ピックアップ
アフリカでポリオが根絶!かつて日本でも大流行したポリオとは!?
スポンサーリンク

最近はコロナウイルスを始めウイルス関係の暗いニュースで満ち溢れていますが...

久々に良いニュースが飛び込んできました🤩

【8月26日 AFP】世界保健機関(WHO)は25日、アフリカでのポリオウイルス根絶を宣言した。世界で数十年にわたり続くポリオ撲滅の取り組みが一つの節目を迎えた。

このようにWHOがアフリカのポリオ根絶を宣言しましたᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

そしてポリオはアフリカで根絶された2つ目のウイルスとなったのです(1つ目は天然痘)

このポリオはかつて日本でも大流行していたのですが、1980年(昭和55)以降日本での新規感染者は出ていません👀

今回はアフリカでポリオが根絶された記念としてポリオ特集をしたいと思います🤩

スポンサーリンク

ポリオによって麻痺症状が現れる!?

ポリオウイルス(Wikipedia)

ポリオは急性灰白髄炎のことでポリオウイルスによってひき起こされます😷

ポリオウイルスに感染しても9割以上の人は症状を発症しないのですが...

感染者の0.1〜2%は麻痺型ポリオを発症してしまいます(⊙_⊙')

ポリオによって右足が萎縮している男性(Wikipedia)

この写真の男性はポリオによって右足が萎縮してしまっていますが

このように非常に低い確率ですが麻痺などの症状が出ることがあります。

ポリオは特に5歳以下の子供が罹る(かかる)事が多いので脊髄性小児麻痺とも呼ばれています(⊙_⊙')

スポンサーリンク

ポリオの麻痺は治るのか?

ポリオによって麻痺症状が出た場合は一生麻痺が残る可能性があります。

これまで麻痺の進行を止めたり、麻痺を回復させるための治療が試みられてきましたが

現在でも特効薬などの確実な治療法は確立されていません(⊙_⊙')

ポリオは人から人へ感染する!

ポリオウイルスは人から人へと感染します👀

ポリオウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します😷

増えたポリオウイルスは再び便の中に排泄され

この便を介してさらに他の人に感染してしまいます(⊙_⊙')

スポンサーリンク

日本でもポリオが大流行した!?

日本では1910年代〜1960年まで全国各地で流行が見られていました👀

特に1960年の春には北海道を中心に5,000名以上の患者が発生する大流行となりました😷

その為、1961年にソ連から生ポリオワクチン(OPV)緊急輸入して日本のポリオ大流行は終息しました👀

先ほども書きましたが1981年以降は野生株ポリオの発生は報告されておらず、2000年にWHOに対してポリオ根絶を報告しています〆(・∀・@)

世界でのポリオの件数!

図:Wikipedia

日本では1981年以降発生していないポリオですが、世界では2000年を過ぎてもポリオが発生している国々があります🦠


パキスタンでは2010年に144症例、2011年は198症例が報告されています。

またアフガニスタンでも2010年には25症例、2011年は80症例が報告されました(⊙_⊙')

現在では両国共、ワクチンによってポリオ発生件数は少なくなっています🤩

しかし今年だけでアフガニスタンとパキスタンで、計87人が感染しているのでまだまだ根絶には至ってないようです

日本では1981年以降発生していないポリオですが、世界では2000年を過ぎてもポリオが発生している国々があります🦠


パキスタンでは2010年に144症例、2011年は198症例が報告されています。

またアフガニスタンでも2010年には25症例、2011年は80症例が報告されました(⊙_⊙')

現在では両国共、ワクチンによってポリオ発生件数は少なくなっています🤩

しかし今年だけでアフガニスタンとパキスタンで、計87人が感染しているのでまだまだ根絶には至ってないようです

日本では1981年以降発生していないポリオですが、世界では2000年を過ぎてもポリオが発生している国々があります🦠


パキスタンでは2010年に144症例、2011年は198症例が報告されています。

またアフガニスタンでも2010年には25症例、2011年は80症例が報告されました(⊙_⊙')

現在では両国共、ワクチンによってポリオ発生件数は少なくなっています🤩

しかし今年だけでアフガニスタンとパキスタンで、計87人がポリオに感染しているのでまだまだ根絶には至ってないようです(⊙_⊙')


ボコハラムがポリオワクチンの予防接種プログラム関係者を殺害!?

ボコハラム(CNN.COM.JP)



ポリオを撲滅する為にポリオワクチンが非常に重要で1988年以降はポリオの発生数は99%も減少しています👀

(ポリオ撲滅の為にマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツらが年間10億ドル以上の資金を寄付しています)

にも関わらず世界には今もポリオが流行している地域があります💦

それはナイジェリアとパキスタン、アフガニスタンで、これらの地域はイスラム過激派組織が支配してるんです(⊙_⊙')

ナイジェリア北部ではボコハラムという過激派組織が支配、パキスタンやアフガニスタンではタリバンが支配しています

ポリオワクチンの接種プログラムが襲撃の標的になっている」と、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などの支援を受けてWHOやユニセフ(国連児童基金)などが展開する「世界ポリオ撲滅イニシアチブ(GPEI)」の報告書は指摘する。「最前線で活動していた25人以上のスタッフが、予防接種プログラムに関係したという理由で殺されている」

イスラム過激派組織はなぜ予防接種プログラムの関係者を殺害したのか?

これには2つの理由があるようです👀

1つ目は外国人の医療関係者を欧米諸国のスパイではないかと疑って襲撃。

これはイスラム過激派組織がよくやるパターンで2015年にジ後藤健二さんと湯川遥菜さんがイスラム国に拘束されて殺害されたのは記憶に新しいと思います(⊙_⊙')

『他国の人間をスパイと見なし予防接種プログラムの関係者も殺害された』ということがまず1つ目の理由。

もう一つは欧米の科学や教育、医療がイスラムの教えに反するという考え方があるようです👀

このようにイスラム過激派組織がポリオワクチンの予防接種プログラムの関係者を殺害することで

欧米諸国からナイジェリアとパキスタン、アフガニスタンに支援に行きにくくなり、

その結果、市民はポリオワクチンの予防接種が受けれなくなります💉

これらの地域ではポリオがなかなか根絶できないのはこのような理由があったんですね😷

なお、武装組織に隠れて子供達に防接種を行う組織が生まれ、活動を展開しているようです〆(・∀・@)

ポリオワクチンを開発したジョナス・ソーク!

ポリオワクチンの開発者 ジョナス・ソーク(Wikipedia)

ジョナス・ソークはアメリカの医学者でポリオワクチンを開発した人物です👀

ポリオワクチンの開発に際しては安全で効果的なものをできるだけ早く開発することだけに集中し、

個人的な利益は一切求めなかったそうです(⊙_⊙')

またテレビのインタビューで「誰がこのワクチンの特許を保有しているのか」と聞かれたのに対して

ジョナス・ソークは特許は存在しない。太陽に特許は存在しないでしょう。」と述べたのです🌞


SHIN
医学者の鏡ですな😆

ジョナス・ソークの開発したポリオワクチンにより、世界中の多くの人々がポリオを恐れることなく生活ができるようになりましたね🤩

そして2014年10月28日には生誕100周年を迎え、Googleのトップページがソークを称える特別なロゴになりましたᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

Googleのトップページになったロゴ(NAVERまとめ)

『THANK YOU DR SALK』を掲げている子供たちが何とも良いですね〆(・∀・@)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事