ピックアップ
地球上最強の毒素!?ボツリヌス菌が産生するボツリヌス毒素!
スポンサーリンク

この地球上で最も強力で殺傷能力がある毒素...

それはボツリヌス菌が産生するボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)です🦠

過去にオウム真理教の麻原彰晃がこのボツリヌス菌に興味を抱き

生物兵器として利用しようと考えていました
🧘‍♂️

しかし培養に失敗して被害は出なかったのですが

この時、培養に成功していたらとんでもない事になっていたと思います💦

今回は悪魔の毒素を産生するボツリヌス菌、

そしてボツリヌス毒素について書いていきます
〆(・∀・@)

スポンサーリンク

ボツリヌス菌ってどんな細菌なの?

顕微鏡で見たボツリヌス菌(Wikipedia)

ボツリヌス菌はラテン語botulus(ソーセージ、腸詰め)で

これは19世期のヨーロッパでソーセージやハムを食べた人間に起こる食中毒
だったので

この名がつけられました👀

ハムやソーセージに発色剤として使用される硝酸塩は

発色作用よりもボツリヌス菌の繁殖を抑える目的で使用されています
🥩

その他の食品での食中毒事例!

ハム、ソーセージ以外では、『缶詰め』『瓶詰め』『真空パックにされた食品』などで

毒素性食中毒を起こした事例があります。

スポンサーリンク

ボツリヌス菌ってどこにあるの?

ボツリヌス菌は土壌や海、湖、川などの泥砂中に普通に存在しています👀

そして熱に強い芽胞を形成するのが特徴ですね(⊙_⊙')
 
ボツリヌス菌の芽胞は、低酸素状態に置かれると発芽・増殖が起こり、毒素が産生されます😨

スポンサーリンク

ボツリヌス毒素の威力とは!?

それでは『ボツリヌス毒素がどれだけヤバイのか?』をまず表にしてみましょう👀

LD50というモノがありましてこれは投与した半数が死んでしまう用量のことです🥶

毒素LD50(mg/kg)由来
ボツリヌス毒素0.00000032ボツリヌス菌
破傷風毒素0.000002破傷風菌
テドロドトキシン0.01フグ毒
サリン0.2毒ガス
アコニチン0.3トリカブト
ヘビ毒(キングコブラ)1.7ヘビ毒
青酸カリ10シアン化カリウム
マウスでのLD50:福岡大学理学部科学科/理学研究科化学専攻HPより

ボツリヌス毒素はサリンやテドロドトキシンなどと同じように『神経毒』なのですが,,,

この表を見てもボツリヌス毒素がどれだけ危険なのかピンとこないですよね?w

ボツリヌス毒素1gで『100万人の致死量』になり、

もし0.5キロのボツリヌス毒素があれば『世界人口の致死率になる』と言われています😨

フグ毒やサリンと比べると何千、何万倍も強力な毒素ということになります(⊙_⊙')

神経毒はこうして人体を蝕む!

人間の体は神経系によって支配されていて、

例えば『指を動かす』『歩く』『首を動かす』などする時は脳の運動中枢からの電気シグナルが発生し、

脊髄、末梢神経を伝わって筋肉に到達し、筋肉が収縮することによって体が動かせる
んですが👀

神経毒が体内に入ると、この電気シグナルが一切伝わらなくなります😨

『脳が動け!』と指令を出しても筋肉が収縮しなくなり、

全身の筋力低下が起こり呼吸麻痺によって死に至ります(⊙_⊙')

ボツリヌストキシンは医療現場で使われている!?

ボトックス注射って聞いたことありますか?

ボトックス注射は美容整形などで使用される物で

おでこのシワを取り除いたり、肩こり治療などに使われます👀

このボトックス注射の成分は『ボツリヌス菌の毒素』なんですよw



「ボトックス」とは、ボツリヌス菌の毒素(ボツリヌストキシン)を医薬品として生成したブランド名です。
米国のアラガン社から「ボトックス」の名称で販売され、成分がボツリヌス菌の毒素(ボツリヌストキシン)ということになります。(ボトックスとボツリヌストキシンとの違いは、ブランド名か成分名かの違いです。)

大丈夫なの?って思いますよねw

ボトックスで死亡例や副作用も!?

ボトックスにより死亡例や副作用の報告があるようです👀

米食品医薬品局(FDA)は「ボトックス」の使用によって死亡したり呼吸不全に陥るケースがあると警告した。日本では主に「しわ取り」の美容目的だが、厚生労働省が有効性と安全性を保証していない「適用外」となっており、「しわ取り」に多用されることに懸念の声も上がっている。

厚生労働省によれば『ボトックス』は薬事法上は使用が認められているものの

有効性と安全性を保証していない「適用外」
となっているようです👀

モノがモノだけにやはりこのような死亡事故や副作用が起きる場合もあるようなので

美容整形や医療現場でボトックスを使用するかどうかは慎重に決めた方が良いでしょうね(⊙_⊙')

赤ちゃんにハチミツを食べさせるのは危険!?

1歳未満の乳幼児に蜂蜜を食べさせると『乳児ボツリヌス症』にかかるリスクがあります👀

ハチミツは栄養価が高く健康食品としても有名ですが、

ハチミツにボツリヌス菌の芽胞が存在している場合があります🍯

大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため

ハチミツを食べてもボツリヌス症には罹らない
のですが、

乳幼児の場合はまだ腸内環境が整っていない為にボツリヌス菌が腸内で増殖してしまい

毒素を出す...


これによって『乳児ボツリヌス症』になってしまいます🥶

オウム真理教による『全世界ボツリヌス菌散布計画』

麻原彰晃(Wikipedia)

最近記事内でよくオウム真理教について書いている気がしますがw

オウム真理教はサリンや炭疽菌、そしてボツリヌス菌の研究を行っていました👀

そして麻原彰は全世界にボツリヌス菌を散布する計画を企てていたのです😨

結局、ボツリヌス菌の培養に失敗したので、実行はされませんでしたが

もし培養に成功していたら『地下鉄サリン事件』以上の死傷者が出ていたことは

間違いないでしょうね💦

『全世界ボツリヌス菌散布計画』について信者(正確には信徒ですね)

に説明した時の発言を見ていきましょう👀


麻原彰晃の『全世界ボツリヌス菌散布計画』についての発言!

麻原彰晃
『現代人は生きながらにして悪業を積むから、全世界にボツリヌス菌をまいてポアする』

麻原彰晃
『中世ではフリーメイソンがペスト菌をまいた。それでヨーロッパの人口は3分の1か4分の1になった。今回まくものは白死病と呼ばれるだろう』

麻原彰晃
『本来ならばこれは神々がすることであるが、神々がやると残すべき人を残すことができないので我々でやる。オウムの子供たちを残していく』

最後に

『ボツリヌス毒素』は生物兵器に利用されるぐらい危険な細菌でありながら

医療にも使われるという場合もあります。

またボツリヌス菌自体はハチミツなどにも含まれる場合もあるので

非常に身近な存在ですよね👀

記事内にも書きましたが、わずか0.5キロで全世界の人間の命を奪える程の

威力を持っているのでオウム真理教の計画が失敗して本当に良かったと思います🤢





スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事