誘惑し肉○関係を持つようになるが 結局、ネロは母親を殺害し、その頃から錯乱が始まる...

ネロはキリスト教徒を松明(たいまつのように燃やした!?

この美術品では死後に神格化したネロが描かれている。(Wikipedia)

64年にローマの大半を焼き尽くす大災害が起きた時、ネロが常々『狭い街並みはローマの景観にふさわしくない』

と言っていたこともあり、火災はネロの命令による放火という噂が広まった。

そのため、ネロはキリスト教徒に濡れ衣を着せることに...

キリスト教徒を松明のように焼き殺す方法をネロは考案し、キリスト教徒の着衣を油で湿らせ、

磔にして、競技場で燃やしたのです🔥

また、彼らにタールを塗りつけて柱に縛って火をつけ、夜間、宮殿の周りを照らす『実用的な』照明器具として使用。

あらゆる悪事を働いたネロは、やがて『国家の敵』として追われるハメとなり30歳の時に自○(⊙_⊙')

スポンサーリンク

女装マニアの皇帝 ヘリオガバルス

『太陽の司祭、ヘリオガバルス』(Wikipedia)

ヘリオガバルスは第23代のローマ皇帝で14歳で即位したが在位はたったの4年👀

ヘリオガバルスは他の皇帝と大きく違うところがあり、それは『女装癖

しかもその趣味を隠そうとはしなかったんですw

厚化粧をして、赤いシルクの衣をまとい、宝石を身につけてローマ市民の前に現れていた。

また、食事に異様なまでに執着、浪費したと言われていて、フラミンゴやダチョウの脳みそを好んで食べていたようです(⊙_⊙')

ヘリオガバルスはSとMを両方持ち合わせていた!

ヘリオガバルス帝の壁画(Wikipedia)

ヘリオガバルスはマゾヒストであり、極度のサディストでもありました🥴

罪人から切り取った性○をペットにしていたライオンやトラに与えたり

美少年の腹から内○をつかみ出し、それを焼け串で炙ったり
もしました🥶

このような異常行動をするヘリオガバルスを見兼ねた、祖母 ユリア・マエサは、

もう一人の孫・アレクサンドルの擁立を画策します。


そしてヘリオガバルスは軍によって惨○されてしまい、死○は跡形もなく切り刻まれ ティベル川に投げ込まれた...18歳だった。

鬼嫁!イザベラ王妃

イザベラ王妃(Wikipedia)

1308年、フランス王族出身のイザベラは、イングランド王エドワード2世と結婚して王妃となる。

大変美しい女性であったようですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

しかし、エドワード2世には男色の趣味があり、イザベラはそれを極度に嫌っていた

イザベラにも愛人が出来て、相手は貴族のロジャー・モーティマーという男。

二人は共謀して、なんとイングランドの王位を狙い始めることに...

そして1326年に、フランス王の支援のもと、イザベラ王妃とモーティマーの軍はイングランドに攻め入って勝利する。

夫を拷問して殺○!?

イザベラとモーティマーを描いた絵画(Wikipedia)

イザベラはエドワード2世をバークレイ城に監禁した。

1年後、エドワード2世は死亡するのですが、イザベラの命令で凄惨な拷問を受けたのが死因と言われています🥶

肛◯から真っ赤に焼けた鉄串を入れられ、内臓を内側から焼かれ、鉄串は何度も熱せられては肛◯に押し込まれたのです。

その後、イザベラ王妃は権力闘争に敗れライジング城に幽閉された後、その生涯を閉じています(⊙_⊙')

ジャンヌ・ダルクと共に戦った英雄 ジル・ド・レ

ジル・ド・レ(Wikipedia)

名門貴族の家に生まれ、幼くして両親を亡くしたジル・ド・レは、莫大な財産を相続し、母方の祖父に引き取られる。

しかし、この祖父には少年愛の気があり、さらに祖父は領地を広げるためにジルを近隣の領主の息女(そくじょ)と無理やり結婚させる。

こうして心を病み、少年たちと自堕落な生活を送るようになったジルに大きな転機が訪れる👀

それはジャンヌ・ダルクとの出会い。

百年戦争のオルレアンの戦いでは、ジャンヌの右腕として活躍し、戦争の終結にも大きく貢献する。

しか〜し、ジルの栄光はここまでした(⊙_⊙')

ジャンヌ・ダルクが異端審問を受け、魔女として火刑に処されたことで、彼の精神は再び病んでしまうことに...

ジル・ド・レは黒魔術にハマり本当の悪魔と化す!

ジル・ド・レの処刑の様子を描いた絵(Wikipedia)

ジルは領地に戻ると、錬金術に傾倒するようになり、ついには黒魔術に手を出すようになります😈

そして何百人もの幼い少年たちを拉致し、その心臓を悪魔への生贄として捧げた。

やがて、ジルは自らの欲求のためだけに、少年たちをなぶり殺○ようになる。

時には、少年の生首を並べ、腹心の一人に『どの頭が1番綺麗か?』など尋ねることもありました💦

犠牲者となった少年の数は、150人〜1500人と言われています。

このおぞましい所業は、ジルが聖職者を拉致したことから大司教の耳に届くことになり

裁判にかけられることに。

公開裁判ではジルは泣きながら全てを告白して懺悔するが、最後は絞首刑となり、その死○はジャンヌ同様に火刑となったのです。

スポンサーリンク
拷問男

ストーリー

シングルファーザーのデレクは、失踪した幼い娘が変わり果てた姿で発見され、絶望の淵に突き落とされた。

警察が捜索を続けるなか、デレクは独自に犯人を探し出し、自宅の地下室に監禁。

復讐の鬼と化したデレクは、娘と同じ痛みを与え始める。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事