ピックアップ
コロナウイルス感染者をサポートする難しさ!
スポンサーリンク


看病というレベルでは出来ないので敢えて『サポート』という言い方にしていますが、

本当に出来ることは限られてます。

そしてこの問題は家族や恋人に感染もしくは感染の疑いがある場合に

多くの人が悩む部分だと思います。

今回はコロナウイルスに感染した(感染の疑い)がある人をサポートする難しさや、

距離感、メンタルの問題を中心に書いていきます。

スポンサーリンク

彼女に対して僕が出来ることは?

僕が今現在、出来るサポートとは...

僕が出来ること

  1. 買い出し(食料品・飲み物・その他日用品など)

  2. コインランドリーでの洗濯

  3. 毎日1時間程度の電話


この程度しかしてやれないんですね💦

買い出し(食料品・飲み物・その他日用品



まず食事ですが、冷凍食品を中心に数日分まとめ買いしています。

冷凍食品なら電子レンジで温めるだけで良いので

体力を使わなくて済むからです。

料理をするだけで熱が上がり、何より倦怠感のせいで料理など出来ないのです。

この問題はまだサポートしてくれる人間がいるからまだ良いですが、

サポートをしてくれる人間が居ない人は本当に地獄だと思います。

買い物も自分で行かないといけないし

調理も自分でやらないといけない。

更に後片付けをする...

ハッキリ言って無理ですね💦

体力がとても続かないです。

なので食料を持っていくだけでも、相当負担は変わると思います。

洗濯(コインランドリー)

洗濯物ですが家に洗濯機がないんですよね(買えよw)

仕事が深夜帯で不規則な為、

休みの日にまとめてコインランドリーで

洗濯をするというスタイルだったのですが

これが実際色々な問題がありますよね。

衣類などにウイルスが付着している可能性は高いです。

そしてその洗濯物を触る僕にもリスクがあります。

コインランドリーの使用についてですが...



手で触れる共有部分を消毒しましょう
 共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販
の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。 ・物に付着したウイルスはしばらく生存します。 ・家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の
目安に従って薄めて使ってください(目安となる濃度は0.05%です(製品の濃度が6%の 場合、水3Lに液を25mlです。))。
 トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消
毒剤でこまめに消毒しましょう。 ・タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。 ・感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません。
 洗浄前のものを共用しないようにしてください。 ・特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。

厚生労働省のホームページによると

感染者の洗濯物を分ける必要はない


との事なので利用しています。

洗濯の頻度ですが、頻繁に接触できないという理由で

ある程度溜まったらコインランドリーに持って行ってますね。

電話をする

自宅療養でずっと寝ているとやはり気が滅入ると思います。

コロナウイルスに感染している可能性が高く、突破口も見つからないような状態なので

不安な気持ちで一杯だと思います。

僕と少しでも話す事で、

少しでも気が紛れれば良いなと思い、

毎日欠かさず電話するようにしています。

その時に症状について聞いたり、お互いが調べたコロナウイルスについての事や他愛もない話など。

でもこれが僕が出来る1番良いサポートなんだと思います。

『コロナ鬱』になる患者が多いらしいですが、

本当に鬱になると思います。

コロナウイルスは人間の体だけでなく心にも攻撃をしてくる恐ろしいウイルス。

なので少しでもネガティブな気持ちを取り除く事が

『サポートする側ができる最良のサポート』

ではないかと思います!

スポンサーリンク

2人の距離は果てしなく遠くなった!

コロナ感染疑惑が出る前は出来ていた事が、

今では全く出来なくなりましたね。

同じ空間に一緒にいる事ができないので、

一緒に食事したり、動画を観たりなど...

当たり前に出来た事が全くできないですね💦

食糧や洗濯のサポートの時にも

秒で帰らなければいけないですし。

僕の1番近くに居た人は、今は一番近くて最も遠い存在になってしまった。

スポンサーリンク

コロナウイルス感染はもはや他人事ではない!

そもそもこのサイトを立ち上げてこのような記事を書いているのは

『可哀想だね...』とか同情されたい...とか

そんな○ソみたいな理由じゃないんですよねw

これからコロナウイルスという未知のウイルスに

誰もが感染する可能性があるのです!!

日本国内のコロナウイルス感染者数は本日4月27日の時点で

13,182人です。


日本の全人口で見れば、まだまだ少ないと思うかもしれませんが、

実際はこの感染者数の数倍感染者は居ると思います。

そして現在感染してない人に、

コロナウイルスに感染すると

どんな現実が待っているのかを知って欲しいという事です。

ウイルスは肉眼では見えないので、

どれだけ対策をしていていても100%防ぐことは不可能ですが

事前に知っている事で感染リスクを減らす事は可能だと思います。

仮に僕自身がコロナウイルスに感染したとしても

できる限りブログを更新して

世の中に発信し続けようと思ってますので

参考にしてもらいたいです🤘


僕のやっているコロナ対策!

彼女の家に行く時は

当然の如くマスクをつけて突撃しているのですが😷

それに加えてサングラスをしています😎

コロナウイルスが武漢で感染拡大し始めた頃に、

目からも感染するというような報道がされていたので

目も防御しようという事でサングラスをつけています!

この格好で銀行に入ったら○盗と間違われるレベルですがねw

うがいと手洗い

うがいと手洗いは外出する度にしてますね!

彼女の家に行く時に玄関のドアノブを触るので、

手洗いは念入りにやっています!

手を洗わないと例えばスマホやPCのキーボード、

マウスなどにもウイルスが付着する可能性がありますからね💦

うがいも効果的だと思います!

『うがいと手洗い』でかなり感染リスクは減らせる

と思いますので外出した際は徹底してやりましょう!

風呂に入る

僕風呂大好き人間なんですけど、基本的にうがいと手洗いをした後は風呂に入るようにしています。

風呂に入る事でウイルスの感染を抑える事ができるかどうかは分かりませんが

リフレッシュするという意味では間違いなく効果があると思ってますw

サポートする側のメンタルもきつい!

当然コロナに感染している疑いがある彼女の方が遥かにメンタル面はきついですが

サポートする側もかなりきついんですよね💦

やはり時よりネガティブな事を考えたりしてしまうんですよ。

もちろん完治すると信じていますし、ポジティブ思考でいよう!

とは思ってますが

期間が長い事もあり、

不安な気持ちが時より出てしまうという感じですね〜。

サポートと言っても本当に最低限の事しか出来ないので

己の無力さから虚無感に苛まれる事がたまにあります😓

きっとコロナ感染者をサポートしている全ての人が


このような気持ちでいると思いますね〜!


最後に

今回はサポートする側を中心に書いていきましたが

自宅療養をするコロナ感染者(疑い)をサポートする事は決して簡単な事ではないと

本当に痛感してます。

自分が感染するかもしれないリスクも当然ありますし、

だからと言って何もしないという事もできないですからね💦

今日の昼過ぎに彼女に電話して、体調を聞くと36.8 ℃ぐらいの熱と言ってましたね。

ここから下がるまたは上がるを繰り返すので

本当に厄介なウイルスです😓

僕もコロナウイルスやその他のウイルスに関して

これからどんどん勉強していきたいと思っておます。

流石にある程度の専門知識ないとツラいからw

それではまた!

スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事