ピックアップ
コロナ関連の気になったニュースをピックアップしてみた!
スポンサーリンク

一時期に比べて、コロナが収まったような気がしている方は多いのではないでしょうか?

徐々に規制緩和されているので、『コロナはもう大丈夫!』というような感覚の方もいるでしょうね😅

秋頃に猛毒化したコロナの第二波が来る可能性が高いと警鐘を鳴らしている専門家もいるので

寧ろ、これからが本番と思っていた方が良いかもですね👀

今回はコロナ関連の気になるニュースをピックアップしていき、

考察などをしていこうと思います👅

スポンサーリンク

新型コロナ感染、米州中心に加速!WHOが警告!

WHOのテドロス事務局長がオンライン会見にて以下のようなことを発言をしています👀

テドロス事務局長はオンライン会見で「世界は新たに危険な段階に突入している」と指摘。「ウイルスはなお急速に広がっており、多くの人が感染しやすく、命に関わる状態が続いている」と述べた。

1326GMT(日本時間午後10時26分)時点のロイターの集計では、新型コロナ感染者は世界で853万人超。死者は45万3834人となっている。

テドロス事務局長はソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)と「極度の警戒心」を維持するよう呼び掛けた上で、米州だけではなく南アジアや中東でも急速な感染拡大が見られるとした。

『ウイルスはなお急速に広がっている』『多くの人が感染し易い状況』『命に関わる状況が続いている』

このようにコロナの感染拡大のスピードは決して衰えてないということなんですよね💦

日本では徐々にマスクを着用してない人も目立つようになってきましたが、

油断しているとまた一気に感染拡大する可能性はありますね🤧

そして南アジアや中東の方でも急速に感染拡大していることも

非常に気になりますよね👀

日本よりも気温が高い国で感染拡大するということは、

『夏になったら大丈夫!』

というようなことは全然なさそうです
😨

スポンサーリンク

集団免疫目指したはずが命の選別に...スウェーデン

スウェーデンはコロナによるパンデミック宣言中に他の国とは一線を画する

方法で、コロナを克服しょうと考えていました👀

その方法とは国民全員で『集団免疫を獲得する』という方法なんです😷

欧州各国が都市封鎖や厳しい外出制限する中、

スウェーデンではレストランや商店は営業を

続けて、国民はバンバン外出していた
訳なんです😅

その結果どうなったか...?

GDP減は抑えられても犠牲は甚大だった。人口約一千万人の国で死者数は五千人を超え、死亡率は北欧四カ国で突出。死者の九割は七十歳以上だった。だが、保健当局によると、集中治療室に運んだ患者のうち七十歳以上は約22%、八十歳以上は3・5%のみ。医療崩壊を防ぎたい政府は「高齢患者をむやみに病院に連れて行かない」とのガイドラインを現場に通達していたのだ。「命の選別」だと非難の声が上がった。
 独自路線は、孤立という代償も招いた。フィンランド、ノルウェー、デンマークは十五日から互いの旅行者の受け入れを再開したが、各国ともスウェーデンを除外。デンマークのフレデリクセン首相は「スウェーデンとは置かれた状況が違い過ぎる」と突き放した。北欧観光が盛り上がる夏季休暇中に「スウェーデン飛ばし」が続けば、復興の大きな足かせとなる。

やはり、コロナウイルスが蔓延する中で、外出し続けた結果多くの犠牲者を出してしまったんです🤢

結果的に『人体実験』に近いと思いますね〜w

感染対策を主導する疫学者アンデシュ・テグネル博士は今月、地元ラジオに「私たちの方針に改善すべき点があったのは明らかだ」と認めた。

結果的にこの感染対策は失敗だったということですね😨

スポンサーリンク

ブラジル、新型コロナウイルス死者5万人突破!感染者108万超に!

ブラジルで新型コロナウイルス感染による死者数が21日、5万人を突破した。感染者数はすでに100万人を超えている。
ブラジル保健省によると、感染者数は108万5038人、死者数は5万0617人となった。20日時点の死者数は4万9976人だった。ただ、専門家らは検査体制が不十分なことから実際の数字は発表よりもかなり多いとみている。ブラジルの新型コロナ感染状況は米国に次いで世界2番目に深刻な状況となっており、ボルソナロ大統領は危機対応を巡り批判に直面している。

ブラジルは世界で2番目にコロナ感染拡大して多くの犠牲者を出しています💦

画像(Newsweek)

そんな危機的状況のブラジルですが、国民はビーチで海水浴を楽しんでいるようですw

これはお国柄なのでしょうか?w

やはりスウェーデン同様に感染拡大する国は、

外出規制や人との距離の確保をガン無視してますよね😅

これ以上感染拡大、コロナ感染による死者数を減らす為にも

ブラジル国民の協力と我慢が必要になると思いますね!

