ピックアップ
バイクで日本一周を達成したライダーがADHDを苦にダムから飛び降り自殺!
スポンサーリンク

バイクで日本一周を達成し、ツイッターで多くのフォロワーが坪内幸汰さん(22歳)のバイク旅を応援していた、そんな矢先...

坪内幸汰さん

というツイート後に彼は栃木県日光市の川治ダムで飛び降り自◯を図ったのです(⊙_⊙')



医師による診断書

幸汰さんの最後のツイートにはダムから飛び降りる直前の写真と共に、診断書がアップされていたのですが、診断名は

注意欠陥 多動性障害

これはいわゆるADHDのことで、彼はADHDを苦に自◯した可能性が高いようです。

僕も診断されたわけではありませんが、アスペルガー障害(自閉症スペクトラム)の傾向があるので、よく理解できるのですが

アスペルガーやADHDの人は『過去の嫌な記憶・出来事を昨日のことのように鮮明に思い出す』という特徴があり(強迫性障害)、そのせいで悩みや不安を感じがちなんですよ(*´Д`*)

(正確には自閉症スペクトラムとADHDは異なるものですが、両方を併発する場合もあります)


幸汰さんの最後のツイートには

幸汰さん
『もう苦しみたくないし悩みたくもない』
   

と書いていることからも、それを窺い知ることができるでしょう。

最後のツイートに対して同じADHDの方やADHDの子供を持つ親、その他多くの方々が彼を心配し、また訃報を知って哀悼の意を捧げる人などのリプで溢れ返りました(⊙_⊙')

(中にはトンチンカンなリプをする人や偽善者もいましたが...)

また幸汰さんは旅の様子を頻繁にツイートしていたので、まずは彼の生きた証を見ていくとしましょう。

スポンサーリンク

バイクで日本全国を旅をした幸汰さんの軌跡

幸汰さんは2ヶ月前に川治ダムを訪れていた...

これが本当に最後の晩餐となった...

アップされた写真はどれも美しく、楽しそうななのでフォロワーには幸汰さんが旅を満喫しているようにしか見えなかったことでしょう(⊙_⊙')

しかし、幸汰さんはある人物を模倣してダムで自◯した可能性があるんです...

スポンサーリンク

引きこもりライダー田代剛さんを模倣した!?

引きこもりライダー隼こと
田代剛さん

実は2018年にバイクで旅をしていた田代剛さんが北海道の金山ダムで自◯を図っており、幸汰さんはそれを模倣した可能性があるんです(⊙_⊙')

このツイートを最後に田代さんとの連絡が途絶えてしまったため、心配した友人が警察に連絡。

その後、ダムの下の溝で田代さんの遺◯が発見される...



  • バイクで全国を旅する
  • 自◯の前に最後のツイートをする
  • 自◯場所がダム

というようにリンクする部分が多いため、幸汰さんが田代さんを模倣した可能性は十分考えられるでしょう。

スポンサーリンク

幸汰さんの意味深なリツイート

先月9月21日に幸汰さんはこのツイートをリツイートしているんですが幸汰さんの最後のツイートにあったダムの画像をもう一度見てみましょう(⊙_⊙')

この画像に補正をかけた方がいるのでそちらを見てみると...

リツイートした画像と同じように片足を乗せているんです(*´Д`*)

この後、思い止まることなく踏み出してしまい、幸汰さんはダムの下へと落下したのでしょう。

川治ダムのライブ映像の一部が配信停止に!

ダム堤体カメラ(支所屋上カメラ)

22時頃までは川治ダムのライブ映像が配信されていましたが

23時頃より映像の配信が停止される事態になったのです。

この間、多くのフォロワーが幸汰さんの安否を心配していましたが...

幸汰さんの遺◯が発見される

そして10月3日に幸汰さんの友人が

彼の遺◯が発見された(この時点では法的には診断されていない)ことをツイートしています。

さらにゼラさんは

以前から、川治ダムに投身したらイッパツで死◯る
と本人が言っていた
のでこの場所を選んだのかも

とツイートしていることから自◯は衝動的ではなく、計画的だったことが推測できます。

なので2ヶ月前に川治ダムに訪れた際に『次に来た時は...』

と決意していたのかもしれません(⊙_⊙')

ADHDを苦に命を絶つ必要はなかった!

幸汰さんの最後のツイートにADHDの診断書があったことから『ADHDであることを苦に命を絶ったのではないか?』

と推測できますが、僕は発達障害があるからといって命を絶◯必要はなかったと思ってます(⊙_⊙')

もちろん、亡くなった後にこんなこと言ってもしょうがないのは百も承知ですが、恐らく多くの方が幸汰さんがADHDだとは思ってなかったことでしょう。

『バイクで日本1周する』のは誰もができることじゃありませんし、自分で働いたお金で旅をしているので。

しかし、健常者に見えるからこそ苦しむんですよ。

ADHDやアスペルガー障害の多くは普通に見えるグレーゾーンの人が多いんです(*´Д`*)

このようなグレーゾーンの人は職場環境が合わないと『ただの無能』として扱われわれるため、劣等感を覚えてしまい、どんどん悩み、苦しむ...

という悪循環に陥ってしまいます。

特に日本はTHE普通(平均)を求められるため、普通の人の平均レベルで仕事ができなければ無能扱いされるわけです。

ADHDやアスペルガー障害の人は普通の人の平均レベルでできないことが多くあり、僕自身も人よりも劣っている部分が数多くあります。

が!!!

興味があることに関しては努力を継続できるため、普通〜の人ができないレベルでできることもあるんですよ!

例えば『毎日ブログを10時間ぶっ続けで書いても全く苦にならないので、まさにブロガーは俺の天職💪🤩』

というようにADHD・アスペルガーだから全てにおいて人よりも劣っているわけではなく、1つの個性だと言えるんですよ👀

だからこそ、幸汰さんには思い止まって欲しかったですね。


幸汰さんはバイク雑誌に取り上げられるほど、注目されていましたし、多くの人の心を掴んでいたのでADHDだからといって劣等感を感じる必要はなかったと思います。

しかしながら、本人は本当に悩み苦しかったのでしょう。


死の恐怖よりも『楽になりたい』という気持ちが勝ってしまったのですから...

今は苦しみから解放されてバイクに乗りながら向こうの世界の景色を楽しんでいることでしょう。

 
新着記事
レビュー
人物
事件/事故/戦争
コロナ関連記事
コロナ対策グッズ
ウイルス/細菌
拷問/処刑/歴史/
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事