ピックアップ
特殊清掃が必要な場合に頼りになる『特殊清掃隊』を紹介!
スポンサーリンク

孤独○や自○があった場合、部屋のクリーニングを行う必要がありますが、通常のクリーニングサービスでは対応していません。

このような場合は特殊清掃と呼ばれる専門の清掃業者サービスを利用する必要があります👀


一般的には利用する機会はそれほどないと思いますが

  • 自◯
  • 孤独

などの事故があった物件のオーナーさんは特殊清掃業者に依頼するケースもあると思います。

しかし、いざ特殊清掃サービスに依頼するとなると『どこで頼めば良いのか』

と悩んでしまいますよね?

そこで今回は特殊清掃のプロ集団『特殊清掃隊』を紹介したいと思います✅

特殊清掃隊では特殊清掃以外に

  • 害虫駆除
  • 除菌・消臭
  • 遺品整理

など幅広く対応しています。

また24時間365日受付ているので早急にクリーニングが必要な場合でも安心です!

スポンサーリンク

特殊清掃隊の料金は?

特殊清掃(床上)の場合は30,000円〜と非常に良心的な料金設定となっており、また現地調査や見積もりは無料です。

クリーニングに必要な予算をあらかじめ把握することができるので利用しやすいと思います〆(・∀・@)

スポンサーリンク

特殊清掃隊を利用する流れ①問い合わせ

まずは電話もしくはお問い合わせフォームから問い合わせを行います。

(急ぎの場合は電話の方が早く対応してくれると思います)

②現地で見積もり

特殊清掃隊のスタッフが現場まで駆けつけ、現場の状況・状態を確認した上で作業方法の説明と見積もりの提示をしてくれます。

また事件現場に警察の許可が必要な場合もありますが、許可取りも特殊清掃隊のスタッフの方が行ってくれるので心配は要りません✅

③見積もりの検討

提示された見積もりを検討します。

仮に提示された見積もりが納得いかない場合はキャンセルが可能です。

④作業日を確定させる

都合の良い日を伝えて下さい。

特殊清掃隊が依頼者の希望の日時で調整してくれます✅

⑤作業開始

作業当日になったら、特殊清掃隊のスタッフが来てくれます。

原状回復や消臭など、依頼者の要望に沿ったクリーニングを行ってくれます。

⑥代金の支払い

特殊清掃が完了したら、代金を支払って終了となります〆(・∀・@)

スポンサーリンク

特殊清掃隊に関するQ&A

 
 
対応できない現場はありますか?
 
 
 
法定伝染病によって亡くなられた場合、または警察や検察により立ち入りが規制されている場合には作業が出来ない場合があります。 基本的にはどのような現場でも対応していますので、まずはご相談下さい。
 
 

 
 
調査ではどのような事を見ますか?
 
 
 
現地の調査では遺品やゴミの量、部屋の広さや汚れの度合いを見させていただきます。 汚れの度合いによっては、壁紙や床材の交換を行う場合があり、ゴミの量が多い場合はトラックの手配が必要です。
 
 

 
 
前もって部屋を片付ける必要はありますか?
 
 
 
事前の片付けは不要です。 特殊清掃が必要な現場はとても過酷な環境なので、ご遺族の方々に大きな負担がかかります。 弊社は皆様に代わり、遺品整理も含めた特殊清掃作業全般を行いますので、どうぞお気軽にお任せください。
 
 

 
 
特殊清掃をしていることを近所に知られたくないのですが
 
 
 
弊社では特殊清掃をしていることを知られたくないお客様からのご相談も受け付けております。 ご希望でしたら、社名や作業内容が分からないような格好、車両でお伺いすることが可能な場合もありますので、事前にご相談いただければと思います。
 
 

 
 
作業費用が見積もり以上になる事はありますか?
 
 
 
弊社では知識豊富な特殊清掃のプロが事前調査の時点で必要な費用を算出して特殊清掃の見積もりを出させていただきます。 作業後に請求額が変わることはありませんのでご安心ください。
 
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事