ピックアップ
拷問の末に処刑された歴史上の人物10選!
スポンサーリンク

激しい拷問の末に処刑されてしまった歴史上の人物を10人紹介しますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

一体どのような拷問を受け、処刑されてしまったのだろうか...

(参考文献:世界の拷問・処刑事典)

スポンサーリンク

磔刑に処せられたイエス・キリスト!


イエス・キリストは『ユダヤの王』『神の子』と自ら名乗った罪でユダヤ教の司祭たちに告発され有罪となってしまいました(⊙_⊙')

そして処刑する権利を持つローマ政府に引き渡され、処刑は磔刑(たっけい)と決まる

磔刑はローマでは最も過酷な刑罰で反逆罪のような重犯罪にだけ適用され、ローマ市民はこの刑を免れていたのです。

キリストに対しまず鞭打ち刑が行われ、皮の鞭には鉄の破片や小さな骨が付いていてキリストは皮膚を引き裂彼血まみれに...

次にキリストは自分を処刑する十字架を自分で背負い運ばされた。

十字架全体の重量を136キロほどだと言われていますが実際に運んだのは十字架の横木だけで50キロ前後であった考えられています👀

スポンサーリンク

キリストの墓

キリストを磔にした十字架の根本にアダムの墓を表す髑髏が描かれている。(Wikipedia)

ゴルゴダの丘にたどり着いたキリストは十字架に両手、両足を釘で打ちつけられ

そして十字架が地面に建てられました
(⊙_⊙')

キリストは死後、墓に葬られ3日後に復活したと聖書に記されています📖

1980年にイスラエルのタルピオットで発見された墓には石灰岩の10個の骨壷がありイエス、マリア、マタイ、ヨセフ、マグダラのマリア、イエスの息子などの名がアラム語で書かれており、キリストの墓が発見されたと話題になりました。

2007年にはDNA鑑定で親子関係も証明され、キリストの墓ではないかと推測されています〆(・∀・@)

スポンサーリンク

バレンタインデーの起源となった!?聖ヴァレンタイン!

聖ヴァレンティヌス 画像:世界の民謡・童謡より引用

日本でも馴染み深い『バレンタインデー』ですが実は

この聖ヴァレンタイン(あるいは聖ヴァレンティヌス)司教の悲しい背景が『バレンタインデー』の起源となっています(⊙_⊙')


当時のローマ皇帝クラウディウスは強い軍隊を作るために、兵士が結婚して家族を持つと戦意が鈍り、命を惜しむようになるため、兵士の結婚を禁じていました。

しかし、ヴァレンタインはその命令を無視して兵士たちの結婚式を執り行っていたんです👀

そのことが発覚してヴァレンタインは捕らえられてしまい、投獄され拷問を受けてしまいます...

ヴァレンタインの処刑日は2月14日!

ヴァレンタインはアステリオという判事から取り調べを受けていました(⊙_⊙')

アステリオはバレンタインの人格に感銘を受け、自分の娘に合わせたのですが

彼女は目が見えなかった...


娘は監獄に囚われているヴァレンタインのもとを何度も訪れて説教を聞いていました。


やがて、ヴァレンタインは彼女のことを愛すようになり、目の見えない彼女のために祈り続けると、ある日、娘の目が見えるようになったのですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

感激したアステリオ一家は揃ってキリスト教に改宗することに。

これをきっかけに、キリスト教弾圧を進めていたクラウディウスが激怒し、ヴァレンタインの処刑を決定したのです(⊙_⊙')

ヴァレンタインを処刑される前日、娘に『あなたのヴァレンタインより』と言うカードを渡して処刑場へ旅立っていく。

しかしキリスト教に回収したことが発覚していたアステリオ一家もまた、彼に続いて処刑されてしまいます。

そのヴァレンタインが処刑された日が2月14日だったのです。

またローマでは、2月14日は次の日から始まる祭の男女のパートナーをくじで決める日でもありました。

これを機に結婚する男女が多かったことがバレンタインデーの起源とする説もあります〆(・∀・@)


生きたまま腸を巻き取られた!?聖エラスムス!