コロナ禍で疲弊したインド農家を、非情なバッタの大群が襲う!

バッタの大群が来たから何なの?

と思うことなかれw

このバッタの大群が人類を滅亡させる可能性があるんです😭

まずはインドのニュースを見てみましょう👀

サバクトビバッタの大群はインド各地の農地に侵入して作物に甚大な被害をもたらしている(ラジャスタン州ジャイプール) VISHAL BHATNAGAR-NURPHOTO/GETTY IMAGES

いまインドの農業地帯には、バッタの大群が押し寄せている。肥沃な土地でも乾燥した地域でも、バッタの大量発生による被害が食と経済の安全保障を脅かしている。農家にとって、バッタほど厄介な昆虫はいない。たいていの作物はバッタの好物だ。大群なら、1日に約3万5000人分の食料を平らげることもある。サバクトビバッタの寿命は平均約3カ月で、雌は一生に2〜3回産卵する。1回に産む卵は60〜80個で、多い時には150個以上になることもある。この強い繁殖力を武器にして、1平方キロの土地に4000万〜8000万匹が群れを成す。1日に100キロ以上移動することもできる。この夏に発生するとみられる第2波は、この第1波の20倍もの被害を生むと予測されている。実に1兆9000億匹の規模になると、国連は推定している。

バッタの大群は作物も食い荒らしていき、結果的に食糧難を引き起こすんです。

作物がなくなると、家畜の餌も無くなることになり、

その家畜が減ることで肉や乳製品などの食品にも多大な影響が及ぶんです💦

このバッタはインドに元々いたバッタではないんです👀

東アフリカで大量発生したバッタが海を越えてインドにやってきたんです!

もしこの大量のバッタが世界各国で大量発生したら、

世界的な食糧危機になる可能性は十分あるので


今後このバッタの動きにも注目しておいた方が良いでしょう👀

コロナ禍及ばぬ南極大陸、基地で終息待つ人々が思い語る

コロナウイルスの感染者0の大陸。

それが南極です🥶

現在南極には5千人が生活しており、その殆どが研究者や科学者なんですね👀

研究者や科学者はコロナウイルスが蔓延する前から、南極に滞在しており

その結果、コロナの脅威に晒されることなく『世界一安全な場所』に居ることになります🤩

そんな彼らの思いなどが書かれているので紹介したいと思います👀

一方で、ネルソン氏は強い罪悪感を抱いていることを認める。自分がかくも遠く離れた場所にいる間、愛する家族は歴史に残るほどの危機的な日々を過ごしているからだ。
「こうして実際に世界の果てにいるのは、とても奇妙な感覚だ。なにしろ少なくとも最初のうちは、本当にこの世の終わり(あるいは、少なくともわれわれが知っている形での世界の終わり)を目の当たりにするのではないかと恐れる人々もいたのだから」とネルソン氏は言う。
1年半にわたって休暇も取らず、家族や友人たちと離れて過ごしてきたテイラー氏が感じるのは、戸惑いにほかならない。現在の自分の方がそうした人々よりも事実上はるかに恵まれた状況にあると考えると、何とも落ち着かない気持ちになるという。
「今置かれている状況の方が自由に行動できて、自国に残って暮らすよりも制限が少ない。こんな話は受け入れ難い」とテイラー氏は言う。
「ここでは生活と仕事が密接に絡み合っている。自分たちの生活と仕事を続けられるのは、この上なく幸運なことだ」(テイラー氏)

南極は非常に厳しい環境ですが、

コロナウイルスが存在していないので

そこに関しては恵まれた環境にいるというのは納得できますね👀

ネルソン氏は、家族が危機的状況ので生活をしていることを考えるとに関して

罪悪感を抱いているようですね👀



最後に

ここ最近のコロナ関連のニュースで気になった5つのニュースを紹介しましたが

やはり、コロナウイルスはまだまだ終わりそうにないなと感じましたね💦

またコロナ以外にもバッタの大量発生は本当にヤバイなと思いましたね🥶

このバッタについては聖書の中で予言されているので

興味がある方はぜひ調べてみてください
🤩

日本でも人口密度の多い東京では毎日30人近くの新規感染者の報告がされているので

油断はマジで出来ないですね😨

第二波が来ることを想定して、

コロナ時代の生活様式や仕事のやり方について

真剣に考えていくべきだと思います💡

コロナ時代を生き抜く為に!

それではまた✍️

新着記事
スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事