ピックアップ
【不老不死】30年後に復活したラマ僧『ダシ=ドルジョ・イチゲロフ』
スポンサーリンク

人間は誰しも寿命があり、その運命から逃れることはできません(⊙_⊙')

しかし、今回紹介するラマ僧『ダシ=ドルジョ・イチゲロフ』は不老不死と言えるような復活を遂げたのです🧘‍♂️

イチゲロフはどのようにして復活したのか!?

またイチゲロフのミイラに起きている不思議な現象についても紹介しちゃいます〆(・∀・@)

入滅前にイチゲロフが弟子たちに言い残した言葉とは!?

ダシ=ドルジョ・イチゲロフ(Wikipedia)

16歳の時にイチゲロフは仏門に入り仏教哲理やチベット医学を学び

亡くなるまでに50冊以上の薬学書を著している人物(⊙_⊙')

1926年のロシア革命の後、イチゲロフはソ連に残ることを決めて、翌年に入滅することになります。

入滅の前にイチゲロフは弟子達に『30年経ったら私の体を掘り起こしてくれと言い残して

蓮華座を組んで、寺の一室で自らの命の灯火が消えるのを待ったのです🧘‍♂️

イチゲロフは弟子たちに不死を証明する為に行なった

数日後に息を引き取ったイチゲロフを弟子達はヒマラヤ杉の箱の中に納めて来るべき日を待つことに...

スポンサーリンク

30年後に掘り起こされたイチゲロフは!?

掘り起こされたイチゲロフ(カラパイア)

弟子たちはイチゲロフに言われた通り、

30年後に遺体を掘り起こすとイチゲロフは腐敗が殆どない綺麗な状態(⊙_⊙')

防腐処理など一切行なっていないのにも関わらず、なぜこのように綺麗な状態なのかを説明できる専門家はいなかったのです🧘‍♂️

さらに!!!

イチゲロフの体は死後30年経っているにも関わらず皮膚がまるで生きているかのように柔らかく 関節も動かすことができたのですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ 

スポンサーリンク

イチゲロフは今も生き続けている!?

画像:DNA

数年に渡り、専門家がイチゲロフの遺体を調べた結果、驚くべき事実が🤩

なんとイチゲロフの体は現在も細胞分裂しているというのが判明するんですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

またイチゲロフは体重が増えたりすることもあり、さらに体温は18〜34度を保っています。

(もはや生きてるとしか思えんw)

医学的な定義では『死亡』ですが、仏教的解釈をすると『深い瞑想状態』と言えるようです🧘‍♂️

スポンサーリンク

夜中に徘徊するイチゲロフ!

2016年に動くイチゲロフの姿をカメラが捉えたのです🥶

(イチゲロフは夢遊病なのでしょうか?w)

この現象に関しても全く理由や原因が分かっていないようです👀

『世界一美しいミイラ』として有名な“ロザリア・ランバルド”のミイラは瞬きをすることがあるのですが

こちらに関しても色々な説がありますがハッキリとしたことは判明していないようです(⊙_⊙')

画像:カラパイア

1つ言えることはイチゲロフは復活することを確信していました👀

不死を弟子たちに証明するために入滅し、30年後に仏教的には間違いなく生きている状態で掘り起こされたのですから。

イチゲロフの強い思いが死後も肉体に魂を宿し続けたのかも知れませんね〆(・∀・@)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事