ピックアップ
殺人ピエロと呼ばれたシリアルキラー『ジョン・ゲイシー』
スポンサーリンク

ハリウッド映画にはピエロを題材したホラー映画がいくつもあります👀

(最近で言えばIT/イットのペニー・ワイズなど)

ではなぜピエロ=ホラーとなるのか?

それは今回紹介するジョン・ゲイシー(ジョン・ウェイン・ゲイシー・ジュニア)と関係があるのです🤡

ジョン・ゲイシーはキラークラウン(殺人ピエロ)の異名を持つシリアルキラーでこれはゲイシーがピエロの格好したり・ピエロの絵を描いたりしていたためこのように呼ばれるように。

そしてゲイシーのあまりにも惨たらしく、恐ろしい犯行がアメリカ人に恐怖を植え付けピエロ=ホラーとなったのです(⊙_⊙')

それでは殺人ピエロと呼ばれたシリアルキラー”ジョン・ゲイシー”の恐ろしき素顔を一緒に見ていきましょう...

スポンサーリンク

面接に行った青年が行方不明に...

ジョン・ゲイシー
画像:殺人博物館より

1978年12月11日の深夜11時30分頃、シカゴ郊外のデス・プレーンズ警察にハロルド・ピーストとエリザベス・ピーストという中年夫婦が息子・ロバート(15歳)が”ある建設業者"のところへアルバイトの面接に行ったきり、家に帰ってこないので夫妻は警察を訪ねたのだった。

ロバートは真面目な少年で勝手に外をうろつき回って帰宅が遅くなるようなことは普段なく、なによりもその日は母・エリザベスの誕生日で家ではバースデー・パーティが開かれる予定で当然、ロバートはそのことを知っていた。

夫妻の話を聞いた刑事はロバートが面接に行くと言っていた建設業者の名前を夫妻から聞き取りその人物に前科がないかをシカゴ警察本部に問い合わせる。

すると数分後に返ってきた照会結果を聞いた途端に刑事の顔はみるみる青ざめることに...

ジョン・ゲイシーには前科があった!

ゲイシーの描いた絵(Wikipedia)

その建設業者、ジョン・ゲイシーには前科があり、しかも、罪状は未成年の男子に対する同性愛◯為で暴力傾向がある人物で1968年ゲイシーは少年に手錠をかけた上で暴行を加え10年の実刑判決を受けていた。

(ゲイシーは刑務所では模範囚だったため、わずか18ヶ月で釈放されていました🥶)

翌日、ロバート・ピースト失踪事件の担当になったジョゼフ・コゼンザック警部補がゲイシー宅を訪ねた。

コゼンザック警部補にも15歳になる息子がおり、ピースト夫妻の不安は他人事とは思えなかった。

家から出てきたゲイシーは背が低く太った30代半ばの男でコゼンザックが『ロバート少年に夏季休暇中のアルバイトの話を持ちかけたか?』と尋ねると


ゲイシー
『いいえ、名前すら聞いたことがありません』

と答えた。

スポンサーリンク

ジョン・ゲイシーはただの建設業者ではなかった!

当時の大統領夫人ザリン・カーターとのツーショット(Wikipedia)

ゲイシーは最初は尋問に対してしらばっくれていた、しかしコゼンザックの度重なる尋問にロバートと面識があることだけは認めたが”アルバイトをロバートに持ちかけたことはない”と言い切った。

署への同行を頼むも、ゲイシーは

ゲイシー
『身内に不幸があったので今は無理です』

と断る。

この時点では何の証拠もなかったのでコゼンザックは渋々引き下がり、ゲイシー宅を後にした。

しかしコゼンザックは『あの男は怪しい。絶対に何かを隠している』と本能的に感じ、何とかしてゲイシー宅の家宅捜査を行おうと行動することに。

この頃になるとロバートの母・エリザベスは息子がゲイシーの家に監禁されていることを確信するまでになっており、警察に強制捜査をするべきだと主張した。


しかしロバートが『ジョン・ゲイシーのところに面接に行く』と言い残したこと以外に何も証拠はなかった。

またゲイシーはただの建設業者ではなく彼は地元では尊敬を集めていた名士的存在で真面目に仕事に取り込む男として知られていた。

さらにゲイシーは民主党の選挙活動を手伝ったこともあり、休日にはボランティアでピエロの格好福祉施設の子供たちを楽しませ人気を集めていた。


ゲイシーの逮捕と家宅捜査!