聖エラスムスの殉教(Wikipedia)

聖エラスムスは、キリスト教徒を弾圧していたローマ皇帝ディオクレティアヌスに捕えられ凄まじい拷問を受けました(⊙_⊙')

ヤコブ・デ・ウォラギネが著した『黄金伝説』によれば、斧で彼の血管が切れるまで打ちすえ、蛇やミミズのいる穴に投げ込み、さらには煮えたぎる油と硫黄を注ぐという地獄のような拷問を受けたようです🥶

それでもエラスムスは神に感謝し祈りを捧げた。すると電が鳴り、彼のそばにいた拷問官たちに雷が落ちた。

こうしてエラスムスは1度は逃げ延びるが、再び捉えられ、生きながら腸を巻き取られるという拷問の末、殉教しました。


四つ裂きの刑に処されたウイリアム・ウォレス!

法廷で裁判にかけられるウォレスを描いた絵画(Wikipedia)

ウィリアム・ウォレスはスコットランドの庶民出身でイングランド王エドワード1世のスコットランド支配に抵抗し英雄となりましたᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

1297年にイングランド式の統治を進めていた治安判事ヘッセルリグを殺害したことでウィリアムウォレスは一躍有名となります🤩

このことで彼のもとに結集した民衆がゲリラ戦を行い、イングランド軍に勝利。

この功績で、彼は後のスコットランド、ロバート1世からナイトの称号を与えられたのですが

庶民であったことから貴族から全く支持されなかった...

1035年、スコットランド貴族の裏切られ、ウイリアム・ウォレスはイングランドに生け捕りにされたのです(⊙_⊙')

四つ裂きの刑とは?

四つ裂きの刑はイングランドで行われていた最も重い刑罰で国王に対する大逆罪に適用され1790年まで続けられました。

罪人を首吊りにし、性○を切り取り、内臓、心臓を取り出し火にに投入🔥

その後、首を落され、手足を切断される

残酷なこの刑は、国王に対する大逆を抑止するために、見せしめの意味も込められて行われていました(⊙_⊙')

火刑に処せられたジャンヌ・ダルク!

ジャンヌ・ダルク(想像で描かれた作品):Wikipedia

ジャンヌ・ダルクはイングランドに侵略されていたフランス北部の解放に功績を残し『オルレアンの乙女』と賞賛された国民的英雄ですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

1425年に、森の中で初めて神の声を聞いて、その声に従ってジャンヌ・ダルクはイングランドを追い出すための行動を開始。

初めは信用得られなかったジャンヌですが、イングランドに包囲されていたオルレアンで、勇猛果敢に戦い彼女の勇敢さにオルレアンのフランス兵士の士気は高まり、ついにイングランド軍は撤退することに🏃🏿‍♂️💨

セーヌ川で散った、ジャンヌ・ダルク!

ジャンヌ・ダルクの紋章(Wikipedia)

1430年、コンピエーニュの戦いで捕虜になったジャンヌはイングランドに引き出され、異端審問裁判を受けます(⊙_⊙')

ジャンヌが聞いた声は森の精霊だと結論付けられ異端者の烙印が押され、悪魔と性○したかどうかの検査では処○であることが証明されました。

一旦は永久投獄の刑となったジャンヌでしたが、貞操を守るため男装したことが異端とされて火刑が決定🔥

火がつけられジャンヌの服が焼け落ちると、刑は一旦中止されました。

ジャンヌの裸体と○器を公衆に晒すことで彼女はただの少女であることを民衆に見せつけたのです。

そして今度は灰になるまで焼き尽くした。

当時のキリスト教徒は最後の審判の際、死体がないと復活できないと考えていたため、

跡形もなく燃やし尽くすことは死後にも重い刑罰を科すことに。

ジャンヌ・ダルクの灰はセーヌ川に流されました...

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事