ピックアップ
【驚愕】シーラカンスがインド洋で生け捕りに!?
スポンサーリンク

なんと!!!

インド洋で地元の漁師の仕掛けた網に生きた化石シーラカンスが生け捕りにされたというニュースが飛び込んできました🤩

生け捕りにされたシーラカンス
画像:日刊ゲンダイ

本物のシーラカンスだ〜!!!

しかもデカい!!!

シーラカンスは1938年にマダガスカル島沖で発見されて以来ちょくちょく捕獲されていて今回も同じインド洋で捕獲されています。

インド洋はシーラカンスのメッカなのでしょうかね?w

米サイエンス・タイムズ誌によると、シーラカンスはインドネシア海域でも発見されているが、生息数が多いのはマダガスカル島沖であるという。ただ世界的にフカヒレの需要が高まっているため、地元漁師が今後、底刺し網漁でシーラカンスを死なせる可能性があり、海洋生物学者は保護のために同漁の中止を求めている。

またこのようにシーラカンスが網漁によって死んでしまう可能性があり、漁の中止を求めているようです👀

貴重な生き物なので死なせたくはないですよね〜(⊙_⊙')

ただしシーラカンスは深海に生息しているために水族館などで飼育するのは難しいようです👀

スポンサーリンク

シーラカンスを釣った人がいる!?

釣り上げられたシーラカンス
画像:エキサイトパイプ風呂具

こちらのシーラカンスちゃんは2007年5月19日にスラウェシ島北部マナド近郊で釣り上げられました👀

シーラカンスを釣ったのは漁師のジュスティヌス・ラハマという男性でこの日、息子さんと一緒に釣りに出かけていました。

ラハマさんは『針が3つ付いた約110メートルの釣り糸を伸ばしていくと、3分ほどたったところで大きな獲物の感触があった』と語っています。

また糸を手繰り寄せるとあまりにも巨大な魚影が見えたのでビビりまくったそうですw

(釣りに行ってシーラカンスが釣れたら誰でもビビりますよねw)

ラハマさんが釣り上げたシーラカンスは体長1.3メートル、体重50キロ

お亡くなりになったシーラカンス
画像:AFP BB Newsより

その後、残念ながらシーラカンスは17時間後に死んでしまいその後冷凍されてしまいました🥶



スポンサーリンク

シーラカンスは数億年の間ほとんど進化してなかった!?

画像:Wikipedia

国際研究チームがシーラカンスのゲノム解読したところ数億年もの間ほとんど進化していないことを突き止めました(⊙_⊙')

またチームがシーラカンスの30億年のDNAコードを調べたところ数十億年を経ても遺伝子レベルでの変化が驚くほど少ないことが分かったそうです✅

個人的にはシーラカンスは進化しなかったのではなく地球上に現れた時点で完成されていたのではないか!?

と思ってますw

だからこそ現在でも生きているんですよ(多分w)

スポンサーリンク

福島県の水族館の調査隊がシーラカンスの稚魚の撮影に成功!

撮影されたシーラカンスの稚魚
画像:カラパイア

福島県いわき市の水族館『アクアマリンふくしま』の調査隊が2009年10月6日にインドネシアのスラウェシ島マナド湾の水深161メートルでシーラカンスの稚魚の撮影に成功しています🤩

またシーラカンスの生きた稚魚の撮影は世界初だとされています。

目が白くて何気に怖いですよねw

シーラカンスが泳いでいる貴重な映像!

こちらはナショナルジオグラフィックの公式チャンネル(YouTube )に投稿された生きたシーラカンスの貴重な遊泳シーンです🤩

大迫力ですよね〜!めっちゃカッコイイし神秘的なので何回も観ちゃいましたw

動画の初めに『月に行った宇宙飛行士の数よりも深い海に潜って生きた化石に出会ったダイバーの方が少ない』とナレーションが入っていましたが本当にこの映像は激レア中の激レアですね(●♡∀♡)

シーラカンスが生きてるならメガロドンも生きてるんじゃね?

画像:Wikipedia

メガロドンは約2300万年前〜360万年前に生息していたとされる巨大ザメでホホジロザメよりもさらにデカいとされています👀

左がメガロドンの歯、右がホホジロザメの歯
画像:Wikipedia

ホホジロザメの歯と比べてもサイズが全然違いますよねw

メガロドンの大きさはこの歯から推測されていて10m〜20mと様々な説が存在しますが明確な大きさはよく分かっていないようです(⊙_⊙')

このメガロドンですが『現在も生存しているのではないか!?』と唱える未確認動物学者もいますが仮に生存していたとしても数はかなり少ないと言われています。

しか〜し!!!

UMA好きの僕としてはメガロドンは生きていると信じたい!!!

なので最後にメガロドンの目撃情報を紹介しちゃいますw

画像:soft.net

この写真は1942年に南アフリカのケープタウン沖で撮られた写真なんですが船の奥に巨大なサメらしきものが映り込んでいますよね👀

これがメガロドンであれば20m近いそうですが...この写真は捏造疑惑があります(⊙_⊙')

しかし捏造だと訴えている側も捏造である証拠が提示できていないという状況だそうです👀

個人的には本物であって欲しいと強く強く願ってますw

画像:さめちゃんねる

こちらは2013年4月15日に南アフリカの海岸で撮影されたものでメガロドンがクジラを襲っているというものです👀

デカいホホジロザメのようにも見えますが背ビレが推定1.8mあります!

最近の研究でメガロドンの背びれは約1.65mと推計されているのでサイズ的には完全にメガロドンと一致します(⊙_⊙')

本物と断定はできませんがこのようにメガロドンの生存を匂わせるモノも存在するのでシーラカンスと同様に生きているのかも知れません。

信じるか信じないかはあなた次第です!

お・わ・り

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事