ピエロの格好をしたジョン・ゲイシー

ゲイシーはシカゴ地方裁判所に対して『人権侵害』を理由に捜査の即時停止を求める訴訟を起こした

しかしコゼンザックは自らの『刑事の勘』を信じ、そしてゲイシーが駐車場係にマリ○○ナを手渡していることを知ったコゼンザックはゲイシーを別件逮捕。

ついに家宅捜査に踏み切った。

スポンサーリンク

ゲイシー宅は地獄のような光景だった...

警察がゲイシーの自宅の地下室から死体を掘り出している様子。

ジョン・ゲイシー宅に踏み込んだ刑事たちは驚愕する。

ゲイシーの家の中には異様に甘酸っぱい臭いが充満していて、刑事たちはすぐにこの臭いの原因が分かった...

『死体の腐敗臭』だと。

『この家には死体があるはずだ!』と刑事たちがゲイシーに詰め寄ると、ゲイシーは



ゲイシー
『昔、正当防衛で1人の男を殺○て床下に埋めた』

と白状した。

しかし、それは苦し紛れの嘘で家宅捜査を続行した刑事たちがリビングのクローゼットの奥に隠し扉を発見、その扉を開けると...

そこには悪臭を放つ黒い水が床にたまっていた。

水を排出して掘削を始めると床下から29体もの死体が発見された

死体は綺麗に並べられていて、9歳〜20歳までいずれも若い男の子だった...

発見現場には危険物質と毒性の強い細菌が!?

ゲイシーの被害者(アフロ)

ゲイシーの隠し部屋の床下に埋められていた死体は全て腐敗していて、死体からは大量のメタンガスが発生しており、現場にいた刑事たちは激しい目眩と吐き気、体調不良を訴える者も多くいたそうです(⊙_⊙')

また一度その臭いが付いた衣服は洗っても落とせず、着用不能で焼却処分されました。

さらに29体もの死体が一ヶ所に寄せ集められていたため、現場には危険物質と毒性の強い細菌が繁殖。

傷口からの感染防止のため、捜査員たちは傷を自己申告されたり、髭剃りを禁止されたのです🥶


ゲイシーは子供の頃に父親から虐待を受けていた!

ゲイシーが使っていた絵の具セット(Wikipedia)

ジョン・ウェイン・ゲイシーは1942年3月17日、ジョン・スターリン・ゲイシー・シニアとマリー・エレーン・ロビンソンとの間に生まれた。

ゲイシーの父親は大酒飲みでさらに脳に手術不能な腫瘍があり大変な『癇癪(かんしゃく)持ち』として有名だった。

息子には『強い男』になって欲しいと名優のジョン・ウェインから名前を取って付けた、しかしゲイシーは生まれつき病弱で、父親は息子に失望した。

そしてその失望はやがて理不尽な怒りとなり、父はゲイシーに虐待を行うようになる。

父は『クズ』『間抜け』『お前はろくな人間にならない』『将来お前はオカマになる』など、罵声を浴びせ続けた。

またゲイシーは18歳の時に初めて女性と行為を行おうとするも発作を起こして意識を失ってしまう。

ゲイシーがそのことを父に伝えると『お前の中のオカマが登場したんだよ!』と罵った。

父親に認めて欲しかったゲイシー

ゲイシー宅床下の掘削作業の様子(カラパイア)

自分に対して罵声を浴びせる父であってもゲイシーにとっては紛れもなく父親だった。

ゲイシーはなんとか父親に自分を認めてもらおうと、学校を卒業すると必死に働くようになる。

靴の販売店のセールスマンとして成功したゲイシーは結婚。

さらに本業の他にもケンタッキー・フライド・チキン店舗のマネージャーを兼任、政治活動にも注力するなど、努力し続け、ピエロに扮してのボランティア活動では『道化師のポゴ』として子供たちを惹きつけた。



ゲイシー、同性愛に目覚める!そして...

