ピックアップ
PCR検査の結果...
スポンサーリンク

前回の記事で彼女がPCR検査を受けたという内容で書きましたが

昨日PCR検査の結果が出ましたのでその報告と今後の課題などについて

書いていきます!

スポンサーリンク

PCR検査の結果は陰性!

PCR検査の結果は陰性でした!

本来なら喜びたいところなんですが、肝心の症状は依然続いている状況です💦

内科の先生にもコロナウイルスに感染していてもPCR検査で必ず陽性にならないと

言われてたのですが結果は陰性でしたねw

PCR検査の精度は約70%ぐらいと言われていますが

1回目のPCR検査で陽性と出る人は50%というデータもあるようです👀

PCR検査をして、陰性であればもう安心というわけではありません。最初に医療機関を受診した際にPCR検査をしたら陰性だったのに、数日後もう一回検査をしたら陽性だったという事例は少なくありません。
またとある研究によると、1回目の検査で陽性反応が出た方は約50%という結果になっています。つまり、ウイルスを保菌しているにもかかわらず残りの50%の方は、1会の検査では陽性反応が出ていないということになるのです。専門家の中には検査結果の正確性は70%という方もいますが、それでも30%の方は陽性であるにもかかわらず陰性反応が出ているということになるのです。検査が陰性であったという結果のみで新型コロナウイルス感染症を否定することはできませんので、検査で陰性が出たが体調が悪い、状態が悪化しているという場合にはもう1度PCR検査を受けておくことをおすすめします。

PCR検査の精度は約70%ぐらいと言われていますが

1回目のPCR検査で陽性と出る人は50%というデータもあるようです👀

そしてPCR検査を受けた時に『ウイルスが活発化』してない場合も検知できない場合があるらしく

かなり厄介ですよね💦

そしてこのようなニュースもありました。

 新型コロナウイルス感染症のため、神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)に3月に入院した70代の男性患者が、5回目のPCR検査で初めて「陽性」反応が出ていたことが分かった。症状があるのに、4回の「陰性」を経て感染が確認された格好。同市保健所は「PCR検査は万能ではない」と感染を見極める難しさを指摘する。

70代の男性が5回目のPCR検査で『陽性』が出たという事ですが

これを見ると実際の確率はもっと低いのかもしれませんね💦

スポンサーリンク

他の病気の可能性もある?!

当然他の病気の可能性もあると思いますが、

病院で検査しても具体的な病名などは医師の口から伝えられていません。

つまり現時点では何の病気か分かっていないんですね👀

ただ医師がPCR検機関に直接電話をする

というのはコロナウイルス感染の疑いがないと絶対電話はしてもらえないですし

その他の病気が分からないとなるとやはりコロナウイルスの感染が濃厚な気がしています。

引き続き通院して場合によっては精密検査などもして貰うことになると思いますが

病院は今月の23日までお休みとのこと💦

僕たちの戦いはまだまだ続きそうですねw

仕事について

これは唯一の救いでしばらく休んで良いとの事でした🤩

陰性ったから出勤しろと言われた場合はもう会社も辞める事も

考えなければいけなかったのでこれに関しては良かったと思います😅

それにもしコロナウイルスに感染していた場合は会社の人間にも感染させてしまう

リスクもあるのでその辺りも考えてのこと(なら良いけどw)

スポンサーリンク

最近のコロナ関連のニュースをピックアップ!

唾液でPCR、今月中にも 採取簡単、感染防止も―厚労省

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、厚生労働省が、検体として唾液を使う方法を5月中にも認める方向で検討していることが11日、分かった。鼻の奥などの粘液を採取する従来の方法より簡単な上、医療従事者の感染防止にもつながる。PCR検査数を増やせる可能性もあり、国立感染症研究所は検体採取のマニュアルを近く変更する方針。

アメリカでは既に唾液でのPCR検査が開始されていますが、

日本でも採用される可能性が出てきたということですね🤩

唾液検査の場合はまず検査方法が医療従事者と患者側の両方にメリットが

あると言われています👀


唾液検査の方が医療従事者の感染リスクを減らせる』『患者は痛みなく検査を受ける事ができる』

という点ですね!

鼻から突っ込んで採取するのは痛みもあるので、唾液の方が気が楽ですよねw

そして唾液検査の方が正確な結果が出やすいのではないかと言われています。

コロナウイルスに感染した場合、初期の方がウイルスが活発化しているので

このタイミングでPCRを受けれた人はある程度の精度で検出できるらしいですが

うちの彼女のように1ヶ月ぐらい経った状態の場合はウイルスが体内に居ても

活発化してないので陽性と出てしまう場合があるらしい
のですが

唾液検査では感染してから1ヶ月経った患者に対してもかなりの確率で

『陽性』が出たというデータがあるので


正確な検査結果が出やすいというメリットがあると思いますね👀

そしてこれにより少しでも多くの方がPCR検査が受けれるようになれば

良いと思います!

ロシアの感染者数が1日で1.1万人増加!

5月11日、ロシアでは、新型コロナウイルス感染者の累計が22万1344人となり、イタリアと英国を抜いて世界で3番目に多い国となった。

ロシアがヤバイことになってますね💦

1日で1.1万人増加は爆発的に感染拡大していると言えるでしょう。

ロシアのコロナウイルス感染者は20万人を超えているみたいで、

死者数は1900人弱と全体の感染者数に対しては少ないと言えますが

これは非常にマズいですよね😷

4月末ににプーチン大統領は『ロシアのピークはまだ』と警告をしていましたが

本当にピークが今来ている感じがします。

コロナウイルスは他のウイルスに比べて暑さに強いのではないか?

という見方がありますがやはり寒い方が活発化すると思うんですよね🥶

ロシアのような寒い国で爆発的に感染拡大をすると

手がつけられなくなる可能性がありますね💦

今後ロシアのコロナ関連のニュースも注目した方が良さげですね😷

最後に

PCR検査の結果は陰性でしたがやはり

ハッキリ分からない状態だとお互い今までのような距離で会話する事も難しいですし

彼女にの症状自体も続いているので素直に喜べないのが本音ですね💦

なので何の病気なのかをハッキリさせる必要があると思います。

これはまだまだ時間がかかりそうなので精神的にもキツいと思います(彼女が)

僕の方はコロナウイルス以外にも過去にパンデミックを引き起こした殺人ウイルスなどについても

独学で勉強してこのサイトから様々なウイルス関連の情報を発信して行くつもりです💊

僕は音楽家であってもウイルスの専門家ではありません。

しかしノストラダムスやレオナルドダビンチのように様々な分野の知識を持つ人物への

憧れが昔からあり、僕にとってはウイルスという新しい分野を勉強する事で

音楽への良い影響(世界観など)もあると思ってます🤩

それではまた🤘

新着記事
スポンサーリンク
CHECK CORONA(チェックコロナ)

CHECK CORONAは『新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか』を推定します。

Web問診の回答結果と新型コロナウイルス抗体判定キットの結果をもとに、
感染してないのか、感染したばかりなのか、過去に感染したことがあるのか
ご自身がどの状態にあるのかを推定することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事