ゲイシー宅の庭の地下室からも犠牲者の遺体が掘り起こされた

ビジネスマンとして成功したゲイシー、しかし彼の心のモヤは消えることはなかった。

ゲイシーは同性愛に目覚め、1986年に少年への同性愛◯為により逮捕され、それがきっかけで妻と離婚。

模範囚として18ヶ月後に出所すると建設業を開業し、熱心に仕事・地域活動に取り組んだ結果、再び地元の名士と呼ばれる存在に。

しかし、出所後のゲイシーは同性愛傾向がさらに強くなっており、人知れず男の子をあさっていた。

そしてベッドを共にした若い男性をひょんなことから殺◯てしまい、それ以後、性○為と殺人がセットとなっていく。

ゲイシーは父親が予言した通りの男となってしまい『ポ○ノを観よう』と少年を誘い出し、自分の家の地下室に招き入れると手錠をかけて身動きが取れないようにし、若い少年の体を味わ○たあと、絞殺。



ゲイシーの被害者は33人!?

事情聴取に向かうゲイシー

ジョン・ゲイシーは合計33人の若い男子を強◉して殺害。

そのうちの29体は床下に埋葬して石灰を撒いたものの次第にスペースがなくなり川に遺棄。

そして最後の犠牲者となったロバート・ピースト少年の死体はその川から引き上げられることになった...

ゲイシーは面会に来た少年に襲いかかった!?

ゲイシーの被害者たちの追悼式(アフロ

死刑宣告を受けたゲイシーの元にある日、ジェイソン・モスという少年から手紙が届くんです(⊙_⊙')

少年は凶悪殺人犯たちの心理を知りたいとゲイシー以外の死刑囚にも文通を持ちかけていました。

ゲイシーは少年の電話番号を突き止め、電話で話すように。

ある日、ゲイシーは

ゲイシー
『ボクが人を殺○た本当の理由を教えてあげるから面会においで』』

と少年を誘いました。

そして面会に訪れたジェイソンを目にしたゲイシーは欲望を抑えきれず、彼を34番目の犠牲者にすることを決めたのです...

しかし、看守たちによって犯行は未然に防がれ、この犯行によって彼の再審請求は取り下げられたのでした。

ゲイシーの主張『自分は多重人格者』

ゲイシー宅の地下室を調べている捜査員

ゲイシーが殺人容疑で逮捕された時期に10の人格を持つというビリー・ミリガンの症例が新聞で紹介されていて、世間はその話題で賑わっていた。

そしてゲイシーはこれを利用しようと考え『自分は多重人格者』と主張し始める。

しかし一貫した目的を持って33名もの少年たちを殺○た男が多重人格であるはずがなく、当然、その主張は認められなかった。

また鑑定の結果、ゲイシーのIQはきわめて高いことが判明。

脳障害の症状は見られなかったものの、ロールシャッハ・テスト(性格検査)では異常な人格であることがわかり、彼の人格が完全に混乱状態であることを示していた。



ジョン・ゲイシーの死刑執行!

ジョン・ゲイシー

1994年5月10日、ジョン・ゲイシーの死刑が執行された。

処刑方法は薬○注射。

彼が希望した最後の食事はケンタッキー・フライドチキン、フライドポテト、エビフライ、ダイエットコークなどで、これらは全てゲイシーの若き日の成功を象徴する食べ物でした(⊙_⊙')

薬○注射による死刑では通常は7分前後で永遠の眠りにつきますが、ゲイシーに使用された薬剤は薬効にムラが生じたため、20分近く苦しみようやく絶命したのです。

ジョン・ゲイシーを題材にした映画『ジョン・ゲイシー Gacy』

画像:Amazonより

ジョン・ゲイシーを題材にしたこちらの映画『ジョン・ゲイシー 』では今回紹介した内容が惜しげもなく描かれていますw

そしてこの映画はジョン・ゲイシーを知らないと全く楽しめないですねw

逆にゲイシーのことを知った状態で観るとかなり楽しめます🤡

映画の最後の方でゲイシーの元で世話になっている青年とゲイシーが2人きりになるシーンがあるんですが、そこでゲイシーは手錠を持ち出して自分の手かけて青年に見せたあと、手錠を外すというマジックを披露するんです。

そしてゲイシーは青年にもやってみろと勧めて青年が手錠をかけると...手錠が外れない🥶

というシーンが個人的には刺さりましたねw

またロバート・ピースト(ゲイシーの被害者の少年)の話や幼少期に父親から罵声を浴びせられるシーン、秘密の部屋での拷問などゲイシー好きには刺さると思うので興味のある方はぜひチェックしてみてください〆(・∀・@)

『ジョン・ゲイシー 』はAmazon prime videoで配信されていて月額500円で大量の映画が見放題となっています🤩

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事